最新のインテリアトレンド:マイクロセメントについて

15 4月, 2019
インテリアデザイン業界ではマイクロセメントが大人気です。今回の記事では、マイクロセメントとは何なのか、どこにどのように使えばいいのか、そしてその強みについてご紹介していきます。

過去数年間の間に、インテリアデザイン業界においてマイクロセメントの人気はかなり高まってきています。とはいえ、ピークには至っていません。装飾やインテリアデザインの専門家たちは、今後数年間のうちにマイクロセメントの人気は頂点に達するだろうと予測しています。

マイクロセメントは頑丈で使い勝手が良く、個性的です。これもマイクロセメントの持つ長所のうちのほんのいくつかにすぎません。もちろん好みの問題もありますので、なぜマイクロセメントがそんなにも人気なのか分かりかねる、という人も中にはいます。

今回の記事では、インテリア業界で話題沸騰中のマイクロセメントというトレンドにについてご紹介し、その強みや使い方についてもお話しします。

マイクロセメントは空白のキャンバスのようなものですので、ここにあなたのクリエイティビティを発揮してみてください。

マイクロセメントとは?

マイクロセメントは建築素材の一種で、その頑丈さや個性、使い勝手の良さやコストの低さによってインテリアデザイン業界において多大な支持を獲得しています。

顔料を含んだポリマーを合成して作られたクラッド法式の素材です。

このおかげで、コンクリートやスレート、敷石、大理石、プラスティック、セメントなどどんな素材の表面をカバーするのにも理想的な素材となっています。

最も顕著な特徴の一つが、ほぼ全ての素材の表面に簡単に接着することができるという点です。

さらに、マイクロセメントは床に使うためだけにデザインされているわけではありません。マイクロセメントで覆われた壁もますます一般的になってきています。

また別の好ましい性質の一つとして、個性にあふれておりコンテンポラリーなスタイルやモダンスタイル、そしてミニマルスタイルとも相性が良いという点が挙げられます。

さらに重要なのが、木材やガラスといった古くから使われているような素材と組み合わせたり枝細工や籐などの天然繊維と組み合わせると、完璧なバランス感を生み出してくれるでしょう。

インテリアデザイン  トレンド   マイクロセメント

強み

マイクロセメントの強みはとてもたくさんあるのですが、ここでは以下の点に特に注目してみたいと思います。

  • まず、前述の通り、床にも壁にも使用可能な多才な素材であるという強みがあります。部屋に強い個性を与えてくれるようなユニークな外観を作り出してくれますし、タイルを並べているわけではなく連続した一つの層になっているので、掃除や手入れも簡単です。
  • 次に、水を通さないので水洗いが可能ですし、滑らないので安全性はバッチリです。
  • 別の長所として、自宅に取り入れるのが簡単だという点が挙げられます。厚さは2、3mm程度ですのでご自宅の構造に負担がかかることはありませんし、上から塗り重ねるだけなのでベース部分を取り除く必要すらないのです。

マイクロセメントをどこに用いるのか

簡単に使用できるので、床にも壁にも使うことができます。

マイクロセメントを取り入れれば、部屋がインダストリアルな雰囲気になるでしょう。ただ、一緒に組み合わせる装飾品は適切なものを選ぶように気をつけてください。そうしないと、冷たくて無愛想な雰囲気の部屋になってしまう恐れがあります。

例えば、装飾の世界ではマイクロセメントはトロピカルスタイルととても相性がいいとされています。これはセメントと明るい緑や黄色やピンクとのコントラストによって引き出されるものです。

浴室はマイクロセメントが最もよく使われる場所の一つです。これは、水を通さないという性質が浴室のジメジメ感を抑えてくれるからです。

インテリアデザイン  トレンド   マイクロセメント

マイクロセメントの代替案

先ほども申し上げた通り、このスタイルはどんな人にも適しているというわけではありません。マイクロセメントを使うと、部屋が未完成のような印象を与えてしまいかねませんので、結果として、マイクロセメントを使うと家が建設現場のような雰囲気になってしまうと考える人が多いのです。

マイクロセメントを自宅に取り入れるのは気が進まないという方のために、全く同じというわけではないにしても似たような効果を持つ代替案をいくつかご紹介します。

  • 光沢感のあるセメントタイルタイルを用いるメリットは、取り替えやすいという点です。
  • フェイク陶磁器タイル:マイクロセメントよりも高価なのですが、装飾方法に自信がないという方にはぴったりの選択肢でしょう。マイクロセメントで床全体を覆ってしまうよりもタイルの方が取り替えやすいのです。
  • セメント風ラミネート床材:本物のセメントには劣るものの、インダストリアルな雰囲気を演出してくれます。さらに、マイクロセメントよりも温かみのある床になるでしょう。

まとめ

そのたくさんのメリットのおかげで、マイクロセメントはインテリア業界においてますますファンの数を増やしています。

装飾において無限大の可能性を提示してくれるような革新的な素材なのです

さらに、その粗野で未完成のような見た目にも関わらず、部屋にナチュラルでオーガニックな雰囲気を与えてくれます。

また、ひとつながりでつなぎ目の無い滑らかな表面部分は、特に掃除に関しては強力な長所であると言えるでしょう。

欠点としては、床材を取り替えたい時にかなりの作業が必要になってしまうという点があります。とはいえ、マイクロセメントはとても頑丈で硬い素材ですので、何年間も使い続けることができますよ。