風水における蝶の象徴的意味とは?

11 12月, 2019
蝶を家に飾ることの利点をご存知ですか? この記事では、風水における蝶の象徴的意味と家への取り入れ方をご紹介します。

風水の世界では、蝶はとても重要かつ強力な象徴であり、私たちの生活の中で最も重要な側面のひとつを表しています。今日は風水の教えによる蝶の重要性についてご紹介します。

また、象徴的意味は別としても、蝶のプリント柄はインテリア界の中で最も人気のある模様のひとつです。クッション、ベッドシーツ、掛け布団、絵画、ランプなどに使用されていたり、または小さな蝶の装飾品で家を飾ることもできます。

風水:愛の象徴としての蝶

蝶の象徴的意味

風水によると、蝶は愛と自由の象徴です。どの部屋にでも蝶を飾ることができ、象徴的な性質が恋愛面以外にも人生のあらゆる面を変えてくれるでしょう。

さらに、その正のエネルギーのおかげで、人生にもたらすあらゆる変化を良い方向へと導いてくれます。前述の通り、蝶はどこにでも飾ることができます。しかし、一般的には次の場所で使用されることが多いでしょう。

ベッドルームを蝶で飾ることで、人間関係の問題を解決するのに役立ちます。風水の教えが活きている国々では、独身の人々は蝶で家を飾り、思い描いてきた愛を見つけることを願うそうです。

蝶がその一生において変容する性質は、風水の世界では特別な意味を持ちます。これらの変化は、取り巻く世界の外部エネルギーによってもたらされます。また、人々が恋に落ちたときの感情の変化と比較されることが多いです。

そのため、愛を探している人も、パートナーが既にいて自分たちを取り巻く世界を魅力とロマンに溢れさせたい人も、どちらも蝶を使うと良いでしょう。

信念の象徴としての蝶

蝶の象徴的意味

蝶は愛だけでなく信念を表しています。人生を通して起こる様々な変化を経たとしても、信念を維持するということなのです。

繰り返しとなりますが、そのために蝶の変化は象徴的な性質の重要な部分なのです。さらに、蝶はまた、何か素晴らしいことをしたいという願望を象徴しており、行うすべてのことに対して、希望と前向きな姿勢な保ちます。

また、物事に逆らって生きるのではなく、物事が自然のリズムに沿って流れるようにする、ということも象徴しています。蝶の希望や信念という象徴的意味にあやかりたいなら、先に述べたように、書斎や作業部屋、特に机のそばに使用するといいでしょう。

創造的な道具としての蝶

蝶の象徴的な意味

蝶を飾る3つ目の理由は、風水によれば蝶が創造性を促進するのに役立つためです。具体的には、子供たちの創造性を促進するのに使われます。風水では、幼いころから創造力を育てる必要があると教えています。

そのためには、子供部屋を蝶で飾り、創造的なエネルギーで部屋を満たすといいでしょう。子供が創造性を表現する方法は実にたくさんありますから、必ず子供が好きなやり方が見つかるでしょう。

蝶の象徴的意味

家のインテリアに蝶を使用することは、単に魅力的で平和で自然な家庭環境を作り出す以上の意味があります。蝶は、愛、信念、創造性の象徴なのです。また、人生に変化をもたらしたいときに、そのエネルギーが助けてくれるでしょう。