寝室の白い壁をデコレーションする8つの方法

12 2月, 2019
白い壁をデコレーションする方法はたくさんあります。中間色や明るい色を選び、部屋の一カ所に注目を集めてもいいですし、家具や他の装飾品と合わせても良いでしょう。

白い壁は明るく広々とした部屋を作りだしてくれます。ただ、白い壁だけではつまらないと感じてしまう方もいるかと思うので、今回はそんな白い壁のデコレーションの方法をご紹介します。

寝室の白い壁をデコレーションする方法

部屋を明るく広々と見せるためなど、実用的な理由で壁を白くしたと思いますが、少し個性が欲しいならデコレーションで楽しむのがオススメです。今からご紹介するアイデアをぜひ試してみてください。

1.デコレーションしたい場所を決めよう

白いのアイデアとしては絵や装飾品を飾りすぎることによって、せっかくの広々とした空間を台無しにすることではありません。ですので、デコレーションするのは小さな場所だけにしましょう。

寝室

2.黒い色と合わせてみよう

伝統的な白と黒の組み合わせは、たくさんの照明と中間色と合わせればとても見栄えします。例えば、白黒の写真や壁画を飾ってもいいでしょう。アイデアとしては、明るい装飾品を台無しにすることなく、色で楽しむということです。

3.明るい色を取り入れよう

白い壁にたくさんの明るい色を取り入れることも良いアイデアです。一カ所にとどめておけば、素敵な見栄えになります。壁飾りだけではなくベッドサイドテーブルの小物や家具、もしくは床にあるものに明るい色を取り入れてもいいかもしれません。

カーテン、クッション、毛布や敷物などで色を取り入れるのもオススメです。

4.家具を白に塗ろう

白い家具で部屋を埋める方法は、託児所や子供部屋だけではなく、様々な場所で人気となってきています。あまり好みでない家具がある場合は、ペンキを塗ってみてはいかがでしょうか?

または、これから家具を買う方は、白い家具がおすすめです。白い家具を白い壁と組み合わせると部屋がとても明るく素敵になりますよ。もちろん、白い家具をパステル調の明るい他の色と合わせてもいいですし、他のデザインや質感とも合わせられます。組み合わせたときに、素敵な見た目になるような色を選ぶことが重要なのです。

5.グレー

白い壁に黒や明るい色の装飾品を合わせた寝室があまり好みでない場合はグレーを試してみてはいかがでしょうか?グレーは繊細な中間色で、男性、女性どちらの寝室にもぴったりな色です。もちろんカップルの部屋にも使いやすいです!

寝室

グレーは白との相性がいいです。上品で控えめ、そしてモダンな雰囲気を作り出します。ぜひ試してみてください。

6.特別な作品を選ぼう

空いている白い壁に目を引く明るい色の絵を飾るのも良いアイデアです。その際は、すぐに目を引き付けられるように大きい絵のほうがオススメです。

あなたが描いた絵や壁画、水彩画、有名な画家の作品のレプリカ、または自分で製作した装飾品を飾ってみましょう。

7.照明を追加しよう

白い壁がある寝室はすでに明るいことが多いですが、綺麗でロマンチックな見た目に仕上げたい場合は照明を追加してみましょう。

最近ではLEDストリングライト(クリスマスツリーを飾るフェアリーライトに似ています)を使って、壁やミラーの淵、窓の上、家具などを飾ってみましょう。お手頃価格で部屋を全く違う見た目にしてくれますよ。ぜひ試してください。

寝室 白い壁 デコレーション

8.一面を違う色に塗ってみよう

最後に、部屋の一面だけを違う色に塗ることによって、白い部屋に工夫を取り入れるのもおすすめです。ベッドの後ろの壁、横の壁、扉の反対にある壁、あなた次第で塗りたい壁を選ぶことができます。または、レンガの壁紙を張ってインダストリアルやモダンスタイルな寝室にしてもいいですね。

白い壁がある寝室は自由にデコレーションすることができるキャンバスです。そして、明るさと静けさを生活にもたらすことの重要さも忘れないようにしましょう。

Feixa, C., & Ceic, P. (2005). La habitacion de los adolescentes. Papeles Del CEIC.