リビングをアレンジする時のヒントとは?

27 1月, 2019
リビングが家の中で最も大切な部屋と思う方もいるでしょう。そんなリビングを上手くアレンジする方法を一緒に見ていきましょう!

リビングスペースを最大限に活用して、良い雰囲気にするにはリビングの家具の配置をどうすべきか知ることが大切です。

リビングをアレンジするときは、部屋の大部分を構成するさまざまな側面を考慮してください。家族のニーズを満たせるようリビングは機能的であるべきですし、大家族であれば全員に十分なスペースが行き渡るようにします。

子どもがいるのであれば、例えば天板がガラス製のコーヒーテーブルのように安全面から避けた方がいいアイテムもあります。またリビングにはダイニングエリアという側面も持っています。これは広いリビングではよく見られますよね。

この場合、リビングは食事ができるスペースを用意することが大切です。それと同時に、家族や友人と過ごす場所でもあるので快適であることも必要です。キッチンと同じように、リビングを整理整頓する方法はいろいろあります。ここは部屋のサイズと間取りに負う部分が大きいのです。

そして、リビングに揃える家具を考えたり、それらをどのように配置するのかを決めるにはもちろん家具のサイズを考慮することが必要です。では、リビングのインテリアを決めるのに役立つ方法を詳しく見ていきましょう。

長方形のリビング

長方形のリビングは縦横の幅いずれかが長くなっています。このような形のリビングであれば、テレビのエリアがダイニングエリアに面しているであることが理想です。また、利便性のためダイニングエリアがキッチンに近いのであれば文句なしです。

リビングを実際より長く広く見せたいのであれば家具を直線的に配置するのがおすすめです。
例えば、長方形のリビングにはL字型の家具配置が理想です。連結・分割できるソファや長椅子を置きましょう。広々としたリビング

正方形のリビング

これはリビングとして理想の形です。このような形状であれば重量感あふれるカウチや広いテーブルが置けるので、豪華なダイニングエリアがあるような広々としたリビングになるでしょう。
またこの形状のリビングでは、用途別にスペースをわけることが大切です。例えば、リビングを用途で仕切るため、TVのエリアをダイニングエリアの後ろに配置します。

家具配置の方法

単にリビングの形状だけでなく、あなたの好みやリビングの使い方に合わせて家具配置を考える方法もあります。

中心のあるリビング

このタイプのリビングは必ずしも円形である必要はありません。というよりは家具をある物の周囲に配置し部屋の中に中心的なポイントを作る、という家具配置です。

 

通常中心的な要素になるのがコーヒーテーブルです。その周りにソファや椅子、シートクッションなどのアイテムを置きましょう。

テーブルを中心にしたリビング

区切ったリビング

先ほど解説したように、リビングエリアとダイニングエリアを同じ部屋でわけることは珍しくありません。このエリアをわけるには、本棚やキャビネット、ソファの活用がおすすめです。

壁を活用したリビングアレンジ方法

このアレンジでは、壁を家具の主なサポートとして活用します。
これはあまり広くない家でよく用いられており、リビングの家具計画を考慮するのに壁が重要な役割を果たします。壁を背にして家具を置くと壁が活かせ、センチ単位でスペースを無駄なく使えるでしょう。

用途で区切るリビング

用途でリビングをデザインするのはその部屋が大きい場合に限られます。このようなデザインは老若男女がいる大家族で、それぞれが別のことをできるよう、しかしそれと同時に一緒に過ごせるようにしたい場合におすすめです。

このようなタイプのリビングによく作られる用途別エリアは以下のようなものです。

  • テレビコーナー、ビデオゲームなど
  • 読書エリア
  • 食事エリア

一般的にこのタイプの配置は家具がたくさん必要ですが、複雑にしすぎるのはNGです。多目的に使える家具や雑貨を探してください。例えば、入れ子にできるコーヒーテーブルやスツールやシートにできるコーヒーテーブル、クッションシート、L字型のカウチなどを活用しましょう。

モダンなリビング リビング アレンジ

最後に

ここまで解説してきたとおり、リビングには主に2種類(長方形と正方形)あります。
この2つのタイプのリビング両方に共通する家具の配置方法を確認しましたが、家具配置を決める前に、以下の点も考慮に入れる必要があります。

広い部屋に不釣り合いな小さな家具を置くと部屋がスカスカに見えます。家具のサイズとそれに見合う部屋の広さを考慮しましょう。

  • スペース:リビングをちょうどよくデザインするために考慮に入れるべき点は、家具の間にできるスペースです。

リビングで楽に移動できる家具配置となるように考えましょう。

  • 実用性:自分の家族の人数やライフスタイル、必要性に合ったリビングにしましょう。

リビングは自宅で最も長い時間を部屋となります。あなたのスタイルに合うリビングを作ってくださいね!