狭いスペースもそつなくオシャレにする方法

14 7月, 2019
狭いスペースを装飾しようとすると、やる気を無くしてしまうことがあります。そのスペースがあまりにも小さいと、置きたいものを全て置くのが不可能のように思えてしまうのです。しかし、実は不可能ではありません。必要なのは適切に整理することだけです。

狭いスペースをうまく装飾するなど、アートを作ることのように感じてしまうかもしれません。小さい空間に、ごちゃごちゃにならずに全てを配置するなど不可能に思えてしまいます。ですが、ほんの少しプランニングするだけで、解決できるものなのです

十分なスペースがあるのにも関わらず混み入っていて散らかっているように見える家をご覧になった覚えが何度かあるのではないでしょうか。しかし、同じ量のアイテムをもっと狭い空間に置いてみると、広々と感じられたという経験がおありではないですか。

大抵の場合、問題なのは空間が狭いことではなく整理整頓の甘さだということを忘れないようにしましょう。以下では、狭い場所を装飾する際に考慮すべきいくつかのポイントを紹介していきます。

“少ないほど豊かである(レス・イズ・モア)”

これをスローガンとしましょう。狭いスペースの場合、アイテムのサイズはアイテムの数よりも問題にはなりません。

もちろん、そういったスペースには小さめの家具を置きたくなると思います。もし装飾したいスペースがかなり不規則な形をしているなら、特注の家具を置いてみるのもいいかもしれません。こうすることで、空間を余すことなく有効に使い切ることができるのです。装飾が不可能に思われたスペースですら有効活用することができます。

また、1つ以上の機能を持つ家具を選ぶのもいいアイディアです。例えば、ソファベッド、布団、トランドルベッド 、そしてサイドテーブルなどは全て、空間を最大限利用するために便利です。IKEA製のこれらのアイテムなら、かなり役に立ってくれますよ。

狭いスペースもそつなくオシャレにする方法

おそらく、家具は小さい方が無難だろうと思われるでしょう。しかし必ずしもそういうわけではありません。そのスペースに合わせることができるものはほんの数点になるとしても、家具は大きなものでも良いのです。狭い空間に収納スペースを確保するというのもアリなのです。

装飾に関しては、ミニマリストのガイドラインに従うと良いでしょう。これが、スペース活用の第一の扉としてはベストな選択肢です。ミニマリスト流アプローチはどんな家でも上手く機能しますが、狭い空間に関してはさらに100%上手くいくという保証があります。

狭いスペースを装飾する時は、仕切りになるようなものは取り除こう

もしご自宅やアパートメントが小さい場合、普通その部屋の中にある物も小さくなると思います。ですから、仕切りになるようなものは取り除いた方が良い場合があるのです。例えば、部屋にあるパーテーションは取り払いましょう。また、壁を取り払って2つの部屋を1つの大きな部屋に変えてしまうのもアリですよ。

これが、オープンキッチンまたの名をアメリカンキッチン、の仕組みです。このキッチンは別の部屋とオープンに繋がっているのです。キッチンとリビングがどちらも小さいという場合は、オープンキッチンにすることで広々とした雰囲気にすることができます。

このとき、視覚的な統一感を維持することが非常に重要になります。例えば、キッチンにもリビングにも、床には同じタイルを使うようにしましょう。

オープンスペースのある家の代表格と言えば、ロフト付きの家でしょう。全てが、もちろん浴室は別ですが、同じ部屋の中にあるのです。ロフトはだいぶ小さな家の場合が多いですが、それでも広々として見えるのです。

オープンルームがあれば、開放感を得られるだけでなく、太陽光ももっと簡単に取り込むことができます。次のセクションでは、この点についてさらに詳しく見ていきましょう。

 

上手く光を集めることが大切

狭いスペースには、窓があまり無いことが多いです。これにより、閉じ込められているような感覚になってしまい、ある種の閉所恐怖症的な感覚に陥りかねません。ですので、取り込めそうな太陽光はなるべくたくさん取り込むようにしましょう。窓の無いスペースに光を取り込む方法の1つとして、間仕切りを上手く使う、というものがあります。

また、分厚すぎるカーテンを使うのはやめましょう。取り込める光の量が減ってしまいます。または、ちょうどいい位置に鏡を置く、という手もあります。そうすることで光を失わずにその場の雰囲気を変えることができるのです。太陽光には気分を高める効果があり、ご自宅内で快適に暮らしやすくさせてくれるということを頭に留めておきましょう。

そうは言っても、照明器具も必須でしょう。でも心配しないでください。人工の証明でも、あたたかで雰囲気の良い空間を作り出すことは可能です。様々なムードや場面に合わせられるように、照明の明るさを調節できるようにしましょう。特にディマースイッチがある場合はなおさら調節が楽になるはずです。

スペースは、隅から隅まで活用しよう

最後に心に留めておいていただきたいのが、スペースを最大限に活用することさえできれば、全てが実現可能だということです。ただそれらをどう配置していけばいいか考える必要があるだけなのです。普段は使わないような隅、壁、テラス、そしてバルコニーといったスペースが、狭い部屋にとっては重要な場所になってきます。

例えば、部屋の隅であれば、コーナーソファやエンドテーブルをそこに置けば活用することができます。こういったテーブルはいつでも役に立ちますし、とても実用的です。

壁に関しては、混み合った雰囲気になるのを避けるために、ある程度手をつけないでおくことが大切ではあります。とはいえ、あまりにも放置してしまうのもよくありません。棚や吊りかけ式の装飾品を使って壁にアクセントを付けてみましょう。どんな棚であれ、そこには物を収納することができます。狭いスペースでは収納場所がなくなってしまいがちだということを覚えておいてください。

もし運よくテラスやバルコニーがご自宅にある場合は、それを室内に取り込みましょう。これにより、リビングやキッチンあるいは寝室に少しスペースが増え、暖かな季節だけでなく一年中使えるようになります。

まとめ

ご覧の通り、狭いスペースを装飾する際は、何も置いていないように見える空間を作り出すことがカギとなります。開閉式のドアをスライド式のものに変えるだけでも、少なくとも1㎡のスペースを余分に確保できますよ。

これらのアイディアに従っていただければ、小さいけれどあたたかみがあってきちんと整った居心地の良い家ができあがるはずです。そして必要なものも全て置いておくことができます。狭いスペースを装飾する際に必要なのは、ただ綿密に計画を立て、上手く采配することなのです。