ワインのコルクを使った装飾アイディア4選

3 3月, 2019
コルクは、加工するのがとても簡単な素材です。ご自宅のオリジナル装飾アイテムを作ることも可能ですよ。

何か具体的な使い道があるわけでもないけれどワインのコルクを集めてしまう、という人はかなりたくさんいます。最初のうちは、ほんの少し集めるだけですが、量が増えてくると、「このコルクどうしよう」と考え始めます。そんな方のために、今回はコルクを使った装飾アイディアをご紹介していきます!

バーやクラブなどでは装飾品として使われることが多いワインのコルクですが、普通の家のインテリアにも取り入れることができるのです。

ワインのコルクは細長い円柱の形をしているおかげで扱いやすく、その使い道も様々です。ここからはコルクを扱うコツや、コルクを使ったインテリア装飾のとてもユニークなアイディアをいくつかご紹介していきます。

ご自宅でコルクを使うには?

コルクで何かオブジェなどを作るためには、コルクを違う長さ・厚さにカットする必要性が出てくることがあります。ですが、カットを始める前に、あるシンプルなプロセスを踏んでいただきたいです。

ワインのコルクを使った装飾アイディア4選

そのプロセスとは、コルクをしばらくお湯につけるというものです。お湯は沸騰させたものがいいでしょう。お湯が冷めたらコルクを取り出し、1分間おいて水気を切ってください。そのあとナイフで切ってみてください。コルクはお湯につけると柔らかくなりますので、ナイフの刃が簡単に入るようになりますよ。

口を酸っぱくして言いますが、使うのがどんなタイプのコルクだとしても、まずは柔らかくする、というのが鉄則です。コルクのタイプと言いましたが、それぞれのタイプは、弾力性や製造工程によって違ってきます。

圧縮コルク(安価なワインボトルの栓に使われることが多い)は、集めるのが最も簡単なタイプです。そのほか、合成コルクや高品質圧縮コルク、レギュラーコルク、天然コルクといった種類があります。

コルクを使った装飾方法とは?

ワインコルクを使って作ることのできるアイテムに際限はなく、あなたの創造力の許す限りなんでも好きなものを作ることができます。この記事では、マネしたくなったり、新しいものを作るときの参考になるようなアイディアをいくつかご紹介します。全てはあなたのクリエイティビティ次第ですよ!

1. コルクのカーテン

家の中の空間の間仕切りとして、パネルドアや屏風、プラスティック製または布製のカーテンを使う代わりに、コルクでできたカーテンを使ってみるのはいかがでしょうか?コルクはとても軽い素材ですので、鎖状に繋げたものをカーテンとして吊るすのはとても簡単ですよ。

ワインのコルクを使った装飾アイディア4選

一種類のコルクだけを使ってカーテンを作る人もいます。その場合、色も一色だけの仕上がりになります。一方で、アクリル絵の具でコルクに色を塗ってからカーテンを作る人もいます。そうすることで、より明るく、オリジナルなカーテンが出来上がるのです。

2. 多年生植物を飾ってミニガーデンに

コルクをお湯で柔らかくした後、輪切りにするのではなく、ポケットナイフを使って深めの穴をくり抜いてください。底が突き抜けないように注意してくださいね。そしてそこに土を入れ、小さな植物を植えてみましょう。

コルクは、多肉植物や多年生植物(別名センペルビウムまたはヤネバンダイソウ)、サボテン、またその他の植物を育てるのにピッタリな素材です。なぜなら、湿気を吸収して土がジメジメするのを防いでくれる素材だからです。植物を植えたコルクを装飾に使えば、ご自宅がナチュラルな雰囲気になりますよ。

ワインのコルクを使った装飾アイディア4選

3. 地図

コルクをいくつか使って、概略地図を作ることができます。コルクはそのままの大きさでも短くカットしても構いません。地図は、国の形でもいいですし、大陸や世界地図もいいでしょう。架空の国や空想上の土地を地図にするのも面白いかもしれませんね。想像力を働かせてみましょう!

国や大陸部分全体をコルクで埋めてもいいですし、外枠だけをコルクで囲むのでも構いません。でもその場合、コルクが何を表しているかわかりにくいかもしれませんよね?ですので、国や大陸部分の表面にはその他の部分と区別化できるようなものを貼り付けましょう。例えば新聞紙、キャンバス地、厚紙、布、ガラスなどがいいでしょう。

4. 様々な図柄

概略地図ではなく。動物などの図をコルクで作ってみるのもオススメです。クリスマスのトナカイや、カメ、家、木、星、月、電車、文字や引用句などもいいでしょう。そして、カーテンの時と同様に、コルクはそのままの色で使っても、アクリル絵の具で別の色に塗ってもどちらでもオーケーですよ。

 コルク 装飾

平らな作品を作って額に入れて飾るのもいいですし、いくつか大きさの違う立体作品を作ってみるのも面白いかもしれません。例えば小さい方の作品を棚に飾れば、ユニークな装飾アイテムとして活躍してくれるでしょう。

その他の装飾アイテムとして

今回ご紹介したアイディア以外でも、コルクを使えば色々なタイプの装飾アイテムを作ることができます。ラグや座布団、アームチェア、クッション、ランプシェード、シートカバー、ペンホルダー、テーブルクロス、キーホルダーなどなど、可能性は無限大です!