自宅のテラスにぴったりのオーニング4選

21 1月, 2020
自宅のテラスをより快適な場所にするために、今回ご紹介する4つのオーニングから最適なものを選びましょう。

暑い季節がやってきたら、テラスには日陰が必要になります。

適切な日よけを設置すれば、テラスを最大限に活用して一日中屋外スペースを楽しむことができるでしょう。

オーニングと呼ばれる日よけを使えば、太陽の光を浴びることなく、読書や食事にテラスを使うことができます。

今回の記事では、自宅のテラスにぴったりのオーニングを4つご紹介します。

設置が簡単なオーニングは、それぞれのニーズに合わせて最適なものを選びましょう。

可動式オーニング

家に併設された庭やテラスに日陰を作りたい時には、可動式のオーニングをお勧めします。

様々なサイズがあるため、あらゆる壁の寸法の合うものが見つかるでしょう。

オーニングは、プラスチック製や耐候性素材など、高い耐久性を持っているため、夏の強い日差しにぴったりです。

一般的なものは、取り付けの手順が書かれた説明書がついているため、設置は簡単です。

可動式のオーニングは、電動式、手動式、またはリモコンなどを使って開閉します。

つまり、必要な時だけ開閉して日陰を作ることができます。

一度設置をすれば、その後はボタンを押すかハンドルを使うだけでテラスに日陰を作ったり、日差しを楽しむことができるでしょう。

自宅のテラスにぴったりのオーニング4選 可動式

可動式のオーニングを設置すれば、テラスに日陰ができ、家の中が暑くなりすぎるのも避けることができます。

その結果、家の中を涼しく保ったり電気代の節約にも効果があるでしょう。

パラソル型

ここでいうパラソル型のオーニングは、ビーチパラソルとは異なります。

一見するとビーチパラソルにも見えますが、近年は大幅にその性能が改善されています。

パラソル型は床に置くタイプがほとんどなので、壁などに設置する必要がありません。

テラスに日陰を作るだけでなく、家の中が暑くなるのを防ぐのにも役立つでしょう。

パラソル型オーニング

パラソル型は、可動式のものよりも設置が簡単で安価です。

素材は、耐熱性プラスチックやアルミニウムなどの耐久性のある材料で作られています。

高さを調整したり、簡単に折りたたむこともできます。

パーゴラ・オーニング

パーゴラは、テラスで日陰を作るもう1つの一般的な方法です。

金属や木製のパーゴラは、他のオーニングと比べて効果になりますが、しっかりとした構造です。

多くのパーゴラには、カーテンや蚊帳があり、広い領域で日陰を作るのに役立ちます。

プラスチックや薄い布地の層がパーゴラの上部にある場合は、開放感を与える目的があります。

自宅のテラスにぴったりのオーニング4選 パーゴラ

ガーデニングが好きな方は、木製のシンプルなパーゴラがお勧めです。

パーゴラとつる植物を組み合わせると、シンプルな木製のパーゴラが美しい植物で覆われます。

美しい花が咲くパーゴラの下で休憩をしたり、友人とお茶や食事をするのがどれほど楽しいか、ぜひ想像してください。

三次元キャンバス・シェード

三次元のキャンバス・シェードは、最も大胆で独創的な日陰を作る方法の1つです。

さまざまな高さの三角形キャンバスを組み合わせます。

それぞれキャンバスは、大きな日陰を提供することはできませんが、組み合わせることで広い日陰を提供します。

パーゴラとガーデニング

キャンバス・シェードは、近くの壁または他の金属構造物などに取り付けてください。

多彩な色のキャンバスを組み合わせると、実用的なオーイングが装飾的な役割を持ちます。