キッチンカウンターの賢い選び方:一般的な素材とその特性

12 5月, 2019
一見簡単そうに見えますが、キッチンカウンターを選ぶのは実は複雑で難しい作業なのです。幸いなことに、デザインの選択肢は山ほどあります。ここではキッチンカウンターの賢い選び方をご紹介します。

もしキッチンまわりを一新しようと考えているなら、何百種類ものキッチンカウンターの中からたった一つを選ばなくてはなりません。新しいキッチンカウンターが、ご自宅の台所の残りの部分と不釣り合いになってしまわないように、どのようなスタイル・素材のデザインがいいのか吟味する必要があります。

さらに、できる限り長く使えるよう、売られている中で最も耐久性の高いものが欲しくなるでしょう。キッチンカウンターというのは何年もの間、毎日使われるものなので、そう思っても仕方ありません。

当然ながら、キッチンを使う目的は人それぞれです。自分だったらキッチンをどんな風に使いたいか考えてみるのは重要なことです。

それから、お子さんたちがどれくらい台所仕事をお手伝いしてくれるか、というのも忘れてはならないポイントです。衝撃やひっかきキズ、子供達のベタベタした手の汚れなどに耐えられるようなカウンターを選ぶのがベストです。

そして、やはりデザインについても考えなくてはなりません。キッチンにある他の家具との相性がよくなければ意味がありません。しかし、数年経てば新品の時とは見た目が変わっていってしまうことも留意しておいてくださいね。

キッチンの広さに関わらず、どの家庭においてもキッチンカウンターはとても重要なアイテムなので軽んじてはいけません。また、材質やサイズ、デザイン、流し付きのカウンターにするか伸長式にするかなども考えなくてはなりません。

適切なキッチンカウンターとは?

まず、台所の空きスペースに合ったサイズのものを選ばなくてはなりません。そうすれば、部屋にすでに置かれた他の家具のなかで存在が浮いてしまうことはありません。

高さも重要なポイントです。毎日使うものなので、日々の作業が簡単にできるように、適切な高さのカウンターを選ぶ必要があります。それぞれの作業に応じて高さを変えられれば理想的ですが、なかなかそうもいかないので、ちょうど良さそうな高さを選んでください。

大抵のキッチンカウンターは、約2メートルから2メートル30センチくらいの高さです。また、小ぎれいな見た目のものを選ぶか、掃除しやすいものを選ぶかも考える必要があります。

その後、汚れが目立ちにくいタイプのものを検討するのがよいでしょう。そのタイプが嫌なら、毎日掃除する必要があることを忘れないでください。誰もがそれを実現できるほど時間があるわけではありません。これはあなたがどれだけ几帳面で決断力があるかにかかっています。

もう一つ気にしなくてはいけないのが、耐久性です。先ほども述べたように、キッチンカウンターは毎日使うのものなので、劣化しやすいのです。ただ料理をするのに使うだけではなく、皿を置くのに使ったり、買い物から帰ってきて荷物を置くのに使ったりもしますよね。いろいろな重みに耐えなければいけないものなので、耐久性の強いカウンターを探すことが大切なのです。

その家で今後どれくらい暮らし続けるのかによっても、選ぶべきカウンターのタイプは違ってくるのは明らかです。もし今後長く住み続けるつもりなら、少しばかり予算を多めにすることをオススメします。そうすれば、高品質で耐久性が高く、長持ちするキッチンカウンターを見つけられますよ。

キッチンカウンター 素材

キッチンカウンター : 一般的な素材とその特性

それではたくさんあるキッチンカウンターの中から、いくつかチェックしてみましょう。売られている商品の主な素材やその特性もご紹介します。

  • ラミネート(積層プラスティック):合成樹脂にプラスティックをコーティングして作られたラミネート製のカウンターは、コスパが最強です。使っていくうちに水によるダメージを受けやすいのが唯一問題点ではあります。
  • クオーツ(石英):掃除しやすく − これはいつでもありがたいことですよね − 、コンパクトで長持ちするのが石英製のカウンターです。しかし、高熱に弱いので、オーブンから取り出した皿や鍋をそのまま直においてしまわないように気をつけなければなりません。
キッチンカウンターの賢い選び方! キッチンカウンター 素材

  • 花崗岩 花崗岩製のカウンターは高い耐久性を誇り、かなり長持ちすることが特徴です。グレーやブラックのモデルが最も一般的なデザインです。大理石がキッチンをエレガントな雰囲気にしてくれることは誰の目にも明らかでしょう。仕上げのカラーはいくつかありますが、白が最も一般的です。通水性が高い素材なので、たいていの汚れは吸収してくれます。
  • スチール(鋼):インダストリアルスタイルのキッチンの影響もあり、業務用キッチンではステンレススチールのキッチンカウンターがよく使われています。汚れや傷が目立ちやすいのが欠点です。しかし、長持ちするという長所もあります。
  • :ナチュラルで北欧風なラスティックスタイルのキッチンには理想的な素材です。維持するのは簡単ですが、湿気などに影響されやすいという難点もあります。コンディションを保つために、定期的に磨いたりヤスリをかけたりニスを塗ったりするとよいでしょう。
キッチンカウンター 素材

