寝室をロマンチックな雰囲気にする方法

19 3月, 2019
寝室を、官能的な雰囲気にしてみたくはありませんか?元の部屋のスタイルを変えることなく簡単にできるアイディアをいくつかご紹介します。

寝室をロマンチックな、官能的な雰囲気にすれば、もともとプライベートな空間である寝室の居心地がますます良くなりますよ。常にではなくときどきやればいいのです。例えば記念日や特別なイベントがある日などがいいかもしれませんね。とはいえ、その日限りのものである必要もありません。一度官能的な寝室を作りあげたら、そのまま使い続けることもできますよ。

寝室を官能的な雰囲気にする方法

私たち人間は、仕事、帰宅、子供の世話、また仕事、、と決まったことを繰り返すような単純で退屈な生活に陥ってしまいがちな生き物です。だからこそ、このルーティーンを打ち破ってくれるような些細なことが重要になってくるのです。その一つが、部屋の模様替えをしたり家具を一新してみたりすることなのです。

寝室というのは家の中でも重要性の高い場所です。とても個人的でプライベートな場所ですし、部屋での過ごし方も様々です。しかし、私たちの生活というのはとても気ぜわしく、いつも時間の持つ価値を忘れてしまいがちです。同じことが場所や空間にも言えるのです、つまり、毎日目にするものであるゆえ、私たちはその重要さを見損ないがちなのです。

寝室は、私たちがそのようなルーティーンから逃げ込めるシェルターのような場所であるべきです。そうすればエキサイティングで冒険的な日々を送れるようになります。そして、快適で官能的なパートナーとより親密になれるような寝室は私たちに良い影響をもたらしてくれるでしょう。

ですので、今回の記事では、寝室を、元のスタイルを変えることなく特別な雰囲気のある部屋にするためのアイディアをいくつかご紹介していきますよ。

寝室  ロマンチック   官能的 雰囲気

官能的にするのはOK、でもやり過ぎはNG

寝室を官能的にできる、と聞いてもあまり気の乗らない人がほとんどでしょう。しかし、そんなに大げさにする必要はないのです。ここでやろうとしているのは、少し普通とは異なり、下品にならない程度にセクシーな雰囲気を作ることです。ですので、心配しないでください。これからご紹介するアイディアを参考にしてくだされば、あなたの寝室も美しくて特別な場所に生まれ変わりますよ。

寝室をロマンチックな雰囲気にする方法

寝具

どの部屋においても、肌に直接触れるものである布製品の質感はとても重要です。寝室を官能的な雰囲気にするためには、寝具をシルクかサテンのシーツに変えることをオススメします。見た目の美しさからエレガントで明るい雰囲気をもたらしくれるだけでなく、肌触りも柔らかで極上ですよ。

寝室  ロマンチック   官能的 雰囲気

照明はとても重要

寝室を官能的にするために、照明は必要不可欠な要素です。メインとなる照明器具の他に、周囲を照らすためのテーブルランプやフロアランプを合わせて使うことをオススメします。

この種の照明には、白系よりもオレンジ系の明かりが適切でしょう。官能的な寝室にするためには、ランプシェードもあたたかみのある色を選ぶのがいいでしょう。

官能的な雰囲気の演出を目指す上では、キャンドルも欠かすことのできないアイテムです。寝室と浴室が一体型になっている家に住んでいる方は、浴室のような普通はキャンドルを置かない場所に置いてみるのがオススメです。そうでない場合は、引き出しの上やナイトテーブルに置くのもまたいいですよ。

鏡もまた、官能的な雰囲気作りに役立ちます。部屋をより明るく広々と見せてくれる他、あらゆるモノを映し出してくれます。壁やヘッドボードに立てかけるのがいいでしょう。

寝室の主役、ベッド

官能性と同時にロマンティックさも演出したいなら、ベストなのは天蓋ベッドです。天蓋に半透明なカーテンを取り付ければ、さらに良いでしょう。

ガラスや水晶製の装飾品

ガラスや水晶でできた装飾品も、官能的な雰囲気を引き出すのにもってこいです。小さなアイテムでも大きなものでも構いません。

もし寝室と浴室がひと続きになっており、さらにあなたが勇敢な方なら、この二つの部屋を仕切る壁をセメント製のものに変え、扉を模様付きのガラス戸にするのもアリですよ。

浴室のプライバシーを守り、かといって完璧に隠してしまわないようにするには、半透明のガラスを使えばオーケーです。

特別な家具

官能的な寝室にするための最後のアイディアは、今部屋にある椅子や腰掛を全て取り除くことです。代わりに、寝室を官能的な空間に作り変えてしまうような特別な家具にお金をかけてください。例えば、ディバンを取り入れてみてはいかがでしょうか。

ディバンやシェーズ・ロングは、細長くて背もたれのないタイプの長椅子です。横になるのがとても楽です。ビロードで覆われたものだと、ますます快適ですよ。

少し話は変わりますが、部屋全体に行き渡るようなフレグランスを取り入れることを考えてみるのもいいでしょう。例えば、アロマディフューザーやエッセンシャルオイルを使ってみるのはいかがですか?もうお分かりのように、寝室をロマンティックな雰囲気にするためにできることは、些細なことですがたくさんあります。寝室は特別で個人的な空間であって欲しいですよね。