ティーンエイジャーの部屋をオシャレにする3つのアイデア

25 1月, 2019
ティーンエイジャーの寝室はスタイルがそれぞれあります。今回は、ティーンエイジャーのお子さんを持つ方に、彼らの寝室をオシャレにするためのいくつかのアイデアをご紹介します。これでお子さんの部屋が10点満点の仕上がりになりますよ。

思春期を迎えるティーンエイジャーの寝室・部屋は他の部屋とは全く異なります。なぜなら使用者が私たち親ではなく、子どもだからです。

思春期が成長の過程においてとても重要なステージであることは明らかです。10代の少年少女たちは、身体的にだけでなく認知の面でも変化を経験します。考え方や感じ方が変わっていき、見た目だけではわかりにくいですが、自分の部屋に対する捉え方も常に変わり続けるのです。

彼らの考え方や物事の捉え方がどんどん変わるという事実を理解するのはとても重要なことです。そこで今回の記事ではティーンエイジャーの寝室のインテリアについて、いくつかアイデアを紹介してあなたをお手伝いします。

ティーンエイジャーの寝室はなぜ他の寝室とそんなに違うのでしょうか?

思春期は子供から大人に成長するための足がかりとなる時期なので、ティーンエイジャーはたくさんの身体的・社会的・認知的変化を経験する年代なのです。

様々な物事に対する捉え方が変化していく中で、最も顕著なものの一つが自分部屋・寝室に対する捉え方の変化です。

子供時代では、寝室は新しい経験や発見、そして何より休んだり成長するためのあたたかな場所、と言うイメージでみられています。

それが思春期に近づくにつれ、寝室はいわば避難所、あるいは「なわばり」とでも呼べるような、自由になれる場所へと変わるのです。寝室を自分好みのスタイルに装飾することは、自分自身の表現でもあります。

さらに言うと、ティーンエイジャーの寝室というのは、休んだりリラックスしたり、インスピレーションを得たり、また友達と会ったりする場所にもなっていきます。

ですがそれだけではありません。遊ぶのに費やしていた時間はグンと減り、代わりに学校の勉強や課題をする時間が増えるので、学業用のスペースを確保することも重要です。

あなたのお子さんが男の子か女の子かは関係ありません。なぜなら、ほとんどのティーンエイジャーが、同じ過程を経て成長していくからです。

さらに重要なのは、ティーンエイジャーの寝室は何にでも使える場所であるべきだということです。これは部屋の大きさとは関係ありません。ただスペースをうまく使い、それぞれのスペースの区切り方に気をつければよいだけです。

思春期は成長の時期なので、寝室を創造力や個性を育むような場所にしてあげることは重要です。

ティーンエイジャーの寝室 部屋

アイデア1: 部屋の区分け

先ほど述べたように、ティーンエイジャーにとって寝室は単に眠るためだけの場所ではなく、勉強したりくつろいだり、友達と過ごすための場所でもあります。

そのため、お子さんの寝室を用途ごとに区分けすることが重要です。

例えば、勉強するためのスペースを確保するのはとても大事です。

アルコーブ(壁の一部の凹んだスペース)など、部屋にもともと存在する空間を勉強スペースにあてることができます。もしくは、十分な広さがある場合は勉強机を新たに買ってあげるのもよいでしょう。

また、ティーンエイジャーは自分たちの部屋で友達と過ごすことが大好きなので、寝室の中にリビングルームのようなエリアを作ってあげることもできます。

部屋のサイズ次第ではありますが、ソファや小さなコーヒーテーブル、またはビーンバッグチェアがあるだけでもよいのです。

また、お子さんの好きなものや興味のあるものから着想を得て、彼らが趣味に没頭できるようなスペースを作ってあげるのもいいですね。

例えば、読書が好きな子のためには、リビングエリアを作る代わりに「読書コーナー」のような空間を設けるのがオススメです。

ビーンバッグチェアをいくつか置いて、ブランケットやクッション、本棚を揃えれば、ユニークで魅力的な読書コーナーの完成です。

別のエリアを区分けするにはカーペットやカーテン、屏風などを使うといいです。

ティーンエイジャーの寝室をオシャレにする三つのアイディア

 

