ウッドデッキを防水にするために必要な知識のすべて

18 7月, 2019
ウッドデッキを清潔&綺麗に保つには 、防水にして長い間湿気に耐えうるようにしておく必要があります。

雨に起因する問題を防ぎ、家のアウトドアスペースをよりよくする方法をお探しですか? ウッドデッキの防水加工を検討してみましょう。

ウッドデッキに打ち付けるように激しく雨の降る日や風の強い日に私たちは「防水加工にしようか」という考えが頭をよぎるのではないでしょうか。

ウッドデッキの防水加工は、あなたの家に湿気や水が侵入しないようにする効果的な方法です。ではどのようにやるのでしょうか?

防水加工を正確に説明すると?

ウッドデッキを防水加工する前に、この方法が何を指しているのか正確に知る必要があります。防水加工には、通常一般の人がイメージしているよりずっとややこしい部分があるのです。

まず防水加工をすると床や壁を保護することにつながります。そのため汚れなどからウッドデッキを保護する目的があるのです。
ペンキ缶とローラー ウッドデッキを防水にする

ウッドデッキの防水加工は湿気を寄せ付けないだけではありません。微生物や菌類の繁殖を防ぎウッドデッキの表面を保護するのです。 それにより美しい外観が保て装飾的な役割も果たせます。

防水加工で腐食からウッドデッキを保護し湿気からしっかり守れるのです。

「防水加工をすると耐久性が上がります」

防水加工の手順

防水加工を具体的にイメージできるよう、この工程で使う防虫・防腐塗料の使い方を解説します。

綺麗に仕上がるよう、塗り重ねる必要があります。そのため質のよい塗料を探し、十分な時間を取って作業をしましょう。

  • ウッドデッキに置いているものをすべて引き上げ、防水加工を施す場所を正確に分析し把握します。
  • 表面を綺麗にします。もちろんすみや見えにくい部分も忘れずに汚れを落とします。下準備をしっかりすると仕上げが美しく仕上がります。
  • 塗料を用意し、ローラーでまんべんなく広げます。落ち着いて効率よく塗るように心がけ手戻りがなるべくないようにしましょう。急いでも良い結果は得られません。
  • 塗った部分を完全に乾かします。乾いてなければまたそのまま乾くのを待ちます。完全に乾かないと次の工程に進めません。
  • 2層目はグラスファイバー塗料で塗ります。その耐久性で何ものにも劣らない保護機能を発揮します。再度完全に乾くまで待ちます。
  • 最後にもう一度グラスファイバー塗料またはポリエステル樹脂塗料で3層目を塗ります。これで防水加工済ウッドデッキの完成です。

他の方法での防水加工

ウッドデッキの防水加工には他の方法 (液体膜での防水加工を含む) もあります。この革命的な塗料は何が特別なのでしょうか?

その特徴について見ていきましょう。
ウッドデッキを防水にする

液体膜は塗料のような見た目でその使い方もほぼ同じです。
しかしそれを乾かすと最高の弾性膜になります。ではそれは何で作られているのでしょうか?

  • アスファルト
  • セメント
  • シリコン樹脂
  • アクリル型共重合体
  • ポリウレタン

ウッドデッキの防水加工前に

記事のはじめでも書きましたが、次の層を塗る前にその部分がしっかり乾くよう十分な時間を取る必要があります。急いでもいいことはありません。

完全に乾かすために、天気予報が作業に不利な条件ではないことを確認してください。

作業を慎重に行うことが結局効率的な作業に繋がるので、ウッドデッキの防水加工作業を行う日の天気予報はしっかりチェックしましょう。

しかしこの作業を夏に行おうと考えているのであれば昼間の作業は避けましょう。昼間は気温が高すぎて塗料の乾燥がうまくできません。また、暑さは塗料をうまく浸透させる妨げにもなります。

細かな防水塗料のひび割れや塗り残しに気がついた場合は、細いブラシで補修しましょう。

まとめ

ウッドデッキを防水加工するのにためらう必要はありません。信頼できるメーカーの塗料を選び、美しく仕上げましょう。湿気や菌類の繁殖を抑え、綺麗に生まれ変わらせてください。一番の目的は家周りを清潔&綺麗に保つことです。