「ワイン樽」でおしゃれに演出しよう

29 3月, 2020
ワイン樽を飾ることで、部屋に優雅さや高級感が出せます。繊細で上品な雰囲気をもたらしてくれるでしょう。

ワイン樽をインテリアとして使用しているのを見かけたことはありますか? その面白い形はとても装飾的でありおしゃれな雰囲気を与えてくれます。

西洋では昔は、地位の象徴として家にワイン樽を所有している人もいました。ワイン樽は、個性的なインテリアというだけでなく、それを飾る人が何世紀もの歴史を持つ「ワイン」に対して関心があることを示してくれます。

家にワイン樽があるということは、自分だけのワインバーやワインを熟成させるためのワイナリーを持っているようなものです。生産性を求めているというよりは、個人の楽しみとしての意味合いが強く、樽から直接ワインを注ぐのを楽しむこともできます

ワイン樽

ワイン樽はリビングやダイニングに、優雅さやこだわりを感じさせてくれます。個性を表し、ゲストの注目を集めてくれるでしょう。

ワイン樽が特別に大きいものであったり、伝統的な形をしている必要はありません。樽が持つ独特な雰囲気だけで、存在感あるインテリアとなるのです。そのため、ワイン樽を飾る場合には、ゲストの目に入るところに置きましょう。

そして、ワイン樽から直接ワインを注ぐことは、斬新で刺激的な経験となります。特に自分で熟成させたものをゲストに振る舞うことになるので、職人気質な一面も見せることもできるでしょう。

ワインは、水によって保持される太陽光だ。

-ガリレオ・ガリレイ

装飾的かつ機能的な役割

ワイン樽

ワイン樽の置く場所によって、より注目を集めることができます。他の家具とは異なり、美的に目立つ存在となるでしょう。

  • ワイン樽は、リビングに飾るのがお勧めです。注目され過ぎてしまうので、センターピースとしての使用は避けてください。他のインテリアを際立てつつ好奇心を満たすように、部屋の隅や壁沿いに置くといいでしょう。
  • リビングでの主役はテーブルと椅子です。しかし、棚、ミニバー、ワイン樽など、他のインテリア小物を使用できないわけではありません。ワイン樽をインテリアに取り入れることで、食事中にワイン樽からワインを注ぐことができます。
  • パントリーや地下の貯蔵庫にワイン樽を隠してしまう人は多くいます。結果としてどうなるでしょうか?隠されたワイン樽は美的価値を失い、より機能的な役割のみ果たすことになります。

ワイン樽は、他の家具とは異なる雰囲気をもたらしてくれます。

大きさ

ワイン樽

ワイン樽をイメージするときには、何リットルも入るような大きな樽を想像することが多いかと思います。しかし、家で使用するには、これらの樽は大きすぎます。他の大きさの樽はあるのでしょうか?

  • 中サイズの樽は、一般家庭で使用されることが多いです。樽によって容量は異なりますが、一番人気のサイズは64リットルのものです。そのまま床に置いてもいいですし、脚の上に乗せることもできます。
  • 容量2~4リットルの小サイズの樽もあります。カウンターや棚に置くこともできます。
  • パントリーや地下の貯蔵庫に置く場合には、大きいサイズの樽がお勧めです。

店頭でワイン樽を見つけられない場合には、オンラインストアで探してみましょう。多くの選択肢から選ぶことができます。しかし、オンラインストアではその場で質問をすることができないので、どの樽を購入するかを決めかねている場合には、店頭に出向くのがいいかもしれません。