個性的な廊下にするためのヒントとは?

18 1月, 2019
廊下のインテリアは見落としがちです。しかし、今日紹介する簡単なヒントを取り入れれば、あっという間に個性的な廊下に模様替えできます!

個性的な廊下にすると言っても、廊下の形によっては非常に困難なこともあります。

ですので、予めしっかり計画を立てることが大切です。それを踏まえて模様替えをすれば、あなたの家の廊下も機能的でオシャレになるでしょう。

廊下の形は、狭いものや幅のあるもの、扉があるもの、扉がないもの、長いもの、短いものなどなど、様々です。絵画や写真を飾ったり、スペースがあれば棚を取り付ける人もいます。

これから紹介するヒントを使えば、何の変哲もなかった廊下が大胆で個性的に生まれ変わることは間違いなしです。是非参考にしてみてください!

ヒント1

狭い廊下を広く見せるには、視覚効果のあるペイントや壁紙を使いましょう。

明るくビビッドな色には、廊下を広く見せる効果があります。また、縦縞は、廊下をそれらしく見せるのに役立ちます。

狭い廊下に鏡を取り付けるのも良いアイデアです。いろいろな形、いろいろな大きさの鏡を廊下一面にたくさん飾るのもいいでしょう。鏡は空間を広く見せてくれるのです。

個性的な廊下

ヒント2

廊下が広ければ、物を置くスペースとして活用しましょう。

ラックや棚、もしくは低めの家具を置くだけでモダンかつ個性的な廊下になります。その上、棚があるとすごく実用的です。ただし、この手法を使えるのはスペースに余裕がある場合のみなので実践できる人も限られてくるでしょう。

また、広い廊下にオススメなのが、高い位置に背の高い植木鉢やランタン、籐のバスケットを飾ることです。

注意をひくので、広すぎて殺風景な感じがなくなるでしょう。

個性的な廊下

ヒント3

個性的な廊下にするためのヒントの中で、一番大胆なアイデアが廊下の扉を違う色に塗り替えることです。

個性的な廊下

オリジナリティに溢れ、気分を上げてくれること間違いなしです。しかし、色の選択には要注意で、突飛な色を使うとサーカス小屋のようになってしまいますよ。

ヒント4

昔から使われている廊下を飾る方法は何と言ってもカーペットでしょう。カーペットを敷くだけで暖かい雰囲気になるので完璧なアイテムです。

しかし、古臭い柄は使わないようにしましょう。幾何学模様、または横縞の長方形のカーペットを購入すれば狭い感じが解消されます

丸や予想外の形を取り入れたり、いろいろな色や素材をミックスすればカーペットだけでポップな空間が出来上がります。

個性的な廊下

ヒント5

クラシックな感じが好きな人なら、絵画や写真を使って個性的な廊下を作りましょう。

このアイデアで廊下を飾る時は色使いやサイズ、デザインの額縁を組み合わせるだけなので簡単です。

このテクニックは他のものでも使えます(例えば、掛け時計、雑誌の表紙、本など)。

結論

お分かりのように、個性的な廊下に模様替えするのは少しだけ創造性を持てば誰にでもできます。

そして、照明も忘れてはいけません。冷たく薄暗い病院の廊下のようにならないようにしましょう。

他にはネオン文字を飾るという方法もあります。独創的で必ず注目を集めるでしょう。

また、広く使われる伝統的な手法に木製や石膏の巾木があります。巾木は背景の壁の色と合わせることができます。

最後に、廊下を模様替えする前に忘れてはいけないのが廊下の特徴を知ることです。つまり、あなたの家の廊下が長いのか短いのか、幅は狭いのか広いのか。また自然光は入るのか、柱や扉などの障害物はあるかどうかを見極めることです。

あらゆる可能性を分析して、廊下のインテリアが家の雰囲気を壊さないようにしましょう。

アイデアを組み立てて、満足できる廊下にするにはムードボードを使えば、廊下の模様替えがずっと楽になりますよ。