ミッドセンチュリースタイルでリビングをオシャレに

11 5月, 2019
近年ミッドセンチュリースタイルはトレンドとなってきています。これは似たようなスタイルであるインダストリアルなど他のスタイルの人気のおかげでもあります。

リビングのリフォームをお考えなら、ミッドセンチュリースタイルを取り入れてみるのもいかもしれません。ミッドセンチュリースタイルのリビングは美しく機能的で、とてもシンプルかつ上品なラインが特徴です。

ヴィンテージやレトロが流行したことで、このスタイルも人気が高まってきています。とはいえ、19世紀終わりから20世紀初めにかけて登場したスタイルであるにも関わらず、このスタイルが時代遅れになったことは決してありませんでした。

もちろん、近年ミッドセンチュリースタイルはトレンドとなってきています。これは似たようなスタイルであるインダストリアルなど他のスタイルの人気のおかげでもあります。

ミッドセンチュリー風の部屋を演出するのは難しそうだ、と身構える必要はありません。

完璧なスタイルを目指すために、ミッドセンチュリースタイルのリビングを作り上げるコツをいくつかご紹介します。

ミッドセンチュリースタイルとは?

ミッドセンチュリースタイルは、19世紀終わりから20世紀初頭にかけてのアバンギャルドという流行の中から登場しました。

ミッドセンチュリースタイルでリビングをオシャレに

ミッドセンチュリースタイルは、芸術だけでなく建築やデザインの様々な側面に及ぶものです。

これは、モノの機能性についても考慮している革新的で先見の明もあるようなムーブメントでした。そして、モノは長持ちするように、環境を破壊しないように、そして求めやすい価格になるように作られるべきだ、とも主張しました。

したがって、このスタイルの目的は機能性も含めて美的観点から刷新することであると言えます。

ミッドセンチュリースタイルのゴールデンエイジはその名の通り20世紀の半ばでした。

このトレンドと上手く組み合わさるようなスタイルのうちの一つがノルディックスタイルです。このスタイルはミッドセンチュリースタイルとよく似ています。

ミッドセンチュリースタイルが北欧諸国でかなりの成功を収めたことがその理由の一つです。だからこの二つのスタイルには類似性があるのです。

特徴

ミッドセンチュリースタイルでリビングをオシャレに

 

  • シンプル、ピュア、そして直線的な形
  • 機能性
  • 自然を大切にする。インテリアスペースと家の外や自然とを上手く合わせることが目標です。
  • ほのかなエレガントさ。これを実現するために、不必要な装飾品は取り除きましょう。
  • 全てのエリアにおける水平な線の流動性と連続性
  • 素材の中で際立っているのが木材、ガラス、金属
  • 幾何学模様が使われるが乱用はNG

ミッドセンチュリースタイルの部屋の作り方

ミッドセンチュリースタイルのリビングは、エレガントさと品格、そして機能性を携えています。ですので、ミッドセンチュリースタイルを取り入れたいなら、以下のアイテムが必要になってきます。

傾斜脚の家具

傾斜脚の家具はこのスタイルのリビングに欠かせません。

また、ミニバーとして利用するためもしくは花瓶や絵画を飾るためのキャビネットなど、このスタイルで作られた家具を取り入れてみてもいいかもしれません。

ミッドセンチュリースタイルでリビングをオシャレに

このタイプの家具はミッドセンチュリースタイルに特徴的なものです。ノルディックスタイルなど、他のスタイルにも取り入れられるようになった要素でもあります。ですので、色は木材本来のナチュラルな色や少し暗めの木材を選ぶようにしてください。

金属製のランプ

ミッドセンチュリースタイルは産業革命時代に生まれたスタイルですので、金属はこのスタイルのカギとなる存在なのです。

ミッドセンチュリー  リビング

金属製のランプはこのスタイルに特有な、スタイルを完成させるにはなくてはならない存在になりつつあります。また、幾何学的な形状をしているかブロンドや金色の金属でできているものだとなお良いでしょう。

アイコニックなアイテム

ミッドセンチュリースタイルのリビングにアイコニックな要素が欠けていたらどうなってしまうでしょう?レトロもしくはヴィンテージな雰囲気のあるリビングになるように、これらの要素を取り入れるようにしましょう。

ミッドセンチュリー  リビング

アイコニックなアイテムというのは、イームズのイスや、人間工学的にデザインされた卵型のイス、そしてチューリップチェアなどです。

覆いのない構造

ミッドセンチュリースタイルには、骨組みがむき出しになっているという特徴もあります。

金属の梁やレンガの壁、そしてむき出しのパイプなどはリビングに個性と品格を与えてくれるでしょう。

最近ではこれを実現するのは少々難しくなってきています。ですが、壁紙を使えばこのような外観を作り出すことが可能ですよ。

ミッドセンチュリー  リビング

さらに、壁紙は導入するのが簡単ですし、レンガや使い古された風なデザインも探すことができます。

ミッドセンチュリースタイルを完成させるために

これらのコツを使えば、ミッドセンチュリースタイルのリビングを作り上げるのは簡単でしょう。

色使いも重要になってくるのだということをお忘れなく。軽めの色がカギとなる北欧スタイルとは対照的に、暖色系の色を選ぶようにしてください。

一方で、幾何学形状の要素を多少取り入れる必要もあります。例えば、幾何学模様の施されたラグなどを置いてみてはいかがでしょうか。

https://midecoracion.com/salon/decorar-salon-con-estilo-mid-century/