寝室にオススメ!ライトウェイトのキルト毛布を選ぼう!

20 2月, 2019
キルト毛布を購入する際は、シルクのライトウェイトのキルト毛布をお勧めします。肌触りが最高ですよ。

寝室を装飾するときのゴールは安らぎと心地よさを作ることです。そして、毛布は全てに影響を与えるアイテムだということを忘れないようにしましょう。

私たちの寝室は安穏を見つけられる場所であり、完全にリラックスできる個人の空間である必要があります。つまりこの寝室のデコレーションも重要な素材となるのです。

寝室を「ドレスアップ」させる際に初めに考慮するものの1つがあなたにとって完璧な毛布を選ぶことです。見た目の魅力だけでなく、毛布はあなたに暖かさと快適な夜を与えてくれるのです。

数えきれないほどのブランド、デザインそして素材がありますが、本日の記事ではライトウェイト軽量)のキルト毛布について詳しく紹介したいと思います。

そもそもライトウェイトのキルト毛布って?

ライトウェイトのキルト毛布にはキルトの詰め物に薄いレイヤーがあり、通常の毛布よりも詰め物が多いので、軽量でありながら昔ながらの掛け布団よりもずっと暖かいです。この高品質の生地は雲のように柔らかく私たちを暖かく包んでくれますよ。

さらに、様々なパターンやデザインがあるので選ぶときのバリエーションも豊富です。その名前通り、この毛布は軽いので1年中使用することができますし、季節の違いに応じてシーツや掛け布団と併用することも可能です。

子供向け、大人向けともに種類はたくさんあります。ものによってはオシャレな枕が付いている物あり、寝室のデコレーションのプラスアルファになってくれるでしょう。

ライトウェイトのキルト毛布は間違いなく最近の流行ですし、ニーズは今も増え続けています。

他の毛布との違いは何?

ベッドの見た目が重要なのは言うまでもありません。ライトウェイトのキルト毛布は周りの素材にムードを灯してくれます。ヘビーウェイトや通常の掛け布団と見比べてみると、素材と機能の明らかな違いを見ることができるでしょう。

ヘビーウェイトのグースダウンの羽毛布団

これらは北欧の寒い地域の生まれでカモやダチョウの羽毛を詰めています。羽毛布団カバーを使用すれば季節によって毛布を変えることが出来ますが、この毛布はある程度の詰め物が入っている為、暑い気候には向きません。そのためヘビーウェイトの掛け布団を使用したいのであれば寒い時に、そして暖かい時はライトウェイトの毛布を使うようにしましょう。

また、毛布は収納面でも問題になります。片づけるのは骨が折れるときもあるでしょう。

しかし、ライトウェイトのキルト毛布は1年中使用することが出来ます。薄いので夏は他の寝具と使用することができますし、冬の寒い夜には毛布を1枚シーツの上に追加し、キルト毛布ですべてを覆うことが出来るので年中活躍してくれますよ。

light weight down blanket seasons ライトウェイトダウンブランケット 季節

ライトウェイトのキルト毛布と掛け布団

先ほど紹介したように、他の種類の毛布と異なり、ライトウェイトの毛布は軽い詰め物があっても無くて使用することが出来ますし、別の素材のものを見つけることも可能です。ポリエステル、コットン、またはその両方のミックスが詰め物に使用されることがあります。

掛け布団の良い点は大金を使わなくてもあなたの寝室のデコレーションを活気づけることができる点でしょう。掛け布団詰め物が多く、そしてそれを変えることは出来ません。

ライトウェイトのキルト毛布と布団はベッドメイキングの際に簡単に動かすことができ、端に掛けておくことだって可能です。しかし、ヘビーウェイトの掛け布団はとても厚く、横に掛けておくのは難しいですよね。見た目がかさばって、ごちゃごちゃしてしまいます。

キルト毛布を購入する際は、シルクのライトウェイトのキルト毛布をお勧めします。肌触りが最高ですよ。

好きな色を選ぶことでデザインとパターンに磨きがかかります。さらに別の種類の生地を組み合わせることも可能なので、あなたのセンスを生かしてみましょう。

ライトウェイトダウン毛布 有能 ライトウェイト キルト毛布

使用方法を守ること

ライトウェイトのキルト毛布は1年中使えるということを考慮して、他の毛布よりも丁寧に洗うべきです。見た目の衰えを防ぐためにいくつかのアドバイスをシェアいたします。

まず、新しい毛布をベッドに広げるよりも前に、不純物を取り除く為に洗うべきです。そうすることであなたの毛布はより綺麗で柔らかな見た目に、そしてお気に入りの柔軟剤の香りになります。

また良い状態に保ち、ほこりや臭いを除去するために毎日毛布は干すべきです。

洗い方は素材によって全く変わってくるので毛布を洗う時には取り扱いの説明を読みましょう。ライトウェイトのリネンやシルクの毛布はデリケートな手洗いが必要です。一方で他の素材は温水で事足りるでしょう。

洗剤や石鹸はどんな種類でも大丈夫です。もしあなたの毛布を自宅で洗う時は洗濯機に詰め込まないようにしてください。そして乾燥機は絶対に使わず、自然乾燥を行ってください。これは毛布を良いコンディションに保つためにとても大事なコツです。

アイロンをかける時はベッドに広げて、その上からかけましょう。このほうがより簡単で、仕上がりもより良いです。