家に理想の読書スペースを作るには?

6 2月, 2019
読書スペースは心からくつろいで過ごせるパーソナルスペースです。本記事では、その作り方のヒントを紹介します。

読書スペースはリラックスして自分のお気に入りの小説や雑誌、新聞を読む場所です。このスペースを作るには、快適で温かく迎えてくれる環境を整えてくれるようなあなたに合った雑貨や家具を作ることが大切です。

理想の読書スペースを作りたいのであれば、その空間と照明、家具に少しだけ意識する必要があります。言い換えると、この3つを意識すれば、家のどこにでもすぐに読書スペースを作ることができるでしょう。

リビングの読書スペース

リビングルームが広くソファやアームチェアがある、そしてあなたがそこで過ごす時間を気に入っているのであれば、そこに足りないのは読書の為のスペースのみです。これを機にあなたのためだけのパーソナルスペースを作ってみましょう。

窓辺の本

理想のスペースを決める

リビングの中で読書のスペースを決めて、座り心地がよく柔らかいアームチェアを選びましょう。肌寒い晩や冬の読書のためにクッションを2つと暖かい毛布を足してもよいですね。

照明は必ず!

読書スペースは日中は日の光が注いでいる事が大切です。その場所が窓に近ければ近いほど理想です。また、照明も大切です。家族が寝静まる中、夜更けまで読書をするのが好きな人には特に照明にこだわってください。

静寂と美しい照明、そして一杯の紅茶は、一人の時間を特別にしてくれます。

小さなテーブルを置く

読書スペースでお気に入りの本を読みながら暖かいお気に入りのお茶を一口すするのは至福の時でしょう。そばに小さなテーブルを椅子の隣に置いておけばそれが叶います。

 

箱やマガジンラック

マガジンラックや本をしまっておけるシンプルなまたは綺麗な箱は読書スペースにぴったりです。お気に入りの雑誌や新聞、本を置いておくこともできますし、椅子に座ったまま手に取りたいものも置くのも良いでしょう。

窓辺の読書スペース

自分だけの特別な読書スペースを作るとき、窓辺はとても実用的なスペースです。住んでいるのがアパートでも一軒家でも自然光が降り注ぐ美しい読書スペースになります。窓に近いので、日中読書する時間が取れれば窓辺は読書スペースに理想の場所なのです。

リラックスして過ごせるように、また背中を痛めずに後ろにもたれることができるようふかふかのクッションを置きましょう。その際は大きな毛布も忘れずにしてください。夜の窓辺の読書は冷たい外気が伝わってきますからね。

子どもの読書スペース

読書が好きな子どもがいれば、子ども部屋にその子の読書スペースを作ってあげてください。このスペースの作り方には独自性あふれる素敵な方法がたくさんあります。

小さなテント

家族のおちびさんには、邪魔されずに遊べて自分のスペースとなるテントが素晴らしい場所になるでしょう。子ども部屋にテントを組むのは、遊び場と読書スペースを作る本当に素晴らしいやりかたです。
テントには不要になったシーツや布が使えますし、おもちゃ屋さんで子ども用のテントを買うこともできます。また、形や大きさ、色が異なるクッションも用意しましょう。テントの中に豆電球を吊すのもよいアイデアです。

本を読んだ後にしまえる箱もあるとよいですね。本を読む時間を見つけてワクワクするストーリーに触れられるようにしましょう。

森林の中で読書  読書スペース

新しい技術にいつも取り巻かれているこの世界では、リラックスして心を鎮めることができる、そして創造的なことができるスペースを用意することが大切です。読書は心が正常に働き、1日のストレスを頭から溶かす一助になります。これが家の中の読書スペースが非常に大切となる理由です。

読書スペースがリビングであろうと寝室であろうと、はたまた子ども部屋であろうと、場所は問題ではありません。書斎がなくても、重要なのはあなたのお気に入りの物語と過ごして素晴らしい本を楽しみ、完全にリラックスすることです。