ゲストルームを装飾する4つのステップ

10 3月, 2019
ゲストルームを居心地がよく、必要に応じて多目的スペースとなるように変身させましょう。今からご紹介するアイデアを参考にしてみてくださいね。

今日の記事では、ゲストルームを装飾する際のアイデアをご紹介します。また、ゲストルームは多目的スペースとしても利用できますよ。

だれでも皆、良い家主でありたいですよね。また、家族や友達の家にゲストとして滞在したときには、歓迎されたら嬉しいです。そのためゲストが家に訪ねてきたときに、快適に過ごしてもらうことが重要です。滞在中に、自分だけの空間があるように感じてもらえたらいいですね。

書斎や子供部屋にトランドルベッド、またはソファーベッドのどちらを置くにしても、小さい家でもゲストに選択肢を提供できますよ。

早速、ゲストのための空間をつくるコツをご紹介します。

1.家の空いているスペースを考えてみましょう

まずは家の空いているスペースを考えることが基本となります。35平米のアパートは多くの部屋がある100平米の家とは訳が違います。毎週誰かが滞在するわけではないので、部分的に自分のニーズを取り入れましょう。

ひとつの部屋全体をゲストに割くことができない場合には、多目的室を考えてみてはいかがでしょうか?子供部屋か書斎にトランドルベッドやソファーベッドを追加してもいいですよ。

ゲストルーム

多目的室を作ることは実際とても一般的です。ゲストルームをアイロンがけをする部屋として使うこともできますよ。

多目的室は21世紀の寝室の在り方と同じです。リビングが勉強部屋や画室にもなることもできます。多目的でありながら統一された部屋にするために、スペースを整頓してみましょう。適切な装飾とレイアウトが成功のカギですよ。

高い天井がある場合は、それを利用して中二階を作ることもできますよ。屋根裏部屋や似ている構造がある家に住んでいるなら、より簡単に実行できます。

2.収納スペースを付け足すことを忘れないようにしましょう

今日では、収納不足はかなり普通な問題となりつつあります。多くの人が小さなアパートに住み、時にはどこに物を収納するのかわからないことがあるしょう。

そのため、角や壁の高いところのような扱いにくい場所でも、収納スペースを確保するために、たとえ1cmだとしても最大限に利用する必要があります。

ゲストルームは普段はあまり使わないので、ブランケットやタオルなどを入れる収納スペースを設置してもいいでしょう。どうするか決まっていない子供たちの古着なども保管することができますよ。

他の人気のアイデアは、寝室をドレッシングルームとして適応させることです。ただし、このアイデアを使う場合には、ゲストの滞在中はそのエリアを完全に空にすることをお勧めします。

言い換えますと、あなたのニーズとゲストのニーズどちらにも満たすように部屋をセットアップしてみましょう。スーツケースの荷解きして、物を並べることができるスペースが必要です。そんなときにはチェストが便利ですよ。

3.中間色で居心地がいい装飾品を使いましょう

あなたの家であっても関係ありません。ゲストルームをあなた個人のベッドルームのように装飾することは避けましょう。もちろん、ホテルのように装飾する必要はありませんが、家族写真のような個人のものなどは装飾しないほうがいいでしょう。

あまりに対照的になることを防ぐために、ゲストルームと家の残りの部分の装飾に繋がりを作るといいですよ。

ゲストルームをとても快適な部屋とするためには、綿のベッドシート、北欧スタイルのかけ布団そしてたくさんのおしゃれなクッションを置きましょう。部屋を温かい雰囲気にするために、照明が重要な役割を果たすということも忘れないようにしてくださいね。

ゲストルーム

4.ゲストルームの細かな仕上げ

最後に、あまり個人的な装飾をしないようにと述べたましたが、だからと言って冷たく、人間味のないゲストルームにする必要はありません。そのためには、ちょっとした織物や装飾品を加えてみましょう。カーテンや敷物、枕の素材にこだわってもいいでしょう。または、鏡を使ったり、ガラス瓶と装飾的なカップと一緒にナイトテーブルを置いてもいいですよ。

ガラス瓶は、お好みでドライフラワーか生花で飾ることができます。植物は装飾的以外でも役立つことを忘れないでくださいね。植物は空気を綺麗にして、素敵な香りを与えてくれます。

ご紹介した4つのアイデアを使って、ぜひゲストルームを装飾してみてください。