アフタヌーンティーのための完璧な空間を作ってみよう

8 5月, 2019
最近になって再びアフタヌーンティーをする家族が増えていますが、さらに気持ちの良い経験にするためにリビングに何か変化を加えたくなるかもしれません。

アフタヌーンティーは家族や友達を呼び出す簡単な方法でもあり一人の時間を楽しむための方法でもあります。

近頃、お母さんやおばあちゃんの家で見るような食器を取り出してアフタヌーンティーを楽しむことが再び人気になっています。ですが本来必要なセットを全てセッティングするスペースがないこともしばしばあります。今回はどうやって普段のリビングをイングリッシュスタイルのスペースにすればいいのか、その方法を見ていきましょう。

 

アフタヌーンティーについて

アフタヌーンティー 空間

イギリスには夕方5時にティータイムを取るという文化があります。これがいわゆるアフタヌーンティーで何世紀も前からある伝統的な文化で夕方5時に仕事を終えてから家に帰って家族との時間を大切にしようとしたことから来ています。

それ以前にも日本のようにティーに関する文化はありましたが西洋ではイギリスの習慣が強く根付きました。ヴィクリア王女が使っていたようなデザインのカップやティーポットを使います。

誕生日を祝おうがただ会いたい人に会うための口実だろうが最近では土曜日や日曜日の午後に友達を家に招待することはとても人気になっています。そしてアフタヌーンティーは昔と違って上流階級の人しかできないようなものではなく誰でも気軽にできるものなので昔から伝わる伝統的なイギリススタイルのティー文化を楽しむことができます。

本格的にアフタヌーンティーを始めるなら普通の家庭用品や食器では足りません。まずはアフタヌーンティーをできるぐらいのスペースを確保しましょう。アフタヌーンティーでは何枚かのお皿やカップ、ティーポット、カトラリーなどの陶磁器のセットが必要になるので思っている以上にスペースが必要になります。

アフタヌーンティーのための完璧な空間

アフタヌーンティーをするのに宮殿や昔のスタイルの客間まで必要ありません。都会のど真ん中にあるアパートでもティータイムを楽しめる空間へと変わります。ですがそのためには覚えていなければならないことがあるのでいくつか紹介していきます。

1.デコレーション

アフタヌーンティー 空間

小さいリビングルームでもアフタヌーンティーの時にはきちんと適したデコレーションをしましょう。もちろん一番重要なことは一緒に時間を過ごす良い友達や家族ですがセッティングがきちんとしているともっと良い結果になります。

テーブルをデコレーションするにはお花柄のテーブルクロスを使ってナプキンとマッチングさせましょう。お店で購入することも可能ですがお母さんやおばあちゃんから借りるというのも手です。テーブルの真ん中に花瓶やフルーツバスケットを飾るとかわいらしい雰囲気になりますよ。

2.ライティング

アフタヌーンティー 空間

1日の仕事を終えるようにアフタヌーンティーが夕方の5時に行われる理由が太陽が沈んでいくからです。冬でもこの時間帯なら太陽の光がまだあります。イギリスのように常に曇っていることで有名な国にとっては太陽の光を感じることはとても重要なことなのです。

なので完璧な状態を作るには窓の近くにテーブルを置きましょう。これから先もアフタヌーンティーをたくさんしていく予定であればリビングルームのレイアウトを変えてしまいましょう。窓の近くにテーブルをセッティングすれば自然光を楽しめます。

3. テーブル

アフタヌーンティーには大きなテーブルや全ての食器のためのスペースは必要ではありません。中にはソファーに座ってコーヒーテーブルにカップを置くことが好きな人もいます。

ですが家具に関してはもっと深く考えることができます。たとえばソファーの隣にサイドテーブルを置いたりワゴンを買って食べ物をサーブしたりすることもできます。もし可能であれば個別に小さなテーブルを買ってそれぞれ好きなポジションで使うということもできます。

4. 食器

アフタヌーンティー 空間

ヴィクトリアスタイルのように伝統的な食器はショーの中のスターです。ロココ調のお花やピンクトーンは想像以上にエレガンスでとても美しいです。

ですがこれらのカップやトレーにはそれぞれ役割があることを忘れてはなりません。全てが終わったあとに食器を洗うのが面倒だからといってどのアイテムも食器棚にしまったままにせずきちんとそれぞれの食器の役割を理解して全ての食器を使ってあげましょう。

最後にアフタヌーンティーのための完璧なリビングルームにするにはまずはガラス戸の食器棚を買いましょう。そうすることでせっかく揃えた美しい食器たちをゲストにも見せられます。部屋をデコレーションするだけでなく食器をしまうのに最適なのできちんと準備をしてアフタヌーンティーを楽しみましょう。

Villamediana González, L. (2013). La anglomanía en la prensa periódica española durante la segunda mitad del siglo XVIII. Hacia 1812 Desde El Siglo Ilustrado: Actas Del V Congreso Internacional de La Sociedad Española de Estudios Del Siglo XVIII.