夏物の衣類:夏に備えて整理整頓するコツ

14 6月, 2019
さあ、夏が近づいてきましたので、そろそろ衣類の衣替えをする時期です。この記事では、夏に備えて完璧に整理整頓するためにコツを伝授します。

今回の記事では、夏物の衣類を整理整頓する時に気に留めておいていただきたいコツをいくつかご紹介します。できる限り先延ばしにしていても、やらねばならない時が遅かれ早かれやってくるのです。

とはいえ、冬物から夏物に衣類を衣替えするとついに決めたなら、お持ちの衣類をこの機会に選別してみるといいでしょう。ご自身に次のような質問をしてみてください:この服は今年一回でも袖を通したっけ? これまだ着られるかな? 今お店でこれと同じ服を見たら果たして私は購入するだろうか?

もしこれらの質問に対する答えが「NO」なら、そういった服は処分してしまうのが懸命です。衣類は寄付したりリサイクルしたりすることもできますH&Mの”衣類回収プログラム”を利用するのも一つの手です。

また、季節の変わり目はクローゼットを一新するのに理想的な時期です。以下では、いくつかコツやアイディアをご紹介しますので、作業が永遠に終わらない、という事態にはならずに済みますし、効率的に夏物の衣類を整理することができるでしょう。

冬物の衣類をクローゼットの上部の方へ移動する

冬物の衣類を片付けようと思うと、あまり自由に使えるスペースは残っていませんよね。冬物の服というのは夏物よりも多くのスペースをとってしまうのです。

夏物の衣類:夏に備えて整理整頓するコツ

もう使わないであろう冬物の衣類を選び終えたら、それらを透明なボックスかプラスティックのケースに収納することをお勧めします。(コートやスーツ、長ズボンなど)

こうすれば、手持ちのアイテムをもっと簡単に確認することができます。これには少し時間がかかってしまうかもしれませんが、衣類はある特定のやり方で、次の季節の変わり目に備えて整理するのがお勧めです。次にまた衣替えをする際に、これをしておいてよかった、と思えるでしょう。

例えば、服のタイプや色によって分類して整理するのもいいでしょう。帽子やスカーフ、手袋、その他のアクセサリー類専用のボックスを作ることもできます。

作業が終わったら、冬物の入ったボックスはクローゼットの一番高いところあるいは別の収納スペースにしまいましょう。そうすれば邪魔になりませんし、必要なスペースを取られる心配もありません。

夏物の衣類を整理する:衣類をカテゴリー別に分ける

ちょっとバカバカしく聞こえるかもしれませんが、やって損はありません。衣類をタイプごとに分けましょう :Tシャツ、シャツ、ジャケット、ズボン…

もしあなたがかなり整頓好きな方なら、もっと細かく分類するのもいいでしょう:タンクトップ、半袖、など。物の衣類はお好きなだけ整頓していただくことが可能です。

Tシャツやズボンはシワにならないので、棚に積み上げておくことができます。一方で、シャツやスカート、ワンピースなどはハンガーにかけるなどシワができるのを防ぐべきでしょう。

しかし、衣類をハンガーにかける際は、1つのハンガーにかける服は1着だけにしてください。無駄遣いのように思えるかもしれませんが、このほうがそれぞれのアイテムを見つけやすいのです。また、視覚的にも秩序立って見えます。

シーズン中の衣類用のスペースの確保もお忘れなく。これらは今後も使い続ける服です。

色別に衣類を分類する

夏物の衣類を整理するとなると、明らかにこれは一歩先を行くことになります。それぞれの衣服を確認しやすくすることに加えて、秩序とバランスの感覚を生み出してくれるのです。

大げさに思えるかもしれませんが、衣類がこのように整理されていると、かなりだらしのない人であってもある種の安心感と落ち着きを感じるはずです。

1つのやり方としては、子どもの頃学校で使っていたような色相環に従って服を分類するという方法があります。

夏物の衣類:夏に備えて整理整頓するコツ

また、このシステムがあれば、否応無しにもっと整頓に気を使わざるを得なくなります。なぜなら服をクローゼットに戻す時はいつでも、特定の場所に戻すことになるからです。

靴やアクセサリー類用のスペースを残しておく

最後に、アクセサリー類についてお話しさせてください。これらの重要性は見過ごされがちですよね。

もしクローゼットが十分大きいなら、中にシューラックを置くことができます。そうすれば寝室のスペースをもっと有効活用できますよ。

シューラックの高さは中くらいか低いくらいがいいでしょう。ただ、もしドレッシングルームがあるなら、一番下から一番上まで靴を置くスペースとして利用することが可能です。

夏物の衣類:夏に備えて整理整頓するコツ

アクセサリー類に関しては、全てが手元にあり、視界から出ない範囲に保管するように心がけてください。

このために、フック付きの垂直のパネルをお選びいただくのがいいでしょう。これによりベルトやハンドバッグ、ネックレスなどそれぞれを掛けておく場所ができます。従って、簡単に目当てのものを見つけることができますし、絡まり合う心配もありません。

バッグに関しても、同じようにしてください。サイズや色にしたがって棚の上に並べたり、もしくはクローゼットの扉の内側のホックに掛けるなどしましょう。

下着やビキニ、水着に関しては、縦型の衣紋掛けや小さな区切りのあるタンスに収納するのをお勧めします。こうすると全てが容易に整頓できます。

まとめ

ご紹介したコツがご自宅の夏用衣類の整理整頓に役立つことを願っています。もしあなたが整理整頓好きな方なら、全てをきちんと整理しておくのは難しいことではないでしょう。

もちろん、衣類が少なければ整理するのももっと簡単になります。もっと夏らしい雰囲気を演出するために、花輪のようなものを飾るのもいいでしょう。最後に、クローゼットの中で使う用の装飾アイテムも数多く存在することを覚えておいてください。これらを用いれば整頓ももっと簡単になりますよ。