アイデア2:壁

どの部屋でも壁は重要な要素ですが、彼らの部屋では特に大切です。

一番忘れないでほしいポイントは、壁をエネルギー溢れるものにしてあげることです。

そのためには壁の色青やピンク、緑、オレンジ、落ち着いた黒系の色など薄めの色より、明るい色にしてあげましょう。

もしくは壁紙やインテリア用のネオンサイン、デザイン性の高いレコードジャケットなどを飾ってユニークで個性的な壁を演出するのも良いアイデアです。

ティーンエイジャーの寝室をオシャレにする三つのアイディア

 

アイデア3:質感

寝室の質感は個性を表すのに最適です。これを頭に入れておくと寝具やクッションを選ぶ際に役立つでしょう。

思わず見とれてしまうような雰囲気を作り出すためには、ビロード製品やフェイクのファー、そして様々な大きさや生地のクッションを揃えてみてください。

女部屋

 

終わりに

ティーンエイジャーは最新のファッショントレンドに敏感です。これも彼らの部屋を装飾する際には覚えておいて損はないですよ。もちろん、彼らの部屋は彼らのスペースなのでお子さん自身の好みや関心、性格に合わせた部屋にしましょう。

ぜひクリエイティブになって部屋づくりの協力をしてあげてください。

例えば、ハンモック、ハンギングベッドを使ってみたり、壁一面を文字や絵が描ける黒板にするのも独創的です。

また、収納も大切だということも忘れてはいけません。

限られたスペースを最大限有効利用できるようにベッドの下に収納部分のあるものを選びましょう。

また、お子さんの好きなものや興味のあるものから着想を得て、彼らが趣味に没頭できるようなスペースを作ってあげることもできます。

例えば、読書好きな子のためには、リビングルームのようなエリアを作る代わりに、「読書コーナー」のような空間を作ってあげるのもよいでしょう。

いくつかビーンバッグチェアを置き、ブランケットやクッション、本棚を揃えてあげれば、ユニークで魅力的な読書コーナーの完成です。

別のエリアを区分けするのには、カーペットやカーテン、屏風などを使うのがよいでしょう。

ティーンエイジャーの寝室をオシャレにする三つのアイディア

アイディア #2: 壁

どの部屋でも、壁は重要な要素ですが、ティーンエイジャーの寝室では特に大切です。

ティーンエイジャーの寝室に一番大事なことは、壁をエネルギー溢れるものにしてあげることです。

これを実現させるために、壁の色には青やピンク、緑、オレンジ、落ち着いた黒など、薄い色よりも明るい色を使ってください。

もしくは、壁紙、インテリア用のネオンサイン、デザイン性の高いレコードジャケットなどを飾ることで、ユニークで個性的な壁を演出することもできますよ。

ティーンエイジャーの寝室をオシャレにする三つのアイディア

アイディア #3: 質感

ティーンエイジャーの寝室において、質感というのは個性を打ち出すの役目を果たすものです。このことを頭に留めておくと、寝具や枕、クッションなどを選ぶ際に役立ちますよ。

思わず見とれてしまうようなコンビネーションを作り出すために、ビロード製品やフェイクファー、そして様々な大きさ・生地のクッションを揃えてみてください。

ティーンエイジャーの寝室をオシャレにする三つのアイディア

おわりに

最近では、ティーンエイジャーたちは最新のファッショントレンドに敏感です。彼らの部屋を装飾する際には、このこともぜひ覚えておいてください。最終的には、寝室は彼らの場所ですので、お子さん自身の好みや関心、性格に合わせた部屋にすべきです。

ぜひクリエイティブになってください − あなたの想像力には限界はありません。

例えば、ハンモックやハンギングベッドを使ってみたり、または壁一面を黒板にしてみたりしてください。あなたのお子さんの寝室が、驚くほど個性的なものになりますよ。

最後に、ティーンエイジャーの寝室には、収納も大切だということを強調しておきます。

限られたスペースを最大限有効利用できるように、ベッドの下に収納部分のあるトランドルベッドや収納付きベッドを選ぶことをオススメします。