オレンジデザインでバスルームをフレッシュに!

23 3月, 2020
春が来ました。あなたのバスルームをオレンジデザインでフレッシュにさせるのにぴったりの季節です!

自宅のデザインをフレッシュにさせる方法は沢山あります。その中でもカラーリングは紛れもなく最もシンプルでベストな方法の1つだと言えるでしょう。さあ従来の見た目は忘れてオレンジデザインでバスルームを生き生きさせましょう!

家が古いか新しいかに関係なく、どんな家でも修復、改装は可能です。まず初めに必要なのはどうすればより素敵でフレッシュな見た目になるかを考えることです。そこで最適なのがカラーリングです。カラフルに彩られたデコレーションがあれば一気に印象が変わります。

バスルームは通常白が基調ですよね。しかしだからと言ってそれを変えていけないわけではありません。型にはまらず、住むのがより楽しくなるような新しい色のコンビネーションをあなたが創ってあげましょう。

緻密な色のコンビネーションを創る

オレンジデザインでバスルームにフレッシュに!-白と合わせたデザイン

オレンジという鮮やかな色を取り入れるのはためらうかもしれませんね。リビングや寝室に使うのは少しやりすぎかもしれません。コツとしては他の色と合わせてより繊細な見た目を創ることです。

オレンジなどのかなり明るい色は他の色とうまく合わせないと主張が強すぎてしまいます。なのでバスルームでは他の素材とのバランスを確立させることが重要になります。少し抽象的に聞こえるかもしれません。ですがバスルームは主張ある色を使い、革新的な見た目を創り出すのに最適な場なのです。やり方は沢山ありますのでご紹介しますね。

       違うことを恐れるな。創造性を解き放て。

オレンジデザイン:壁と家具

オレンジの壁に黒を合わせたバスルーム

壁にオレンジを使うと暖かく友好的な印象が出ます。その一方で他の色とのバランスを取らなければ少々圧迫感のある、閉所が苦手な型には居心地の悪い空間になってしまいます。さて、ではどうすれば良いでしょう?

  • まずはオレンジの壁を目立たせすぎないための対としてあなたのバスルーム器具を利用できます。例えば白いトイレとシンクです。これらが持つ混じり気のなさや清潔感はオレンジの壁の温かさを抑えてくれるだけでなく全体の重要なバランスを整えてくれます。
  • 他の選択肢としてはピスタチオグリーンがあります。小物や小さいな家具、またはシャワーカーテンなどに良いでしょう。これは部屋に自然の雰囲気を入れてくれ、白い器具を合わせればとても興味深い色の構成になるでしょう。
  • 黒も一つの選択肢です。装飾、床、その他の面にもオレンジの素材を抑える色として活躍してくれます。
  • そして最後にグレイを選択肢としてご紹介しましょう。これは他の色より定番ではありませんが床や他の面にも合わせやすい色です。ただし、目立ちすぎてしまわないよう注意が必要です。

床はオレンジにしても良い?

オレンジデザインでバスルームにフレッシュに!-床をオレンジに

床をオレンジにするにはさらなる注意を払い、適度な使用を心がけましょう。オレンジのタイルはその温かさと明るい感じが部屋に合うこともありますし、木のような美しさを演出してもくれます。

オレンジの中にも様々な明るさの違いがあります。床にベストなオプションは暗めのテラコッタトーンです。

言うまでもなく床、壁、家具、そして器具、その全てにオレンジを使用するのはよくありません。これは明らかにやりすぎであり、派手すぎて不快な見た目になってしまいます。

オレンジデザイン:小さな素材

オレンジデザインでバスルームにフレッシュに!-オレンジの小物

オレンジがよく合うのは壁や家具だけではありません。タオルや石鹸受け皿などの小さな素材も同じくらい効果的です。これらにオレンジを使用することでも部屋をフレッシュにさせることができます。

あるいはシャワーカーテン。色や模様を入れて楽しむのに絶好のアイテムです。シャワーマットとマッチさせればより素敵な見た目になりますよ!

最後に

いかがでしたか? オレンジには様々な使い方があります。最後に大事なことをもう一度。他の色と合わせて使用する、使いすぎを避ける。この2つを忘れずにオレンジデザインを存分に楽しんでくださいね。

  • Lluch, Francisco Javier: Arte de armonizar los colores, Barcelona, Imprenta de El Porvenir, 1858.