オープンキッチンを作ろう!:おさえておきたいポイント

18 1月, 2019
アメリカンスタイルのオープンキッチンを作るためには利用可能なスペースを最大限に活用し、キッチンとリビングの間に調和をもたらすことが重要です。

この記事では美しく高品質なオープンキッチンの作り方をご紹介します。

一般的に、オープンキッチンとはキッチンとリビングを組み合わせた空間を指します。

このデザインは元々アパート、ミニハウス、ワンルームマンション、ロフトなど、小さい家向けに作られたものでした。しかし、その概念は変わり、今ではこのようなキッチンは大きな家でも一般的になりました。

今では大変人気なデザインで、オープンキッチンにするために改装することだってあります。

 

オープンキッチン

利用可能なスペースの確認

アメリカンスタイルのキッチンといっても、それぞれ異なっており、たくさんの形やスタイルがあります。利用可能なスペースを正確に測定し、スペースを最大限に生かしましょう。

そして、具体的な完成図を想像してみましょう。これを思い浮かべることができれば、完成になるべく近づけるように最大限の力を発揮できるはずです。

また、オープンキッチンは小さな家で使われていたので家具をたくさん置くことができません。家具選びのときには実用的であるかを考えましょう!

視覚的連続性の維持

キッチンとリビングを組み合わせるには、双方の空間に急な変化がないよう、視覚的連続性が生まれるように意識する必要があります。

そのためには、仕切りや壁など双方の間にある視覚的妨げになる全てのものを取り除きましょう。この手順はオープンプランでの空間作りの基礎となります。

視覚的連続性を作る簡単な方法としては、キッチンとリビングどちらの床も同じにし、すぐに双方間に類似点を作ること。また、壁についても双方同じ壁を使うことがおすすめです。

理想的としては写真のように二つの空間を継ぎ目なく完璧に組み合わせることです。

オープンキッチン

長い朝食用のカウンターとカウンター用の椅子が、二つの空間の間に置かれることが多いです。このような要素を追加することで、一つの空間から他の空間へと急な変化なく、移動することができるでしょう。

または、スライド式ドアや大きな窓を加えることもできます。明かりが(自然光が望ましいです)入りやすく、視覚的な継続性を維持できるのでガラスの使用がおすすめです。

二つの空間を組み合わせることは大事ですが、キッチン用品はキッチンに本やマガジンなどその他のものはリビングに収納しましょう。収納場所については、用途に応じて場所を分けることが大事です。

収納場所の重要さ

オープンキッチンは、通常小さな家に見られることが多いため、利用可能なスペースを最大限に生かすことが重要となってきます。実用性のある家具のみに制限しましょう。

 

これを考慮して、食材や小さな道具を入れるために追加でキッチンカート、棚、食器棚を使うことをお勧めします。

また、アイランドカウンターを追加することで収納スペースを増やすことができます。キッチンは、通常スペースが限られているので、必要最低限のものだけとっておきましょう。それでも十分なスペースがある場合は、ダイニングテーブルを置くのも良いアイデアです。

オープンキッチン

オープンキッチンの長所と短所

オープンキッチンを導入する前に、短所があることもしっかり覚えておきましょう。長所と短所を比較し、それぞれを理解する必要があります。

  • 煙とニオイ:煙と料理のニオイがリビングまで届いてしまうのは、珍しいことではないので煙やニオイが届かないような工夫が必要です。出来るだけ、強い換気機能がついた品質のいい換気扇にお金をかけることがおすすめです。嫌なニオイを取り除くためにはキッチンパネルの取り付けもいいでしょう。
  • 壁紙:床と壁も含め、二つの空間の統一性についてはすでにお話しましたが、キッチンの壁は汚れや水しぶきにさらされがちです。ですので、改装の際には花崗岩、セメント、セラミックなどの素材の壁紙を選びましょう。
  • 騒音:これからはキッチンはリビングスペースの一部となります。キッチンで話している人がいれば、リビングで静かにソファーに座ってテレビを観ることは難しくなります。また、電化製品や換気扇の音も加わるので、購入前に品質を確かめましょう。

まとめ

今回紹介したアドバイスは役立ちましたか?双方間のスタイルを同じにさえしていれば、どんなスタイルにも自由に変えられます。

最後に、自然光を最大限にリビングに取り込むために照明を工夫してみましょう。二つの空間の敷居に沿って、照明を並べてつけることがおすすめです。または、天井から低いペンダントライトをぶら下げ、個性的で素敵な見た目を作り出すこともいいでしょう。あなたのお好みのキッチンを作ってみてください。