家を早く効率的に掃除するための6つのヒントとは?

3 8月, 2019
家の掃除にはどうしても時間がかかっちゃいますよね。しかし、いくつかのヒントを覚えておけば、午前中または午後の間に家をとてもきれいにすることができますよ。

きれいな家に住みことが嫌いな人はいないと思いますが、掃除する時間は限られています。だからといって、きれいな家に住むか週末全てを掃除に費やすかを選ぶ必要はありません。今日の記事では、家をきれいに保つための早く掃除をするヒントをご紹介します。

 

早く、効率的に掃除をするには?

簡単な掃除では家をきれいにすることはできない、またはきれいに保つためには毎日掃除をする必要があると思っているかもしれません。しかし、それは事実ではありません。完璧な結果を得ながら、効率よく掃除する方法をご紹介します。

1.元の場所に戻す

全ての物が元の場所に片づけられていれば、家の掃除はより簡単になります。そのためには、使用後に元の場所に戻すことを習慣づけましょう。食べた後には、お皿を洗います。シャワーを浴びた後には、服を洗濯かごに入れて、タオルは干します。家に帰ったら、クローゼットにコートをしまいます。

片づけられていることで、掃除をしている際に手間が省け、代わりに掃除に集中することができます。

掃除 ヒント

2.濡らした雑巾でほこりを取り除く

家具や家の隅にほこりがたまることから逃れることはできません。毎日掃除をしても、常にほこりはそこにあります。しかし、少々の間ほこりを寄せ付けないようにするために、石鹸水で濡らした雑巾でほこりをふき取ることがお勧めです。また、家具にワックスを塗ることで、ほこりや他の粒子が蓄積することを防ぐこともできます。

3.窓は定期的に綺麗にする

窓や鏡の掃除はとても時間がかかりますが、たまにだけ窓掃除することは間違いです。1年中のほとんど窓を放置するのではなく、毎週または2週間半ごとに窓の掃除を行えば、汚れを取り除くのがより簡単になります。

窓をきれいにするための最善の方法は、温かい石鹸水と雑巾を使って窓を拭き、その後丸めた新聞紙で拭き取ります。これで窓がピカピカになるでしょう。

掃除 ヒント

4.浴室とキッチンの掃除に焦点を当てる

家の掃除は複雑な仕事ではありませんが、ある程度の集中力が求められます。常に細菌が存在するところ、浴室とキッチンは特に焦点を当てて掃除をしましょう。

この2つの部屋を清潔に保つためには、特別な注意を払う必要があります。まず初めに、きれいな状態を保つために習慣を変えることから始めましょう。例えば、シャワーの浴びた後に排水溝から髪の毛を取り除いたり、トイレの使用後にトイレブラシを使って汚れを落とすことです。

キッチンに関しては、使用後に食器、調理用具、鍋やフライパンなどを洗うことで、きれいなキッチンを保つことできます。さらに、調理後にはカウンタートップやタイルを拭くのも得策でしょう。

何もこぼしたり、汚したりしない限りは、オーブンや冷蔵庫の念入りの掃除は15日または1か月ごとに行うことがお勧めです。汚れている場合には、毎日の掃除と共にきれいにしましょう。

5.輝く床

掃除 ヒント

ほこりやパンくず、犬の毛などの粒子を取り除くために、毎日(または1日おきに)床を掃きましょう。毎日掃き掃除をすることで、大掃除の日にモップをかけることが簡単になります。ペットを飼っているようであれば、掃除機の使用がお勧めです。

モップがげには、スーパーや他のお店で販売されている洗浄剤を使用することができます。より自然に優しいものを探しているようであれば、酢、レモン、そして水を混ぜたものが洗浄剤の代わりになります。きれいにしてくれるだけでなく、殺菌効果もあるのです。窓を開ければ数分で臭いは消えるので、臭いの心配はありません。

6.月に1回の大掃除

家を掃除するよりもやりたいことはあるかと思います。しかし、月に1回は家を隅々まで綺麗にするために、午前中または週末を掃除に費やすべきでしょう。

通常掃除する機会が少ない、カーテン、ソファ、子供のおもちゃ、冷蔵庫、オーブン、クローゼットの中などの掃除が必要です。月に1回の大掃除をすることで、毎日の掃除を簡単にしてくれます。