  • タイル :この素材の一番良いところは、商品ラインナップがかなり幅広いということです。異なるデザインのものが数多く売られているので、必ず自分の趣味やスタイルに合ったものを見つけることができますよ。

おわりに

お気づきのように、キッチンカウンターを選ぶのは、意外と複雑な作業なのです。耐久性が最も重要な要素なので、デザインや仕上がりを考える前にこの点にフォーカスして検討するのがよいでしょう。

売り場にはたくさんの種類のカウンターがあふれています。キッチンでどのような作業をするつもりなのかも意識しながら、それぞれの商品の長所・短所を把握して考えてみてください。

今回のアドバイスが、あなたの理想のキッチン作りに役立ちますように!

適切なキッチンカウンターとは?

まず、台所の空きスペースに合ったサイズのものを選ばなくてはなりません。そうすれば、部屋にすでに置かれた他の家具のなかで存在が浮いてしまうことはありません。高さも重要なポイントです。毎日使うものなので、日々の作業が簡単にできるように、適切な高さのカウンターをチョイスする必要があります。それぞれの作業に応じて高さを変えられれば理想的ですが、なかなかそうもいかないので、あいだをとってちょうど良さそうな高さを選んでください。

大抵のキッチンカウンターは、約2メートルから2メートル30センチくらいの高さです。

また、小ぎれいな見た目のものを選ぶか、掃除しやすいものを選ぶかも考える必要があります。その後、汚れが目立ちにくいタイプのものを検討するのがよいでしょう。そのタイプが嫌なら、毎日掃除する必要があることを忘れないでください。誰もがそれを実現できるほど時間があるわけではありません。これはあなたがどれだけ几帳面で決断力があるかにかかっています。

もう一つ気にしなくてはいけないのが、耐久性です。先ほども述べたように、キッチンカウンターは毎日使うのものなので、劣化しやすいのです。ただ料理をするのに使うだけではなく、皿を置くのに使ったり、買い物から帰ってきて荷物を置くのに使ったりもしますよね。いろいろな重みに耐えなければいけないものなので、耐久性の強いカウンターを探すことが大切なのです。

その家で今後どれくらい暮らし続けるのかによっても、選ぶべきカウンターのタイプは違ってくるのは明らかです。もし今後長く住み続けるつもりなら、少しばかり予算を多めにすることをオススメします。そうすれば、高品質で耐久性が高く、長持ちするキッチンカウンターを見つけられますよ。

キッチンカウンターの賢い選び方!

キッチンカウンター – 一般的な素材とその特性

それではたくさんあるキッチンカウンターの中から、いくつかチェックしてみましょう。売られている商品の主な素材やその特性もご紹介します。

  • ラミネート(積層プラスティック) 合成樹脂にプラスティックをコーティングして作られたラミネート製のカウンターは、コスパが最強です。使っていくうちに水によるダメージを受けやすいのが唯一問題点ではあります。
  • クオーツ(石英) 掃除しやすく − これはいつでもありがたいことですよね − 、コンパクトで長持ちするのが石英製のカウンターです。しかし、高熱に弱いので、オーブンから取り出した皿や鍋をそのまま直においてしまわないように気をつけなければなりません。
キッチンカウンターの賢い選び方!

  • 花崗岩 花崗岩製のカウンターは高い耐久性を誇り、かなり長持ちすることが特徴です。グレーやブラックのモデルが最も一般的なデザインです。
  • 大理石 大理石がキッチンをエレガントな雰囲気にしてくれることは誰の目にも明らかでしょう。仕上げのカラーはいくつかありますが、白が最も一般的です。通水性が高いさらに、素材なので、たいていの汚れは吸収してくれます。
  • スチール(鋼) インダストリアルスタイルのキッチンの影響もあり、業務用キッチンではステンレススチールのキッチンカウンターがよく使われています。汚れや傷が目立ちやすいのが欠点です。しかし一方で、長持ちするという長所もあります。
  • 木材 ナチュラルで北欧風なラスティックスタイルのキッチンには理想的な素材です。維持するのは簡単ですが、湿気などに影響されやすいという難点もあります。よいコンディションに保つために、定期的に磨いたりヤスリをかけたりニスを塗ったりするとよいでしょう。
キッチンカウンターの賢い選び方!

  • タイル この素材の一番いいところは、商品ラインナップがかなり幅広いということです。異なるデザインのものが数多く売られているので、必ず自分の趣味やスタイルに合ったものを見つけることができますよ。

おわりに

お気付きのように、キッチンカウンターを選ぶのは、意外と複雑な作業なのです。耐久性が最も重要な要素だと思われますので、デザインや仕上がりを考える前にこの点にフォーカスして検討し始めるのがよいでしょう。

売り場にはたくさんの種類のカウンターがあふれています。キッチンでどのような作業をするつもりなのかも意識しながら、それぞれの商品の長所・短所を把握して考える必要があります。

私たちのアドバイスが、あなたの理想のキッチン作りに役立つことを祈っています!