住宅用太陽光発電を設置する際のアドバイス4

10 12月, 2019
住宅用太陽光発電に興味がありますか? ソーラーパネルと蓄電池を購入すれば、家で必要な電気を作ることができます。高品質な製品を見つけて、投資を最大限に生かし、日々の電気代を節約しましょう。

再生可能エネルギーは、電気代を減らすのと同時に環境保護にもなります。太陽光発電を最大限に生かす方法について、本日の記事の中でいくつかのヒントをご紹介します。

住宅用太陽光発電:未来とは今である

太陽光発電

家の屋根に太陽光発電を設置する家庭は年々増えています。再生可能かつ無限なエネルギーを生み出すだけでなく、大幅に電気代を減らすことができると認知されてきたからでしょう。

太陽光発電をするには明らかに初期投資が必要となりますが、将来的に浮いた電気代でまかなうことができます。

太陽光発電を楽しむのに、大富豪であったり、田舎に住む必要はありません。家にソーラーパネルを設置するだけで、電気会社からの電力に頼る必要がなくなります。

しかし、規制がある地域もあるので、単に好きなところにソーラーパネルを設置すればいいというわけではありません。違反の場合には罰金の徴収などが科せられる可能性もあります。そのため、まずは住んでいる地域の規制について調べましょう。

太陽光発電とは?

太陽光発電

ソーラーパネルが太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換することで、家の家電機器や照明に使えるようになります。

また、蓄電池もあると便利です。蓄電池では、一旦直流から交流へと電気を変換することによって電気を保存し、使用時には直流電気に再変換されます。

蓄電池には電気が保存されており、消費した分はソーラーパネルを通して充電されます。蓄電池がない場合には、太陽が出ている日中のみ以外は電気を使用することができません。また、曇りや雨の日は電気を作り出すことができないのです。

住宅用太陽光発電を設置するときのヒント

太陽光発電について検討している場合には、次のヒントを参考にしてみてください。

1.適切な場所にソーラーパネルを設置する

太陽光発電

専門家に相談し、ソーラーパネルを設置するのに最適な角度を見つけます。これで1年中太陽光発電をすることができます。

ソーラーパネルは、1日に少なくとも5時間日光に当たっている必要があります。曇りの日には、発電量は減りますが、電気を作り続けることはできます。日光を受けやすいので、屋根がソーラーパネルを設置する上で最も適した場所と言えるでしょう。

2.高品質な蓄電池を見つける

太陽光発電

ソーラーパネルと蓄電池を一緒に購入することが増えてきていますが、より大きな投資として大きい容量の蓄電池や高品質な蓄電池を購入することができます。例えば、テスラのホームバッテリーは、市場にある中でも最善の選択肢の1つです。

必要な蓄電池の大きさについては、あらゆる要素により異なります。例えば、家の大きさ、家電機器の数、家族の人数と電気の必要性、家で過ごす時間などについて考慮しましょう。通常、3LDKに家族3~4人で住んでいる場合には、1日あたり15kWhの電力が必要です。

3.規制について知る

太陽光発電

自由にソーラーパネルを設置して電気を蓄えることができればいいのですが、地域によっては規制があることがあります。問題を避け(また、大きな投資が無駄にならないように)、事前に規制について調べましょう。

地域によっては、小さなソーラーパネルのみ設置を許可しており、市民に太陽エネルギーと従来のエネルギーを組み合わせて使用することを奨励しているかもしれません。または、特別な許可を申請して、設置の前に手続きなどが必要になることもあります。

4.電気を無駄にしない

エネルギーの無駄

太陽エネルギーにしても、従来のエネルギーにしても、日々の消費を最小限に抑えましょう。部屋を使っていないときには電気を消す。使用後は家電機器のコンセントを抜く。外には自動点灯の照明を設置する。家中をLEDの電球に取り換える。これらの小さな積み重ねで、電気の消費量を減らすことができます。

家に電気を蓄えることは難しいことではありません。初期費用はかかりますが、設置したその日から多くのメリットをもたらしてくれるでしょう。