石を使ったデコレーション

7 10月, 2019
自然はインテリアアイテムとして活躍してくれ、とても幅広い役割を果たしてくれます。石や小石はその好例です。

自然素材を使ったインテリアには、川にあるような石や小石がよく使われています。とてもシンプルですが適切に使えば非常に効果的です。

石の中には形や素材によってはそれ自体オブジェのようなものもあります。ですが自然なものからアーティスティックに自分で手を加えること、そこにセンスが現れると言えるでしょう。

つまり、石に新たな目的や使い道を与えることで、石や小石の新しい側面で家全体のインテリアにまで変化を与えることができるのです。どんな石でも使えますが、川にある石はいろんな形のものを見つけるのも簡単なので一番人気があります。

川にある石:自然なタッチ

石を使ったデコレーション

植物や木のようにデコレーションとして自然なタッチを取り入れるられる要素はたくさんあります。川にある石や小石は庭やアウトドア用だけではなく家の中でも使うことができます。

マイケル・グラブは石や小石を使って「グラビティグルー」といった石積みアートシリーズを作っているアーティストです。グルー(接着剤)という言葉が使われていても、接着剤が使われているわけではありません。石の重さのバランスのみによって複数の石が一つの形にくっつけられているのです。

グラビティグルーのようにただの石をアート作品に変えられることができるなら、あなたでもできます。必要なのはやる気と創造性だけです。それさえあれば誰でも美しいデコレーションアイテムを作ることができます。もちろんサイズや色、手触りは自分にあったものを選びましょう。

気をつけること

ではどうやってインテリアに石をデコレーションとして取り入れたらいいのでしょうか? 石は外にあるものだから家の中に置いてもマッチしないんじゃないか、すでにある空間を壊してしまわないか、などと疑問がわきますよね。以下のことに留意しましょう。

  • 石のデコレーションはただアクセントをつけるだけなので、メインのデコレーションアイテムとはなりません。デコレーションのために石を使うならインテリアがほぼ完成している状態で始めましょう。
  • 大きい石より小さい石から始めると簡単です。
  • おもしろい形や色の石を使いましょう。パッと見つけたものを使わずに、目的は美しいものを作ることにあるので、目を引くような魅力的なものをじっくり選びましょう。
  • 石はデコレーションだけでなく紙の上などにおく重しとしても使えます。
  • 変わった形の石を探しましょう。丸っこいものや尖ったもの、幾何学的な形のものを探してみましょう。
  • 自然な形の石はおもしろいデコレーションを作るのにとても役立ちます。

デコレーションとして使う

水の影響で川にある石の表面は滑らかなものが多いです。もし大きい石を使うなら上に小さな石を置く台座としても使うことができます。

川にある石や小石はガラスのボックスに入れることもできます。こうすることで普通とは違う見た目になるので部屋に自信や格が出てきます。そうしたディスプレイはきっとゲストの興味を惹くことでしょう。

石を並べて形を作るようにお皿や壁に並べて一定のパターンを作ることもできます。

白い石を黒やゴールド、シルバーの背景に置く人が多いですが、ボウルや容器の中にディスプレイすることもできます。

石を使ったデコレーション

ガーデンデコレーション

もちろん川にある石や小石は植木鉢や道などの外のスペースをデコレーションすることもできます。もしメンテナンスが大変で植物の数を減らそうと考えているなら石や小石は空いたスペースを埋めるのにとっても使い勝手がいいです。

実際に石や小石は庭にあるのが一番合っています。家の中で一番不自然でない場所が庭でしょう。

直線にしたりサークルを作ったり層にしてみたり、石の使い方はたくさんあります。海外でもトレンドの禅ガーデンとも相性が抜群です。

石や小石がデコレーションアイテムとしてとても役に立つことは誰も否定できません。あなたがしなければならないことはあなたのクリエイティビティを存分に引き出すことです。