正しい羽毛ぶとんの中身を選ぶためのヒント

13 3月, 2019
羽毛ぶとんの中身を選ぶにはまず家がどれだけ暖かいかやどんな暖房器具や断熱材を使っているかについても考えなくてはなりません。それではどんな種類のものがあるか見ていきましょう。

羽毛ぶとんの中身について考えたことはありますか?羽毛ぶとんの中身について考える時に気をつけなくてはならないことが何点かあります。

時にはマットレスとの相性やもっとも良い睡眠のために何も考えずに購入してしてしまいますが、もしこの状況から抜け出したいならどんな種類のものがありどれが一番自分に合うか考えなくてはなりません。

さらにオンラインストアでも買えるので選択肢は無限です。目安として、良いクオリティの羽毛ぶとんはだいたい6000円以上のものです。ではどんなものを選べばいいのか。まずは自分に次のような質問をしてみてください。

これらの質問の答えによって主に4つのタイプに分かれます。この答えを忘れずに羽毛ぶとんの中身について検討すると選択肢を少なくすることができ無駄な時間を省けます。みなさんも知っているように羽毛ぶとんを持つことの一番の長所はベッドメーキングをもっと簡単で早くできることです。

 

何が良い羽毛ぶとんの条件か?

まずどんな種類の羽毛ぶとんがあるか見ていく前に良い羽毛ぶとんはどんな要素を持っているのか理解しましょう。

  • 保温効果

どんな季節に羽毛ぶとんを使おうが羽毛ぶとんに保温機能は絶対です。なのでできる限り体温が保温される素材のものを選びましょう。

  • 発汗性

どれだけ早く、または遅く汗を蒸発するかも重要なポイントです。これは羽毛ぶとんのクオリティで全然変わってくるのでクオリティの高いものを見極めるポイントでもあります。

  • 掃除やメンテナンスのしやすさ

理論上、もしクオリティが高ければ掃除もメンテナンスも簡単であるはずです。

  • 軽さ

羽毛ぶとんは見た目が分厚いので重そうに見えますが軽いものがとても寝る時に負担にならないのでこれも重要です。

これは羽毛ぶとんの中身の種類に関わっています。

  • 殺菌作用とダニ予防

羽毛ぶとんで一番大事なのが殺菌作用とダニ予防です。低アレルギータイプのものもあります。

  • カバー

布団カバーの中にも中身用のカバーを使うことをおすすめします。中身用のカバーを使うことで羽毛が布団カバーから外に出ないよう予防できます。中身用のカバーはだいたいコットンやミクロ繊維でできています。

布団にフェザーとダウンを詰める

フェザー(羽根)とダウン(羽毛)はもっとも自然素材な中身として知られています。

フェザーやダウンは一般的に鳥やアヒル、ガチョウなどの毛から作られています。ですので羽毛布団の中身は使われた鳥の種類や年齢によって変わってきます。どちらも羽毛のタイプを決めるのにとても大切な一面です。

キルト状の布団は9:1の割合でフェザーよりダウンの方が多く入っています。どうしてかというと、ダウンの方がフェザーより10倍軽いからです。加えてダウンのクオリティが高ければ高いほどダウンの量はそんなに必要ありません。

もしフェザーだけ入っている布団だと羽毛の羽軸を感じることができます。一方でもしダウンだけの布団だととてもやわらかくふわふわとした感触を感じられます。

羽毛ぶとん 羽毛布団

人工的な繊維の羽毛

次に二つ目の羽毛ぶとんのタイプについてフォーカスしていきましょう。

続いては人工的なものです。

もちろん自然素材のものには劣りますが、その分値段もお手頃です。なので自然素材のようにどんな繊維・素材のものがあるかを知る事はとても重要です。

人工的なものだとコットンや空洞のあるシリコン繊維があります。例として竹繊維があります。竹は持続可能な素材として注目を浴び近年インテリアとしてどんどん使われてくるようになってきています。そしてなにより竹は100%生物分解性なのでエコフレンドリーな素材としも注目を浴びています。竹はコットンより4倍呼吸をするので環境にとても良いのでよくシルクと混ぜて使われています。

さらに人工的な素材のものは耐久性に優れているので文句なしです。

羽毛ぶとん 羽毛布団

まとめ

最後にどれだけ最適な素材のものを羽毛ぶとんの中身に選ぶことがどれだけ大事かもう一度紹介します。きちんと素材にこだわることで自分では思っていなったことにまでいい結果を与えることになり、最終的には質の良い睡眠へと導いてくれます。一度自分に一番合う素材のものを見つけられたら自分の好きなテイストのカバーを買いましょう。そうすることでこれ以上にないぐらい快適な寝床を作ることができます。暖かく見栄えの良いアイテムで良い睡眠をとりましょう。