LED電球の長所とは?使うべき理由をご紹介します!

22 4月, 2019
すっかりお馴染みのLED電球。節電にも節約にもなるのが一番の特徴ですが他にもたくさん特徴があります。

LED電球は世界中の照明に革命を起こしました。LED電球は今までの電球と比べてたくさんの長所があります。効率性がいいので長く使えるだけでなく環境にとても優しいアイテムなのです。

白熱電球は効率性が悪くエネルギーをたくさん消費するので過去10年間でその数は減少傾向にあります。今回はLED電球にはどんな長所があるのか、その歴史とともにご紹介したいと思います。

 

LED電球とは一体なんなのか?

LED電球は光を作り出すのに真空管を使うタイプの電球です。他の電球と違ってLED電球はガラスや壊れやすい抵抗器を使っていないので丈夫で長持ちします。

LED電球の歴史

LED電球は1920年代にロシアで初めて現れました。ヨーロッパ中で新しい照明についての研究が行われている中、本格的に研究が始まったのは1960年代でアメリカの科学者たちもLED電球の研究を始めました。

LED電球はテレビやラジオなどの電子デバイスのためのパワーを作るために使われていました。

小さなところから始まりましたがLED電球は世界中でどんどん重要なものへとなっています。消費者である私たちに利点があるだけでなく環境にも優しいということでLED電球の価値はどんどん上がっています。

結果としてLED電球は未来のものとも言え他の電球の上をいくアイテムになりました。

LED電球 長所   歴史

LED電球の長所

LED電球の一番の長所として知られているのがエネルギーの効率性や節約ができるということです。

ですがLED電球についてもう少し深く入り込むともっと長所があることに気づきます。以下はその例です。

  • 熱を作り出さない

LED電球は熱を作り出さないので電球を変える時にやけどする心配がありません。

  • 寿命の長さ

LED電球は寿命がとても長く、1日に12時間使用する計算でだいたい6万時間も使用することができます。つまり11年間使用することができ、電球を変える心配はそうそうありません。そして電気が簡単にとぶことがなくとても長い時間をかけて劣化していくだけです。

  • 機能性のよさ

LED電球はスイミングプールから寝室、街灯までどこでも使用することができます。

  • エネルギーの効率性(節電)

LED電球は少ないエネルギーで多くの光を作り出すことができます。

LED電球 長所   歴史

  • 節約できる

少ないエネルギーで光を作りだすことができるのでもちろん節約にもつながります。必要なエネルギーが少なければ少ないほど払わなくてはならない料金も少なくなります。長い寿命のおかげで新しい電球を買う必要も少なくなるのでこれも節約につながります。

  • 環境に優しい

これはとても重要です。まずLED電球はリサイクルができます。私たちがきちんと分別をして処理をすれば新しい電球や他の何かに作り変えることができます。そしてLED電球はUVや赤外線を排出しません。なにより他の電球と違って水銀を使わないので使い終わってきちんと処理をしても環境に害がありません。

  • サイズ

LED電球は他の電球より小さいです。なのでいろんなランプの形・デザインが作りだせます。

LED電球 長所   歴史

まとめ

今回紹介したように古いタイプの電球を使っているのなら今すぐにでもLED電球に変えることをおすすめします。

自分たち家族への経済的な利点だけでなく地球のためにも使ってみてください。

LED電球自体は他の電球と比べて値段がとても高いわけでもないので地球と節約のためにもよい投資をしましょう。