ヒートパック 手作り穀物カイロを作る5つのステップ

18 5月, 2020
ヒートパックは、痛みや腫れを和らげるのに最適な発熱剤で、冬の時期にも重宝します。

ヒートパックとは、穀物や豆などと、多くの場合芳香成分も一緒に袋に入れて発熱させるカイロで、寒い時期にはとても便利です。このカイロを使ってて筋肉や関節を温めながらその痛みを緩和することもできます。

ヒートパックは厳密にはインテリアの一部とは言えませんが、その美しさは見逃すことができません。多くの企業が、可愛らしい生地と創造的なデザインを使ったものを販売しています。

自分だけのヒートパックを手作りするには、完全にカスタマイズした自分だけのデザインを考えることが大切です。早速作業に取り掛かりましょう!

ヒートパックを作る手順

手作りヒートパックを作る5つのステップ 最初の手順

米をはじめとする穀類を詰めるのは人気のある方法ですが、米は実は最良の方法とは言えません。

米を詰めたヒートパックを使うと、しばらくすると変なニオイがしたり、虫が発生することがあります。このような理由から、今回は米を使うことはお勧めしません。

さらに、チェリーやオリーブの種を使う人もいますが、これも効果的ではありません。快適さをもたらす効果があるヒートパックですが、これは逆効果になる可能性があります。

1.材料を用意する

ヒートパックに使う材料をすべて用意します。コットン、リネン、ハギレ(単色または柄物)、または古いシャツなど、自宅にある布を使いましょう。

ヒートパック 手作り穀物カイロ

2.生地を準備する

作る前に、ヒートパックの形状をしっかりと決めてください。また、使用できる生地のサイズに注意してください。生地を切断する前に、必ず測定してください。

出来上がったヒートパックは、電子レンジで加熱するので、小さめのサイズで作ると便利です。

初めてヒートパックを作る場合は、中型の長方形の形状がお勧めです。サイズを測定したら、チャコペンを使用して、切る部分をマークして線を引きます。

生地に印をつけるときは、縫い代として1 cmを残してください。ヒートパックの前面と裏面用に、同じサイズの長方形が2枚必要です。

手作りヒートパックを作る5つのステップ 生地選び

3.生地を切って縫う

生地を切ったら、長方形を重ねて縫い合わせます。針と糸を使って手縫いで行うか、ミシンを使いましょう。

キビを入れるための開口部が必要になるため、パックの上の部分は縫わないようにしてください。両サイドと底辺を塗ったら、布を裏返しにして、縫い目が見えないようにしましょう。

ヒートパックは中に物を詰めるため、側面に圧力がかかる可能性があります。頑丈な縫い目になるように、しっかりと縫ってください。

手作りヒートパックを作る5つのステップ 生地を切る

4.ヒートパックに詰める

縫い目を再確認したら、キビだけでまずパックの85〜90%程度を詰めます。

必要に応じて、ラベンダー、サフラン、ローズマリー、またはユーカリを少し加えて、パックに香りを付けることもできます。キビを加熱するときに、芳香があると筋肉痛を緩和するのを助けるでしょう。

もう一つのアイデアとして、お気に入りのエッセンシャルオイルを少量、パックの内側に塗りましょう。

ヒートパックの中身 手作り穀物カイロ
5.パックを閉じて飾る

パックを詰めたら、上の部分を縫って閉じます。次に、スパンコール、ボタン、またはリボンなど自分の好きなようにヒートパックを飾りましょう。

ヒートパック 手作り穀物カイロ

その他の注意事項

電子レンジでパックを温めるときは、ヒートパックの横に、温水を入れたコップを一緒に入れて、燃えないようにします。また、パックは3分以上加熱しないでください。

今回ご紹介したように、ヒートパックを使用して、夜間にベッドを暖めたり、体の痛みを和らげることができます。