ガーデンケア:アジサイを育てるためのヒント

4 1月, 2020
庭にアジサイを植えたいと考えているなら、今回の記事をお見逃しなく!アジサイを庭で栽培する方法のすべてをご紹介します。

アジサイの栽培は、基本的には他の植物の世話と同じですが、注意するべきいくつかの点があります。

とてもシンプルなので心配はいりません。

アジサイを育てるためのヒントを活用すれば、庭を美しく維持するのに役立ちます。

植物の中でも、花が咲く品種は、あらゆる空間に活気、色、そして暖かさを提供します。

屋外で咲く花を栽培している庭はとても素敵で、植物や花が大好きな人を活気づける効果もあります。

庭は、自分の空き時間に読書をしたり、友達との会話を楽しんだり、または静寂さを楽しむ素敵な空間です。

今回は、アジサイという美しい花を咲かせる植物の栽培方法と、お世話の方法についてお話しします。

アジサイを自宅の庭で栽培する際に必要な考慮事項をご紹介しますが、とてもシンプルな方法です。

アジサイについて

アジサイはアジア原産の落葉樹で、約43種類のアジサイが品種として認められています。

アジサイの色は幅広く、個性的で刺激的な香りを放ちます。

アジサイの色は、その種類に由来するのではなく、それぞれのアジサイが吸収する栄養素の種類によって異なります。

ガーデンケア:アジサイを育てるためのヒント ピンクのアジサイ

アジサイは、庭やベランダなどの屋外で栽培されることが多いですが、実は、植木鉢に入れて屋内でも栽培できる植物です。

アジサイの世話

他の植物と同様に、アジサイのお世話にも特定のニーズがありますが、複雑ではありません。

アジサイを栽培するときには、アジサイに必要なお世話を理解することが大きな助けとなります。

アジサイは大量の水を必要とします。

土を常にに湿った状態に保つためにも、毎日の水やりを欠かさないようにしましょう。

日光

アジサイは、適度な日光を必要としますが、日陰も必要であることを理解してください。

そのため、朝は日光があたり午後は日陰になる場所に植える必要があります。

土壌

アジサイはどの種類の土壌でも育つ植物ではないため、正しい土壌を選ぶ必要があります。

アジサイは、酸性土壌で美しくそして強く成長しますが、他の場所に植えると枯れます。

そのため、15日ごとの液体肥料と必要に応じた有機堆肥が重要です。

アジサイのお世話をする女性

楽しさ溢れるヒント:青いアジサイにしたいば場合は、土壌の上に金属の釘、アルミニウム片、果物の皮などを置きます。植物はこれらの元素となるミネラルを吸収し、青色に変わります。前述したように、アジサイの色はその種に由来するのではなく、吸収する栄養素と関連しています。

病気と虫

アジサイを栽培する上で注意するべきもう一つの点は、アジサイに害を及ぼす可能性のある病気や虫を事前に検出することです。

アブラムシとクモダニは、アジサイを攻撃する一般的な虫の一つです。

また真菌などの影響でアジサイが腐ることもよくあるため、農薬や自然療法を活用して未然に防いでください。

剪定

健康的に成長すると毎年多くの花をつけるアジサイは、剪定の必要があります。

剪定は、しおれた花と茎を切り取りましょう。

剪定は、アジサイの花が咲いた後に行う必要があります。これによってアジサイが枯れるのを防ぎ、アジサイを健康に保つことができるため、アジサイが毎年花をつけてくれるようになるでしょう。

ガーデンケア:アジサイを育てるためのヒント アジサイを切る

アジサイの栽培方法とお世話はとてもシンプルで、大切なのは正しい情報と経験です。

最後にご紹介するヒントは、天候です。

極端な寒さや悪天候になった場合、アジサイを室内に移動できないのであれば、箱でアジサイを覆ってください。

正しい情報を活用して、美しいアジサイを咲かせてくださいね!