クリスマスツリーの選び方

4 11月, 2019
クリスマスツリーの種類は大変多く、選ぶのも一苦労です。

最近はクリスマスツリーの種類も大変多くなってきました。選択肢がありすぎて気に入ったものを一つ選ぶのは容易なことではありません。

お気に入りのクリスマス映画から素敵なツリーのアイディアを得ることもできるでしょう。クリスマスシーズンにはクリスマスツリーなしには話が進みません。

本物だろうが人工的なものであろうがどんなツリーを選ぼうが購入する前にそのツリーがどこから来たか確認することはとても重要です。

自分の好きなテイストやサイズ、スタイル、値段など様々なことを考慮して、自分にあったツリーを選ばなくてはなりません。

クリスマスツリーを買う前に気をつけること

  • 素材

まず初めに人工的なものが欲しいのか本物の木が欲しいのか決めましょう。そうすることでまずは膨大な選択肢を減らすことができます。

人工的なものも本物もメリットとデメリットがあります。人工的なものは葉や土などが散らばる心配がなく繰り返し使えます。ですが環境のことを考えると人工的なツリーはオイルベースの樹脂から作られているので環境には優しくありません。

本物のツリーは反対に二酸化炭素を吸収するので環境にとても優しくいい匂いもします。一番のデメリットは水をあげたり場所を選んだりきちんとお手入れをしなくてはならないことです。

クリスマスツリーの選び方

クリスマスシーズンが終わると、本物のツリーはもう一度土に植える人も多いでしょう。ほとんどものが売られる前に苗床で育てらています。

  • スペース

クリスマスツリーを買う前にどこにクリスマスツリーを置くか考えなければなりません。いろんなサイズのツリーがあるので、どんな場所であっても置けるものがありますからあまり心配する必要はありません。

さらにどうやってお店から家に運ぶかも考えなくてはなりません。車に収まらなければ配送サービスやトラックや大きな車を借りて運びましょう。

  • 予算

人工的なクリスマスツリーは本物のツリーよりだいたい安いです。もし人工的なツリーを買おうとしているなら来年以降も再利用することを考えて少し高くても良い質で長さも十分なものを選びましょう。

クリスマスツリーを買ったあとに

  • 場所

購入する前にだいたいの場所を決めなければなりませんが一度ツリーを置いてバランスを見てみましょう。バランスがよく部屋に違和感がないようにきちんと場所を考えましょう。

クリスマスツリーの選び方

もし子供がいるなら子供の手がなるべく届かない場所に置くことをおすすめします。ほとんどの人が部屋の角にクリスマスツリーを置きます。そしてツリーが天井に届かないように高さもきちんと考えましょう。

クリスマスツリーのてっぺんは最低でも3cmは天井より低いものを選びましょう。てっぺんに星などのデコレーションアイテムを飾るためにスペースを空けましょう。

  • 周りの環境

もし本物のツリーを選んだなら火の元から必ず話して置きましょう。

本物のツリーであろうが人工的なものであろうがもしツリーをライトで装飾するならコンセントの差し込み口の近くに置かなくてはなりません。もしくはバッテリータイプのライトを選びましょう。こちらは低コストなので電気代も節約できます。

最後にもしクリスマスツリーが大きいなら枝が周りのものに当たってしまうかもしれないということを覚えておきましょう。

  • おわりに

クリスマスツリーのデコレーションは自分のテイストが大きく反映します。たとえば白い人工のツリーを伝統的なデコレーションでシンプルにまとめてみたり、子供がいれば自分たちでデコレーションアイテムを作ってツリーにかけることもできます。

今回紹介したことを参考にしてメリットデメリット両方のことを考えてお気に入りのツリーを探してみてください。