ベッド選びの参考に:ベッドの種類について

5 1月, 2020
休息や睡眠時間は、私たち人間の健康維持に欠かせません。自分の好きなデザインのベッドという点からだけでなはく、体格や健康状態など様々な点を考慮に入れたベッド選びを心がけましょう。

現在は、様々なタイプのベッドが販売されていますが、個々のニーズと仕様に合わせて調整できるものがほとんどです。

睡眠の質に直接的な影響を与えるベッドを選ぶ時には、慎重に行うことが大切です。

休息や睡眠時間は、私たち人間の健康維持に欠かせません。

自分の好きなデザインのベッドという点からだけでなはく、体格や健康状態など様々な点を考慮に入れたベッド選びを心がけましょう。

例えば、身長が高い場合は、普通のベッドよりも長いベッドを選ぶ必要があります。

今回の記事では、市販されている様々な種類のベッドについてと、ベッドを正しく選ぶための基本的なアドバイスをご紹介します。

ベッドは基本的に、そのサイズと構造に応じて分類されます。

サイズによるベッドの分類

おそらく、最も一般的なベッドの分類方法です。

十分な睡眠をとることができる、自分に合ったサイズ選びをすることが重要です。

  • シングルサイズ:90cm x 200cm
  • スタンダードダブルサイズ:135-140cm x 200cm
  • クイーンサイズ:160cm x 200cm
  • キングサイズ:190cm x 200cm

一般的にはキングサイズが最大の大きさとされていますが、中にはこれより大きなものも販売されています。

ベッドのサイズを選択する時に、部屋のサイズや天井の高さも考慮に入れてください。

また、ベッドを使う人の身長も考慮に入れるべき重要な点です。

理想的なベッドは、体を曲げたり足がベッドから出てしまうことなく、全身をしっかり伸ばすことができるサイズです。

構造に応じたベッド分類

ベッドの構造には機能面と装飾面の二つがあります。

コンパクトな構造のベッド

このタイプのベッドは、利用できるスペースを最大限に活用したい場合に最適です。

コンパクトな構造のベッドは次のとおりです。

機能的な構造のベッド

このタイプの多くは、ベッドの下の部分に収納スペースがあります。

二段ベッド

スペースが少ない子供部屋などでは、水平ではなく、垂直方向にベッドを二つ重ねる二段ベッドがお勧めです。

ベッド選びの参考に:ベッドの種類について 二段ベッド

折りたたみ式ベッド

このタイプのベッドは、クローゼットまたは壁に収納できます。

またソファーベッドなどは、普段はソファーとして使用し、必要な時は広げてベッドとして使う実用的なベッドです。

トランドルベッド

二段ベッドと折りたたみベッドと一緒にしたようなトランドルベッドは、一般的なベッドの下にもう一つのベッドが収納されており、引き出しのように下のベッドを引き出して使います。

スペースを効率的に活用するお勧めの方法です。

ロフトベッド

ロフトベッドは最も革新的なデザインで、現在ではとても一般的なタイプです。

二段ベッドの高さ、またはそれよりやや低く設定されたベッドの下に、機能的なスペースを取り入れています。

ベッドの下の部分は、収納スペース、衣服を掛けるスペース、または机やソファを置くスペースとして利用することができます。

10代の部屋には完璧でしょう。

収納付きベッド

最初にご紹介した機能的なベッドに似ていますが、このタイプはベッドと床の間ではなく、ベッドの周りに収納を取り入れているという点が異なります。

軽いベッド

このタイプのベッドは、軽くてシンプルです。

脚付きベッド

最もシンプルなベッドです。一般に金属製ですが、非常に多様なデザインと素材があります。

低いベッド

オリエンタルスタイルや、「禅」のスタイルを寝室に取り入れる時にお勧めです。

ただし身長が高い人には、このタイプのベッドは適さない可能性があることを考慮に入れてください。

低いベッドを取り入れた寝室

天蓋つきベッド

天蓋付きのベッドは、おとぎ話から出てきたように素敵なベッドです。

現在では、昔からあるデザインに加えて、多くの先進的なデザインが販売されています。

このタイプのベッドは、天井が高い寝室にのみ適しています。

フローティングベッド

最もモダンで現代的なフローティングベッドは、ベッドを壁に固定するか、ベッドを支える小さな構造物をベッドの下に置くことで、ベッドが空中に浮いているように見えるベッドです。

ベッドの下にも光のポイントも追加すると、視覚効果が大幅に向上します。

ロートアイロン(錬鉄製)ベッド

その強さと視覚的な繊細さが特徴的ロートアイロンのベッドは、素朴なデザインやヴィンテージ風のインテリアデザインにお勧めです。

ベッド選びの参考に:ベッドの種類について 装飾ベッド

結論

今回ご紹介したように、多くの種類のベッドが販売されています。

新しいベッドを選ぶ時には、自分のニーズを考慮に入れてください。

例えば、ベッドが子供部屋用である場合やゲスト用の場合、そしてスペースを節約する必要がある場合や、ベッドに収納スペースを求める場合などによっても選ぶベッドが異なります。

一方で、部屋の大きさも重要なポイントです。

最後に、ベッドとマットレスは切り離せない関係です。

ベッドを選ぶ時には、自分に合うマットレスを選ぶことも基本であることを忘れないでくださいね!