木製家具の復元:よくある間違いと注意点

12 2月, 2020
木製家具を復元するときによくある、一般的な間違いを避ける方法について学びます。

古い木製家具に新しい命を吹き込むための、リストアと呼ばれる復元作業について考えていますか?

今回の記事では、復元作業を行う時に避けるべき間違いをご紹介します。

「変身したい!」と叫んでいるような古い家具が家にあるかもしれません。

スタイルが古くなった家具や、丁寧に手入れをしなくて古くなってしまった家具など、理由が何であれ、今こそ、それぞれの家具にふさわしい復元を行うときです。

最高の状態ではなくなってしまった家具や単に部屋の雰囲気を変えたいときなど、復元を考える理由はさまざまです。

完全な家具の復元を考えている時や、単に家具の外観を修繕したいだけのときなど、どちらの場合にも参考になる、家具の寿命を伸ばす方法をご紹介します。

古い家具の復元は、基本的なルールに従えば、お金をかけずに自宅で簡単に行うことができます。

今回の記事では、古い家具を復元する時に避けたい間違いや注意点について説明します。

木製家具の復元:よくある間違いと注意点 サンディング

1. サンディング

木製家具を復元するときの最初のステップがサンディングと呼ばれる作業です。

タンス、ドレッサー、テーブルなど、復元の最初の段階で、家具をどこまで磨くかが仕上がりに大きな影響を与えます。

サンディングは、穴などの結果や破片などを取り除きながら、家具の表面全体を滑らかにそして平らにします。

サンディングが終わり手で家具を触ると、何かに引っかかることなく左右に手を動かすことができるでしょう。

サンディングの行程は、塗料やワニスを塗る際の作業に影響を及ぼします。

サンディエングにおいては、適切な種類のサンドペーパーを選ぶことが大切です。

手動で使用するものもあれば、サンディングマシンと呼ばれる機械もあります。

どのような方法でサンディングを行うかに関係なく、サンディングは木目に沿って行う必要があります。

塗料やワニスを塗る際には、それぞれの層に塗った後、木材を軽くきめの細かいサンドペーパーで磨くことを忘れないでください。

2. 家具のクリーニング

家具にニスや塗料を塗る時には、家具のクリーニングを完全に行う必要があります。

家具についた汚れなどを完全に取り除かないと、塗装やニス塗り、またはその両方を行う際に失敗する可能性が高くなります。

木製家具の復元:よくある間違いと注意点 紙やすり

最初は、木材についたホコリを取り除きます。様々な製品が市販されていますし、手作り洗剤を作ることも可能です。

ホコリを全て取り除いたら。湿らせた布で拭き取ります。木材が完全に乾くのを待ってから、ペイントとニスを塗り始めます。

家具を完全に復元した後も、定期的なクリーニングを続けて良好な状態に保つ必要があります。

家の掃除するときは、家具のホコリも徹底的に取り除きましょう。

3. 塗料やニスが乾くまで待つ

より自然な外観に仕上げたいときは、ニスを使用しましょう

木材を損傷から保護するようために必要なニスは、サテン、マットまたは光沢仕上げなどの種類があります。

家具の外観を完全に変更したい場合は、最初に家具に塗装を行い、その上からニスを塗ります。

それぞれの行程では、乾くのに十分な時間を取る必要があります。

乾燥の時間をしっかり取らないと、塗料がうまくつかなかったり何らかの欠陥が生じて、家具の外観が損なわれます。

家具をペイントするお勧めの方法は、壁にも使用できるツートンスタイルです。ヴィンテージ、レトロ、そしてシャビーチックスタイルが好きな場合は、家具に色を塗った後、アンティークな外観や色あせた外観を作り出すことができます。

4. 復元の作業場所の選択

最後に、家具の復元作業を行うときは、に適切な場所を選ぶことが大切であると注意を喚起したいと思います。

家具を復元するときは、換気の良い場所で作業を行うことが大切です。

木製家具の復元:よくある間違いと注意点 作業をする場所

塗料とニスのニオイはかなり強力なので、可能であれば、ドアが開いているか窓のある部屋など、換気の良い場所ですべての作業を行うようにしてください。

外で作業をする場合は、庭やテラスが直射日光にさらされないことを確認してください。

太陽の光が乾燥までの時間に影響を及ぼすため、全体的な外観を損なう可能性があります。

換気の良い日陰で作業を行いましょう。

また古い家具に使われている材質の品質によっても、復元の最終的な仕上がりに差が出ることに留意してください。