寝室で賢く収納しよう!5つのおすすめ家具

27 2月, 2019
寝室の収納でお悩みの方にぜひおすすめしたい収納家具をご紹介します。

寝室に衣類やバッグなど多くのアイテムを収納している方は多いのではないでしょうか。収納家具は寝室を綺麗に保ち整理するのにとても大切です。

何を収納するかは寝室の種類によって異なります。たとえば子供のための寝室の場合、おもちゃや遊具を保管しておくために多くの収納スペースが必要になります。

今回は部屋の整理整頓に役立つ収納家具を5つご紹介します。寝室に限らず、部屋での色々な物の整理にぜひ役立ててみてください。

1.飾り棚、ユニットシェルフ

部屋に飾り棚を設置するのがおすすめです。棚には本やライト、お気に入りの置物などあらゆる種類の物が置けます。できるだけ頑丈な棚を選ぶようにし、そして重すぎる物は置かないようにしましょう。棚を選ぶときにもう1つ注目したいのが、棚の色です。部屋に合う素敵な色のものを選びましょう。

また、持っている物や置きたい物の量に応じて、床に置くタイプのノーマルな棚や、縦型の小さなユニットシェルフも使うことができます。お好きなものを探してみましょう。

2.ドレッサー

ドレッサーは寝室に置くと非常に実用的です。物を収納できるだけでなく、鏡がついているためとても便利です。引き出しの中には、メインクローゼットに入らない衣類を収納することができます。

3.2in1の家具

・跳ね上げ式ベッド

日常的に使わない物を収納するためのスペースを備えたベッドはお店でも見つけることができます。跳ね上げ式ベッドは、ベッドの底部に収納スペースがあり、その上にマットレスが置けるようになっています。寝具などの保管におすすめです。製品によっては靴が収納できるようなタイプもあります。

寝室の収納アイデア

この家具は睡眠と収納という2つの異なる目的で使うことができるためとても実用的です。同時にお金とスペースの節約にもなりますよ。

・収納付きソファ

ソファも収納スペースを備えた家具として挙げられます。ベッドと同様にソファの中に物を収納することができ、周りからは見えません。子供用のモデルも多くあるため、子供と一緒に楽しくお片付けができるでしょう。

4.チェスト(箪笥)

チェストはどんな寝室にも使う事のできる実用的な収納家具です。ブランケットなどのアイテムをしまっておくのに役立ちます。部屋のバランスをよくするため、ベッドと同じ高さのものを選ぶといいでしょう。

チェストには非常にたくさんの種類があります。もしあなたが古いアンティークなチェストをお持ちの場合、修復してまた使い始めるチャンスです。ヴィンテージ感を出すために、使い古したような明るいカラーで塗装してみましょう。

チェストは一般的に大容量で引き出しも深めです。お子さんがいる方は、おもちゃの収納にも使うことができます。

5.仕切りアイテムを使う

クローゼットや棚にスぺースが足りないという方は、ぜひ仕切りボックス・ケースを使ってみましょう。これは引き出しの空間を仕切ってくれるアイテムで、布素材やプラスチック素材など様々あり、安価で買うことができます。このアイテムを使えば、うまく整理して収納することができ、保管スペースを増やすことができます。

寝室の収納アイデア 寝室 収納 家具

また、布で作られた棚のような製品もあります。上部にマジックテープがついており、クローゼットで吊るして使うことができます。購入前にクローゼット内の高さや幅などを測定しましょう。

もう1つのアイデアとして、木製ボックスを活用することもできます。アイテムごとに分けて収納でき、布素材のものより頑丈です。

今回ご紹介したように、寝室に設置できる収納家具は多くの種類があります。そして色んなスタイル、素材のものを見つけることができます。こだわりのある方は、より特別な家具を選ぶこともできるでしょう。自分に合う家具を選んで素敵な寝室を作りましょう!