おしゃれなモノトーンのベビールーム4選

24 2月, 2019
モノトーンの部屋は退屈に思えるかもしれません。しかし、いくつかのポイントをおさえれば素晴らしい雰囲気を生み出してくれます。

赤ちゃんは適切な心理的成長と発達のために視覚的刺激を必要とします。また、統一感のある静かで落ち着いた雰囲気も必要です。これらは、赤ちゃんの部屋をモノトーンでまとめることで得られる多くの利点のほんの一部です。

赤ちゃんの部屋のインテリアを考える時、優しい愛情と注意を払ってすることでしょう。赤ちゃんが、彼、または彼女の人生の最初の瞬間を過ごす場所なのですから当然です。この部屋で赤ちゃんは多くのスキルを身につけて、個性を伸ばしていきます。最初の数ヶ月の間、赤ちゃんを取り巻く環境はとても重要なのです。

インテリアのトレンドはこの5年間で劇的に変化しました。その中で大きな復活を遂げたのが、モノトーンのインテリアです。特に子ども部屋のインテリアで爆発的な人気を誇っています。

たくさんのラグやタペストリーを飾ったり、色を使いすぎたり、ごちゃごちゃ飾りすぎたりする部屋はもう時代遅れかもしれません。今回はモノトーンのインテリアについて、そのアイデアも交えてご紹介します。

 

モノトーンのインテリアって何?

モノトーンというフレーズから1つの色で統一するのだと誤解されがちですが、そうではありません。モノトーンのインテリアは、貴重となる色を一つ決めて、その色の濃淡でまとめていきます。また、部屋が単調でくすんだ感じにならないように、中間色を取り入れて、奥行きと質感を出すようにします。

ピュアな色を基調としながら、補色を取り入れてコントラストを作り出せば、単色使いでもバランスが取れるのです。うまくバランスを取るには、類似色の基本を知っておく必要があります。インテリアの世界では、類似色を3つのタイプに分けます。

  • 寒色系:緑、青緑、青、薄紫
  • 暖色系:黄色、だいだい、赤、すみれ色
  • 中間色:クリーム色、茶、グレー、緑  白、黒、そして藍色も中間色です。
モノトーンのベビールーム

ベースのカラーを選び、中間色と合わせるだけで、おしゃれなインテリアに様変わりです。このような色の組み合わせは部屋を広く見せてくれるというおまけまでついてきます。

中間色のアイテムには色々あります。木の家具を置けば、自然な感じに中間色を足すことができます。また、クッションやラグなどのアイテムに補色を使えばポップな感じになります。

1. 白のモノトーンのベビールーム

モノトーンのインテリアで白を基調にするのは、少し勇気がいるかもしれません。正しく使わないと、単調で退屈な感じになってしまうので気を付けましょう。でも、アイボリーやベージュ系、淡いグレーと合わせれば、メリハリと奥行きのある部屋になります。床や天井が木製だったり、もしくはチャコールグレーや黒を少しだけ加えたら、さらに素敵な部屋になるでしょう。

2. ベージュのモノトーンのベビールーム

ベージュを基調にすれば、暖かく居心地のよい明るい部屋なるでしょう。合わせるのは茶系、白、ペトロールグリーンが最高でしょう。

3. グレーのモノトーンのベビールーム

赤ちゃんの部屋の壁や窓、カーテンを同じ色で統一したら素敵だと思いませんか?それにはグレーがオススメです。生地や塗料には様々な色合いのグレーが売っていますし、白の家具や木にもよく合います。

4.  緑のモノトーンのベビールーム

子ども部屋には、ベースカラーに薄い灰色がかった緑がオススメです。元気の出る色で、部屋を明るくフレッシュな雰囲気にしてくれますが、同時、静かで落ち着いた雰囲気もあります。この落ち着いた感じのインテリアは白系や木と相性がいいです。

モノトーン ベビールーム

まとめ

子ども部屋の最新トレンドは昔からありがちなピンクとブルーのデザインを否定しています。確かに、男の子と女の子で寝室のインテリアは違ってきます。モノトーンにまだ抵抗がある方は、部屋を引き立てるために、少しだけモノトーン調の物を足してみるといいでしょう。モノトーンで模様替えを決めたなら、強いトーンの色だけは避けてください。特にえんじ色や濃いピンクはお勧めできません。

赤みがかったピンクやバラ色ならば合うでしょう。常にシンプルが一番ということを忘れないでください。それがインテリアの鉄則です。

赤ちゃんの部屋をモノトーンでまとめるには、色や素材について、たくさんのことを考えなくてはいけません。しかし、統一感と清潔感のある部屋は親も子どもも気に入るオシャレな部屋になることは間違いありません。