クラシックスタイルのリビングにしてみよう!

21 2月, 2019
リビングをクラシックスタイルに作り上げるのは一見簡単に見えるかもしれませんが、完璧にするためにはいくつかのポイントをおさえましょう。

リビングルームは家の中で読書、休息、テレビ鑑賞、友人との食事、そして時には仕事など様々な用途で使われます。それを全て管理する部屋でもありますし、最も重要なエリアの一つと言えるでしょう。なのでリビングは最高に快適な空間であるべきです。そして、今回紹介するクラシックスタイルは快適さと実用性を可能にするデザインなのです。

もしクラシックなスタイルが好きなら、理想のリビングルームに仕上げるためのコツを見ていきましょう。

クラシックスタイルのリビングルームへのセットアップ

クラシックスタイルのリビングを作るための典型的な準備として、まずソファ、肘掛け椅子そしてコーヒーテーブルが必要です。ソファーはテレビの前に設置し、両側に肘掛け椅子、中心にはコーヒーテーブル置きましょう。

しかし、クラシックスタイルにはモダンクラシックというものもあります。これはセットアップに別のタイプの家具や窓を使用します。家具のすべてをテレビ中心に考えるわけではなく、実用性や奥行きを際立たせる側面を持っています。

左右対称のシンメトリーはクラシックスタイルのとても特徴的なスタイルです。過去にはシンメトリーは美として考えられていたのです。家具の配置位置もそのシンメトリーの影響を受けたもので、すべてのアイテムは他のものにフィットしなければならなかったのです。

クラシック リビングルーム シンメトリー

クラシックスタイルの部屋はバランスを引き立てます。昔は物の配置の勉強というものが実際にありました。そして、バランスをよくするにはトライアングルがカギを握ります。

もしリビングルームに暖炉があるなら、それを利用してクラシックなスペースを作り出すことが出来ます。すべての家具を暖炉中心に置くことで暖かな雰囲気とデコレーションのポテンシャルを生み出します。

壁の色

クラシックスタイルに品を出す最も定番のは安らぎを伝えてくれる明るいクリーム色、灰色のトーンです。通常このような色は古い壁を生き返らせてくれ、そのスタイルの美しさを長く保ってくれるのです。

壁紙という選択もとても良いアイデアです。ものによっては19世紀のモチーフを再現してくれ、裕福さやエレガントさを際立たせます。

トップに暗くマットな質感の控えめなライトゴールドがプリントされたデザインを使うのも良いでしょう。これらは壁に奥行を加えてくれます。

ソファ

クラシックデザインにフィットするソファはエレガントで渋く、そして暖かなものである必要があります。

理想的なものの例としてはチェスターフィールドソファです。伝統的なダークブラウンのレザーとクラシックなボタンがクラシックな英国デザインをイメージさせてくれます。もしエンドテーブルが2つ、それぞれにランプを乗せたものがあれば、さらに暖かく明るい部屋になるでしょう。

クラシックリビングルーム チェスターフィールドソファ

他のクラシックスタイルの原型的なものはフレンチクラブソファです。これはより快適な座り心地を提供するために初めて曲線と人間工学が使用されたもので、現在クラシック、もしくはビンテージインテリアデザインにおいて最も人気のあるソファです。哀愁のある手作業のワックス仕上げと曲線がこのソファに特別な個性と存在感をもたらします。

丸みを帯びたL字ソファはクラシックスタイルのリビングルームへの素晴らしいオプションになるでしょう。そのサイズと存在感は部屋の目玉アイテムになりますよ。

クラシックスタイルのリビングルームの為の装飾アイテム

クラシックスタイルのアクセサリーは見た目の美しさを壊さない為エレガントでかわいらしく無ければなりません。額に入った肖像画、クラシックな彫刻、部屋の角のスペースようの柱もそうですし、大きな植物もこれらのリビングには良く合うでしょう。

磁気製品、ガラスや鉄製の装飾品も使えます。

木製のフロアは裕福さとリンクする為クラシックスタイルと良く合います。目を引く特徴的なパターンの自然色のカーテンと合わせることで雰囲気を足すことが出来ます。

家具には昔ながらのクラシックスタイルを再現してくれる物を使いましょう。通常は大理石の細部、ワックス仕上げ、そしてマホガニー、クルミもしくは桜の木で特徴を出します。

照明器具も慎重に選びましょう。より大きいものが良いです。天井ハンギングランプはクラシックスタイルのリビングルームのにぴったりです。シャンデリアの高級感を取り入れるのも良いでしょう。

クラシックスタイル リビング

布地は敷物がクラシックスタイルのリビングルームのデコレーション素材として良く使用されます。これは個性と共に暖かさを演出してくれます。

ソファ、カーテン、枕や小さい敷物に明るい色、もしくはブルゴーニュやダークグリーンなどの強い影色を兼ねそろえたビロードを使うとよりクラシック感が出ます。

クラシックスタイルは再び熱を持ちつつあります。モダンやミニマリストスタイルと融合させることも可能でしょう。大事なのは調和を乱さずにそれぞれの素材と質感の合わせ方を知ることです。