防音対策のヒント

27 11月, 2019
外からにしても他の部屋からにしても、騒音は家で直面する主な問題のひとつです。

騒音はほとんどの家で一般的な問題です。その一部は、車や窓のそばを通り過ぎる人など外部からのものです。特にアパートでは、内部からの騒音もあります。隣人の叫び声、家具を動かす音、またはトイレを流す音を聞かなくてはなりません。これでは家の防音対策をしたくなるのも当然でしょう。

家にいるときには、騒音は迷惑でしかありません。頻繁に起こったり、睡眠の妨げとなり頭痛やストレスをもたらしている場合には、余計にそう思っているでしょう。しかし、ご紹介する防音対策のヒントをご参考にしてもらえれば、この問題を解決することができます。これ以上待つ必要はありません。

防音対策のヒント

1.空気層がある窓を設置する

防音対策

多くの外部からの騒音は、窓を通して入ってきます。騒音を遮断できる高品質な窓の設置を考慮してみてもいいかもしれません。特に騒音の多い地域に住んでいる場合には、空気層がある二重窓を設置するべきでしょう。

これらの窓は従来の窓よりも高価であることが多いですが、高品質で非常に効率的なので、間違いなくお金の価値があります。また、設置する窓の種類についても考慮してみましょう。スライドして開ける窓は、引いたり押したりして開ける窓よりもより騒音を取り込みがちです。

2.二重天井

防音対策

騒音が上から聞こえてくるのであれば(上の階の住人、寝室など)、二重天井を設置することができます。いくつかの種類がありますが、一般的には設置が簡単で安価です。音響フォームやポリウレタンなどの防音材で空間を埋めることができるので、とても効率的な解決策です。

この簡単な解決策によって、上から漏れる歩く音、叫び声、家具を動かす音を遮断することができます。しかし、上の住人と話し、知らせることなくリフォームを行うのはやめましょう。上の住人に騒音について伝えて解決するのであれば、二重天井を設置するまでしたくないでしょう。

3.布は防音の味方

防音対策

ここまでは、家に設置工事が必要な防音対策のみご紹介してきました。しかし、より簡単で安価な選択肢もあります。気づかないうちにすでにいづれかを行っているかもしれません。

布は音を吸収してくれます。時には、幅広で分厚い敷物を壁にかけるだけで、非常に効果がある場合もあります。カーテンも音を吸収してくれますが、織物に比べるとそこまで適していません。壁沿いに幅広なソファや本棚を置くことも効果的でしょう。

そのため、防音対策としてインテリアの使用がお勧めです。家に新しい見た目を与えるのと同時に、外からの騒音を遮断してくれます。例えば、リビングの壁に大きな織物を飾り、布張りのシェーズ・ロングソファを置けば、視覚的にも騒音対策としても大きな影響を与えてくれるでしょう。

4.効率的に防音対策をするために二重壁にする

二重壁 防音対策

二重壁にすることは、より思い切った防音対策のひとつです。おそらく最も効果的な解決策ですが、多くのスペースを必要とします。そのため、騒音が本当に耐えられず、日常生活に支障をもたらしている家のみにお勧めです。

どれくらいのスペースが必要であるかは、使用するマテリアルによって異なります。通常は、約5~10センチ幅です。十分なスペースがあるようであれば、良いアイデアでしょう。しかし、小さな家に住んでいる場合には、貴重なスペースを使うことになってしまいます。

その場合、どれだけ騒音に悩まされているのかとどれだけのスペースがあるのかを比較検討する必要があります。それぞれの人々の状況は異なるので、あなた自身の状況を判断し、決断を下す必要があるでしょう。