プール設置に必要なこと

4 1月, 2020
裏庭にプールを作りたいと考えているなら、そのために必要なことを知りましょう。

プールを設置するのに十分なスペースが裏庭にあるけど、どこから始めたらいいのか分からない? 答えとして最も簡単なのは、プール設置の専門業者に電話することです。しかしこれは、自分で設置するよりはるかにお金がかかります。設置に関するいくつかのヒントを知っていれば、あなたでも設置できますよ!

まず、プール設置に必要なアイテムやアクセサリーのリストを作ることから始めましょう。もちろん簡単な作業ではありませんが、必要な物が手元に揃っていれば、大きな助けとなる上に、プロセスもずっと楽になります。

完璧な場所を見つける方法

プール設置に必要なこと

プールを設置する前に、一番適した場所を決めなくてはいけません。庭が広ければ、場所には困らないでしょう。逆に庭が狭いなら、プールを設置する場所の広さを測り、調整する必要があります。

見方を変えれば、プールに必要なスペースはあなたが何を求めるかによっても違ってきます。例えば、リフレッシュや涼むためのプールなのか、それとも実際に泳ぎたいのか。それによって、プールを大きくするか小さくするかが決まるでしょう。

同時に、地盤の固さを知るための土壌の調査も必要となります。水分が多く固くない地盤の場合、プールの重さで地面が少し沈む可能性があります。亀裂を防ぐためには基礎を強化する必要もあるでしょう。

プール周りに用いるアスファルト用ファブリックとマイクロセメント

プール設置に必要なこと

プールのための地盤準備ができたら、次は設置です。正確に調整し、プール周りをすべて目張りしなくてはいけません。そのためには、プールの周りに青いアスファルト用ファブリックを使用することをお勧めします。このファブリックには以下の特徴があります。

  • 柔らかく素足に優しい
  • 摩耗や亀裂が起きない
  • 水の侵入を簡単に遮断
  • 掃除が楽

もう一つのお勧めがマイクロセメントです。マイクロセメントで仕上げることで、プールの周囲は固くなり、汚れやカビの発生もなくなり永続的に使える上、掃除も簡単です。

プールの設置:浄水器

プール設置に必要なこと

間違いなく、浄水器はきれいな水の衛生的なプールには必須でしょう。どんなプールにも必要な浄水器ですが、一体何をしてくれるのでしょう。

  • 水をろ過:ろ過システムによって汚れを除去します。
  • 圧力計を使ってフィルター内の圧力を制御します。
  • 洗浄、排水:水が特に汚れている場合は、水を浄化するか、排水口に水を流します。

プールの浄水器は価格に幅がありますが、これはプールのタイプによって違ってきます。あなたのプールが小さければ、よりお手頃価格の浄水器を購入すればいいのです。

大きいプール用の高機能ろ過システムの浄水器だと、600から1,500ユーロはするでしょう。

プールの床材の種類

プールの底と側面には様々な種類の床材を使用できます。いくつかは非常にユニークで、プールに魅力的な印象を加えてくれます。あなたはどの床材を選びますか?

  • モザイクタイルと組み合わせて使用されるグリサイトという素材について知っておく必要があります。この組み合わせで、パターン化された小さなタイルの美しい床面を作ることができます。足にも快適な表面で、色も豊富にあります。しかし一番合うのは空色でしょう。
  • タイル:上の選択肢と似ていますが、より大きい正方形または長方形のタイルです。より滑らかな感触は、考慮すべき要素でしょう。
  • 木材のフローリング:伝統的なステレオタイプのプールではありません。プールの底がより素朴で自然なタッチになります。もちろん、適切な材料を選び、しっかり防水することが必要です。
  • 合成塩化ビニル:選択肢の中で一番経済的で、設置も非常に簡単です。

水道管

プール設置に必要なこと

プールの水を誘導できる水道管システムが必要です。プールの水の入口と出口にならなくてはいけません

のパイプなら、プールに水を入れたり出したりする誘導を正確にできるでしょう。場合によっては、プラスチックパイプを使用して、いくらか節約したいと思うかもしれませんが、耐久性に乏しく弱いので、結局は多くの出費となるはずです

銅のパイプを使えば、配管工を常に呼ぶ必要もなくなります。高品質の素材に投資する方が正解です。何年も使えるように設置には万全を期し、今後の頭痛の種にならないようにしましょう。