グローエの浄水器水栓2選

19 12月, 2019
水栓はさらに進化してきています。最近では、水を浄化するだけでなく、温度調節や炭酸を楽しむことができる機能を備えたモデルさえもあります。

キッチン水栓とは別に、浄水器専用水栓を使用しているご家庭もあるかと思います。このシステムは役に立ちますが、小さいキッチンの場合には邪魔になることもあるでしょう。この問題に解決するために水道水と浄水のどちらも楽しむことができる水栓が最近この分野で開発されました。水栓から直接コップに水を注ぐだけで、すぐに飲むことができます。

浄水器水栓の利点

浄水器水栓

蛇口をひねるだけで、水栓から直接浄水を楽しむことができたら素敵ですよね。特にアルカリ性が高い水の地域や健康基準に満たしていない地域に住む人々は、これが現実になることを待ち望んでいました。

これらの新しい蛇口のおかげで、重い水のペットボトルを運び、収納する必要がなくなりました。また、プラスチックの使用量も減らすことができるので、環境にも優しいと言えます。

さらに、キッチンカウンターのスペースを占めることもありません。

浄水器水栓では、あなたも家族も水栓から直接水を楽しむことができ、調理や食品を洗うために使用することもできます。また、モデルによっては、水がその恩恵を受けることを確実にするために、マグネシウムを付加してくれる追加のカートリッジさえも含まれています。

浄水器水栓の機能

浄水器水栓

最大の利点の1つは温度調節ができることです。これらの水栓には、シンクの下にある小さな冷蔵庫のような働きをする外部部品が含まれています。

必要なのは調理用の室温の水または飲料用の冷たい水かを選び、温度調節を行うだけなのです。

水は5リットルのタンクに貯蔵されています。そのタンクは5段階のカートリッジ処理に沿って味、臭い、不純物を取り除き、水の浄化およびミネラル付加をしています。

スイッチをひねれば、お皿洗いや調理のために、いつでも浄化されていない通常の水道水を使用することもできます。また、浄水と水道水は別々のシステムから供給されるため、2種類の水が混ざることはありません。

グローエの浄水器水栓2選

現在では、ドイツ企業の1社のみがこのような製品を販売しており、2つのモデルから選ぶことができます。

1.Grohe Blue Pure

Grohe Blue Pure

グローエの水栓は、いつでも新鮮で浄化された水を提供してくれます。LEDスクリーンには、使用している水が浄水なのか水道水なのかが表示されます。また、いつカートリッジ交換が必要なのかも教えてくれます。(通常12か月、600リットル分の容量があります。)

浄水と水道水の管は完璧に分かれているため、浄水はきれいな状態に保たれます。この技術は水道水を浄化するだけでなく、冷たくもしてくれます。

2.Grohe Blue Chilled & Sparkling

The Blue Chilled & Sparklingはより革命的なモデルであり、炭酸水を楽しむことができます。冷水と2種類の炭酸水から選ぶことができ、すべてLEDハンドルに表示されます。(青:浄水、微炭酸:青緑、強炭酸:緑)

飲みたい水を選ぶためにダイヤルを変えるだけです。それだけではありません。水温を4~10℃に設定することができます。例えば、夏の間は冷たい水を楽しみ、冬の間は温かめの水を楽しむことができます。

水道水を使用したい場合には、ノブを回して水道水を選ぶだけです。すべてのシステムが1つになっています。

水を浄化し、ミネラルを付加してくれるこれらのハイテクな水栓は最新モデルです。子どもがいる家、生活の質を向上させたい人、または浄水器専用の水栓を設置するスペースがない家にぴったりです。まさにキッチンの革命と言えるでしょう。

  • Leonardo, P., & Mendoza, H. (2012). Métodos para purificar el agua. PROFECO.