最高の暖房:理想の暖炉の選び方について

20 1月, 2019
都市部のアパートや小さな家に住むことは必然的にこの夢を諦めるということでした。しかし、幸運なことに、この火と木を使った伝統的な暖房システムは進化し、全ての家に適応できる新しい方法が開発されました。

理想の暖炉を選ぶときには、考えることがたくさんあると思います。

冬を迎える前はいつも暖房システムが気がかりとなるでしょう。一年の中で一番寒くなる夜に、どうやってお家を暖かく、そして素敵に保てるのでしょうか?

今日は最適な暖炉が選べるように、おすすめアドバイスをご紹介します!

火について

火と木は家と暖かさに対してすぐに思い浮かぶイメージだと思います。

私たちの先祖は火と木の大切さを知っており、狩猟から戻ってきた後、体を暖める手段としてこの方法を思いついたのでしょう。一方、キャンプファイヤーは社交の場ともなりました。

部族長間の大事な会議や祭典は、キャンプファイヤーの周りで行われました。結婚式、開会式、交渉、狩猟パーティ、その他多くの重要なイベントも行われたようです。キャンプファイヤーは、人々と村を暖めるだけではなく、人々の心や魂さえも温める役割をしていたのです。

今日、たくさんの人が家に暖炉を持つことを夢見ています。古い郊外のコテージに住んでいて、幸運にもすでに暖炉を持っている人もいるでしょう。

都市部のアパートや小さな家に住むことは必然的にこの夢を諦めるということでした。しかし、幸運なことに、この火と木を使った伝統的な暖房システムは進化し、全ての家に適応できる新しい方法が開発されました。

それでは、早速おすすめアドバイスをご紹介します!

1.暖炉の場所

暖炉選びのときに、まず初めに考えることがどこに設置するかということです。

暖炉はあくまで暖房システムなので、主要目的は部屋を暖めることだと覚えておきましょう!飾りとしての役割もありますが、一番の目的を忘れないことが大事です。

それから、部屋のサイズも考えてみましょう。部屋を暖めるのと家全体を暖めるのは同じではありません。

暖炉

部屋のサイズによって、必要な暖炉のタイプが変わってくるのです。

2.寸法

装飾とインテリアデザインの世界では、寸法は基本的な要素です。バランスの取れた部屋にするためには、この寸法による比率が大事なのです。

ですので、暖炉や家具など部屋の中にある全てのものに使用可能なスペースがあることを覚えておく必要があります。

全ての暖炉は設置作業や建築作業が必要ですし、正しい寸法が重要となるのです。また、長期的に考えた設計をするのもいいでしょう。

適切な暖炉タイプの選び方

あなたは、目の前で木の燃える音がするような伝統的な暖炉の購入を考えているかもしれません。

しかし今では、期待とニーズに応えるため様々な種類の暖炉が生まれました。

暖炉は、デザインと燃料の種類によって分類されています。では、暖炉の燃料の違いを見てみましょう。

燃料の種類

  • 木材暖炉:木材を燃料とする伝統的な暖炉は一生使うことができます。この暖炉では、火を消すために火かき棒が必要です。

このような暖炉は、とても美しいですが欠点もあります。一番の問題は、非効率的であるということです。ドアがないので、他の種類の暖炉よりも暖かさがより早く逃げてしまうのです。

他の問題点としては、自分で供給できない限り、燃料の木材の購入が高くつくことです。

さらには、このタイプの暖炉は、しっかりとしたメンテナンスが必要です。燃料から発生する残りかす(主にガスや灰)は、きちんと掃除をしないと有害になりえます。

暖炉

  • ガス暖炉:このタイプの暖炉は木材を使った暖炉の近代版とも言えるでしょう。

ガス暖炉は薪を使う不便さを解消してくれます。薪が置いてあったところには小石や薪を模型にした陶器を使います。

必要なものは、点火用の小火だけです。長所は有害な残りかすを作り出すことなく、暖炉の見た目を楽しめることです。

短所は、値段が高くなることと、一度電源を切ると暖かさが長く保たれないことです。

  • 電気暖炉:建築作業やガスラインを必要としない近代的な暖炉です。ほとんどのものは持ち運び可能で、電気に接続するのみです。

本物ではありませんが、視覚的には伝統的な暖炉の雰囲気を得ることができます。また、煙突も必要としません。

  • バイオエタノール暖炉:バイオエタノール暖炉は、暖炉の中でも最も綺麗かつ効果的で、そして最も環境に優しいものです。ガスや煙の排出もありません。

また、驚くことにデザイン性や持ち運びやすさにも優れています。

ペレットストーブ:ペレットストーブも環境に優しい生分解性の燃料を使います。

デザイン

適切な暖炉を選ぶことは冬に部屋を暖めてくれる暖炉を選ぶことではありません。もちろん、機能性が優先となりますが、見た目も素敵な暖炉を選ぶということなのです。

  • ビルドイン暖炉
  • 床から天井まで届く暖炉建築作業は必要ありませんが設置作業が必要です。
  • 扉付き暖炉:陶磁器のガラスの扉がついています。他のタイプの暖炉よりも安全で、熱をよく保ちます。
  • ポータブル暖炉:通常このタイプの暖炉は電気式で、バイオエタノールを燃料として使います。大胆で、より近代的なデザインなものが多いのも特徴です。
暖炉

まとめ

このように、適切な暖炉選びは簡単なことではありません。プロの方にアドバイスを聞き、暖炉選びと設置作業について手伝ってもらいましょう。

メンテナスはとても重要なので、なるべく維持しやすいものを選ぶということも忘れないようにしてくださいね。