排水口の臭いの原因と解決策

27 10月, 2019
排水口の臭いを取り除くのと同時に、そもそもの原因についても知る必要があります。そうすれば、将来再発するのを防ぐことができるでしょう。

家の最も一般的な問題の1つは、汚い排水管です。排水口の臭いを取り除くのは思っているよりも簡単ですが、再発を防ぐことで、長期的な衛生管理に責任を持つことを意味します。

もちろん、排水管のつまりや汚れは、掃除不足のみによって引き起こされるわけではありません。日常的に使用することでさまざまな汚れが蓄積し、排水管をカビやその他の破片などで満たしてしまうのです。この記事では、排水管のつまりや汚れを防ぐ方法についてご紹介します。

排水口の臭いの原因

排水口の悪臭は、下水道や家の中のパイプの中から発生している可能性があります。使用頻度に関係なく、遅かれ早かれパイプが詰まり、不快な臭いがあがってきてしまうのです。

最初のステップは、排水口の臭いの原因について見つけることがです。そうすることで、将来再発を防ぐことができます。

1.排水口の臭い:石鹸と洗剤

排水口の臭い

最近の洗剤はこれまで以上に強力であり、高濃度の化学物質が含まれています。石鹸、洗剤、洗浄液の残りかすがパイプに蓄積し、時間が経つにつれて悪臭を放つようになります。これを回避するには、より自然な洗剤を使用するか、または少量の洗剤を使用することです。

2.よどんだ水

排水口の臭い

パイプにある一部の水は完全に排水されず、よどんだ水が溜まっています。そこに熱、洗剤、食べかすが加わり、臭いを放つ細菌が作られます。

3.パイプの劣化

排水口の臭い

湿気、カビ、材料の自然劣化が原因で、時間とともにパイプは劣化する傾向があります。これが排水口の臭いの原因となり、家全体に広がります。この場合、新しいパイプに取り換えることを検討するべきでしょう。

4.食べかす

排水口の臭い

食べかすは、排水口の臭いの主な原因の1つです。調理したときやお皿を洗ったときに、排水管の中に食べ物が入ってしまうことがあります。この食べかすのほとんどは完全に流されることなく、代わりにパイプを詰まらせます。そしてすぐに腐敗し始め、キッチンシンクから悪臭を放つようになるのです。

浴室でも髪の毛によって同じようなことが起こります。これを回避するには、排水管に余計なものが入ることを減らすために目皿を使用することが重要です。

排水口の臭いを取り除く方法

排水口の臭いを取り除き、パイプをきれいにしてくれる自家製レシピをご紹介します。

1.ホワイトビネガー

ホワイトビネガー

このレシピはパイプの詰まりと臭いを取り除いてくれます。必要なのは、ホワイトビネガー1カップ、水1カップ、重炭酸塩大さじ5杯です。

水とお酢を鍋に入れて、沸騰するまで加熱します。火からおろし、重炭酸塩を加えます。よく混ぜて、温かいうちにキッチンシンク、浴槽、または他の問題のある排水口に注ぎます。約30分は水を流さずに、効果があらわれるのを待ちましょう。

2.ベーキングパウダー

ベーキングパウダー

これは迅速で、シンプルで、効率的な自家製レシピです。やるべきことは、ベーキングパウダー大さじ1杯を流しに入れ、一晩待つだけです(この間、水は流さないでください)。

3.コーヒー

コーヒー

コーヒーは排水口の臭いのための最も人気な解決策の1つです。この方法の良い点は、古いコーヒー顆粒を使用できるので、コーヒーが無駄にならないことです。単に捨てるのではなく、一般的な家庭用品を再利用できる優れた例でしょう。コーヒーを排水口に注いだ後、数時間は水を流さないようにします。

しかし、これらの自家製レシピでは十分でないこともあり、専門家に依頼する必要があるかもしれません。より頑固な詰まりのための専門的な道具と製品で解決してくれるでしょう。