美しく庭を飾ろう!自宅の庭に最適な植物5選

9 1月, 2020
庭のテーマを決めて一貫性を保つためには、植物を購入する前に様々な点を考慮に入れる必要があります。住んでいる地域の天候や気温に適した植物で、自分の庭に合う植物を選ぶのは大変な作業です。

自宅の庭は、外からの人の目を含め、自宅の中でも最も多くの人の注目が集まる場所の一つと言えるでしょう。

どのような植物が自分の庭に合うのか考えたことはありますか?

今回は、幻想的な雰囲気を保ちながら、お手入れが比較的簡単な植物をご紹介します。

自宅の庭を多くの植物で美しく飾りましょう!

1. グラジオラス

グラジオラスは、東ヨーロッパおよび中央ヨーロッパ、中央アジア、およびアフリカ大陸の一部が起源の、アヤメ科グラジオラス属の植物の総称です。

長い茎と剣のような形をした細長い葉が特徴的です。

多彩な品種と色があるグラジオラスの花は、小麦の房のように成長します。

グラジオラスは夏と秋の花で、温暖な気候では常に開花します。

グラジオラスは多くの日光を必要とし、理想的な温度は25°C以下の温暖な気候です。

十分な排水がある土壌で、継続的に水やりを行う必要があります。

グラジオラスの花には、週に約1リットルの水やりを行うことをお勧めします。

グラジオラスの花を変色させて変形させる、小さな虫であるアザミウマに注意する必要があります。

害虫からグラジオラスを保護するためには、カルバリルやマラチオンなどの農薬を使用します。

グラジオラスは庭を美しくするのに最適な植物ですが、室内でも育つ植物です。

2. ゼラニウム

ゼラニウムは、ガーデニングや花を愛する人に人気の植物です。

驚くほど多様な気候に適応できる優れた夏の植物で、春の終わりから秋の始まりまで開花します。

白、ピンク、赤などの色があるきれいな花が咲きます。

美しく庭を飾ろう!自宅の庭に最適な植物5選 ゼラニウム

寒さの影響を受けやすいゼラニウムは、温暖な気候で最も成長します。

土壌には十分な栄養を与え、1日6時間以上の光を間接的に浴びる必要がありますが、直射日光はあまり好きではない品種です。

お勧めは、午後のほとんどの時間が日陰になる場所です。

一年で最も暑い時期である夏に花が咲き続けるためには、毎日の水やりが必要です。

3. ベゴニア

ベゴニアは、アメリカ大陸、アフリカ大陸、アジア大陸の熱帯および亜熱帯地域が起源の植物です。

魅力的な美しさがあるベゴニアの主な魅力は、その葉です。

花はとても小さいため、葉ほどは人々の注意を引きません。

やや繊細なベゴニアには、十分な水分が必要です。

非常に厳しい寒さがやってくる気候では、ベゴニアは室内で育てる必要があります。

温暖な気候では外での栽培が適しており、庭に素敵な色を加える植物になるでしょう。

ベゴニアは少しだけ日陰になる、十分な光が当たる場所で栽培してください。

今回ご紹介している外の植物と同様、十分な栄養がある肥沃な土壌と、風などをあまり受けない場所が必要です。

ピンクの花 自宅の庭に最適な植物

4. カリブラコア

カリブラコアとは、ベニチュア属からの分割でできた新しい種で、ペチュニアによく似た小輪の花を咲かせます。

カリブラコアは、ハンギングバスケット、ウィンドウボックス、バルコニーガーデン、そしてテラコッタ鉢など、吊り下げるタイプや植木鉢で栽培します。

茎は枝分かれして密生しています。葉はそれほど大きくない楕円形の濃い緑色で、触れると少しべたつきがあります。

開花には、1日12時間の十分な光が必要です。耐熱性に優れ、曇りの日でも花は開いたままです。

5. ジャスミン

ジャスミンは独自の香りを持つその花が人気の植物で、風の少ない日当たりの良い場所に最適な植物です。

ジャスミンは基本的に肥沃で排水のよい土壌を必要とします。

十分な光が当たる日当たりの良い場所に置くことが重要で、南または南東向きの直射日光が当たる場所に植えてください。

ジャスミン 自宅の庭に最適な植物

夏は気温が高いため、数日おきに水をやりましょう。冬の間の水やりは、週に1回で十分でしょう。

植物種の選択

今回ご紹介したように、お手入れが手軽な美しい植物は数多く存在します。

適切な植物を選ぶためには、住んでいる地域の天候や気温にあった植物を選ぶことが第一条件です。

自宅の庭を、多くの人が喜ぶ素敵な場所にしませんか?