寝室にぴったりな暖色系の組み合わせを知ろう!

6 3月, 2019
インテリアの単調さに飽き飽きしていませんか?暖かみがあって心が安らぐような安心感を寝室に吹き込んでくれる暖色系の組み合わせを本記事を通して学びましょう。

部屋に合う色を選ぶのは本当に難しいですよね。何が一番しっくりするのかは知っての通りさまざまな要素が絡み合う複雑な問題となります。本記事では寝室で暖色系の色を組み合わせるために重要な点をいくつか解説します。

デザインに違和感を感じながら暮らすのは決してよいことではないので、毎日見ても飽きない組み合わせを最優先に考えましょう。

 

暖色系を使う理由

落ち着きと明るい雰囲気を表現する暖かみのあるトーンは目に鮮やかです。それと同時に私的さや隠れ家的な印象を与えます。

色は人の精神に直接働きかける力があるとも言えます。幸福感は健やかさの証であり、健康と健やかさをもたらしてくれるのです。
その反対の色合いとなるのが、人目を惹き刺激や活発さ、緊張感や冷たさなどのイメージを伝える寒色です。

カラーチャート

暖色のタイプ

同じ色であってもすべての人に同じ感覚や性質を伝わるわけではありません。この点を意識すると、おすすめなのは以下の組み合わせです。

  • アースカラー (黄土色、薄茶色): 他の色 (寝室にもともとある家具や雑貨) と組み合わせやすい色です。落ち着きやバランス、安心感を醸します。
  • えび茶: この色は他の色とも合わせやすいので、この色を土台とするとインテリアを考えやすくなります。ただし、寝室のインテリアの中心的存在になりやすい強い色でもあります。リラックス感や暖かみ、穏やかさや柔らかな雰囲気を出してくれます。
  • くちなし色: お部屋を明るく演出してくれる落ち着いた色です。暖かみのあるオレンジが入ったようなトーンの色を選びましょう。強めのものや蛍光色は避けてください。
  • えび色: 個性的で上品な色です。他の色との組み合わせは難しめですがほかの色にはない雰囲気となります。
白基調の寝室

色合わせ

寝室にぴったりな色合わせにする鍵は、壁の色をもともとある家具や調度の色に合わせることです。 その色を決める前に、どんな雰囲気にしたいのかしっかり検討してください。

大切なのはイメージを途中で変えないことです。完成図がイメージできたら、それを目指して模様替えを進め、あれこれ試行錯誤をしないようにしましょう。試行錯誤を重ねると、もともとあった室内の調度品との調和に問題出やすくなります。

暖色は他の雑貨や調度品を引き立たせ、完璧なインテリアを実現します。

家具は、壁との調和すると寝室がさらにあなたらしくなり、インテリアに一体感が生まれます。そうなればしめたものです。

しかしだからといって、すべてに暖色を取り入れるべきではありません。暖色と寒色のバランスを取るようにしてください。

寒色の立派な調度品や家具を置くと、 暖かい雰囲気の中でアクセントとなり寝室の雰囲気を締める効果があります。

また暖かい色 (アースカラー、赤い色、栗色) は、寒色にはない活力や強さ、安定感や落ち着いた感覚を与えてくれます。

ベッドのシーツ (寝室のインテリアでは重要な役割!) は、グレーや紺、黒のような濃い色を選ぶと雰囲気にぴったりはまります。

さまざまな色のクッション 寝室 暖色系 組み合わせ 

インテリアスタイルと色合わせ

寝室はモノトーンにせず、色のバランスやアクセントが出るようにし、メリハリのある雰囲気と調和を図りましょう。巷にはさまざまなインテリアスタイルがあり、それぞれしっくりくる色の組み合わせがあります。スタイルごとに見てみると。。。

まずアースカラーは素朴なスタイルに欠かせない色です。緑のような他の色によく合います。

木材を使うと、その温かみと強さで素朴な雰囲気をしっかり演出してくれます。

素朴なスタイルにおすすめの色は以下の通りです。

  • えび色
  • 茶色
  • 黄土色
  • 焦げ茶

寝室に上品さと美しさを雰囲気として取り入れたい場合は、チョコレートブラウンがおすすめです。白ともよく合いますし、他の濃い色とも合わせやすいです。

それとは違う雰囲気であれば、ミニマルスタイルがおすすめです。ミニマルなデザインのシャープなラインや滑らかさはシンプルだけれども個性的な佇まいとなります。それではどの色がこのスタイルにぴったりなのでしょうか?

黒や紺のような濃い色は、シャープなラインやシンプルな形のものによく合います。 えび色も良いでしょう。

ミニマルスタイルにしたいのであれば、アースカラーは避け、代わりに白を使ってミニマルなインテリアに透け感を出しましょう。

ミニマルなスタイルにぴったりな色は以下の通りです。

  • えび色と赤
  • 濃色: 黒、紺、ダークグレイ
  • 白とクリーム色
  • 栗色
ミニマムスタイルの寝室 寝室 暖色系 組み合わせ 

まとめ

本記事で紹介したアドバイスを活用すると暖かな理想の寝室が実現します。ただ表面をなぞるのではなく、色スタイルともに完璧な調和を図ってくださいね。