ラジエーターを隠す方法3選

25 11月, 2019
家にあるラジエーターを隠し、空間を美しくするために、次の方法を試してみましょう。

ラジエーターは家を暖かくし、快適にしてくれます。しかし、夏の間は必要ないにもかかわらず、壁に固定されたままです。これは家の美しさに影響を与える可能性があります。そのため、ラジエーターを隠す3つの方法をご紹介します。

通常、ラジエーターの見た目は装飾的ではありませんが、最近では空間の美しさに影響しないようなさまざまな種類や形式があります。

しかし、伝統的なラジエーターを持っており、インテリアを改善するために隠したい場合には、下記にご紹介する便利で独創的な方法を試してみましょう。

ラジエーターを隠してインテリアを改善しよう!

ラジエーター

特定の機能要素を常に隠すことは難しいかもできないかもしれませんが、もし可能であるならば、ラジエーターがインテリアに影響することを防いでくれます。例えば、妨げになるもの、ケーブル、コンセント、電源タップなどについて考えてみてください。これらはできるだけ視界から遠ざけ、インテリアから取り除きたいはずです。

しかし、これらをいつも隠せるとは限りません。特にラジエーターは隠すのが難しいことがあります。

ラジエーターを隠すには、装飾的要素と機能性を組み合わせる必要があります。美しくみせつつ、熱を効率的に放出できる素材を選びましょう。

タイプ1:ラジエーター カバー

ラジエーター

家に加えることができる興味深い特徴となるので、ラジエータカバーは良い選択肢となるでしょう。さらに、ニーズに合わせさまざまな種類があり、特定のウェブサイトではより簡単に見つけることができます。ラジエーターカバーの利点は次の通りです。

  • 中に収納することができる家具のように見えます。また、スペースを取り過ぎずに、インテリアに美的に合ったものを見つけることができます。
  • 持ち運び可能なので、問題なく取り外しができます。可動性であり、あまり重くありません。
  • ラジエーターを隠すカバーがありますが、熱が放出できるように隙間や穴があります。ラジエーターを隠しつつ、効果的に機能することができるのです。
  • このカバーの上部は棚として利用することができるので、さまざまな小物を飾ることができます。
  • 一般的なカバーの種類は木製です。しかし、金属製のものを選ぶこともできます。
  • これらのカバーは、ラスティックスタイルからシンプルな線を持ったミニマリストスタイルまで、さまざまなスタイルから選ぶことができます。

タイプ2:飾り戸棚

これはカバーとは全く異なる選択肢となります。1つの理由としては、ラジエーターが見えたままになる可能性があることです。一般的には、ラジエーターの上に置かれたテーブルや家具のように見えますが、ラジエーターを遮るものはありません。目立たなくしていますが、完全に隠すさずにインテリアに取り入れる方法となります。この選択肢の利点は何でしょうか?

  • ラジエーターに合わせて特別に作ることができます。そのため、正確なサイズを測る必要があります。
  • 熱を直接放出させることができます。
  • 軽く、持ち運び可能です。スペースを取り過ぎることもなければ、インテリアに大きな印象を与えることもありません。言い換えれば、気づかれない存在となることができます。
  • 完全なる統合:家具の一部なので、他のインテリアにぴったりなものを選ぶことができます。
  • 小物を置くことができる棚やテーブルとしても機能します。

タイプ3:家具で隠す

ラジエーター

3つ目の選択肢は、ラジエーターを完全に隠すことができる家具を置くことです。ラジエーターカバーと似ていますが、異なる点がいくつかあります。

  • これは2つの部分で構造されています。床に置いてあり、実際にラジエーターを隠す部分。そして、ラジエーターの上にあり、壁に取り付けらた家具や棚の部分です。
  • 別の方法としては、ガラスのショーケースやキャビネットです。装飾的要素に目が引き寄せられて、カバーからの目線を遠ざけてくれます。
  • 熱は直接放出されるわけではなく、隙間から放出されます。ラジエーターを隠しつつ、引き続き機能してくれます。
  • 熱が放出できるように作られているので、熱を失う心配をする必要はありません。

家具には、隠すことと美しく見せることの2つの機能があります。