庭にレモンを植えて育てるための5つのステップ

14 2月, 2020
自宅の庭にレモンの木を植えて育てたいと考えたことはありませんか? 今回は、心に留めておくべき5つの手順とアドバイスをご紹介します。

レモンは、飲み物、調味料、ケーキ、ゼリーなど、様々な活用方法がある世界中で最も人気の果物の一つです。

レモンの木が自宅にあれば、手軽に料理やデザート作りに活用することができますが、レモンの木を植える前に考慮すべきいくつかの点があります。

レモンの木を植えて世話をし、その成長を観察しながらレモンを活用するのはとても素晴らしいことですし、レモンの鮮やかな黄色と明るい緑の葉は、自宅の庭に美しい色を加える効果もあります。

ここからは、レモンの木を植えて育てる5つのヒントをご紹介します。

レモンの木を植える

ここでは、レモンを種から育てて、最終的には果実を収穫するまでの5つのステップを簡単にご紹介します。

庭にレモンを植えて育てるための5つのステップ 太陽の下のレモン

1. レモンの種を蒔く

庭にレモンの木を植える方法はいくつかあります。

手順を簡略化してスピードアップしたい場合は、若いレモンの木を購入する方法がお勧めです。

自分で種を蒔く場合は、今使っているレモンの種をいくつかとっておきましょう。

種を水で徹底的に洗い、種に果肉が残っていないことを確認してください。

その後は、湿った布に入れて数日間放置します。

2. 植木鉢で種子を発芽させる

植木鉢でレモンの種を発芽させて十分に大きくなったら、庭に移して植えてください。

レモンは寒い時期にはよく育たないので、冬に植える場合は、植木鉢の中に入れるか、パティオなどの囲いのある場所で育てるのが良いでしょう。

レモンは温暖な気候が大好きですが、排水の良さも重要です。

レモンを育てるためには、植木鉢に適量の土を入れてください。

寒い冬の気温はレモンの成長に悪影響を与えるため、プラスチックで覆って、寒さや霜から保護してください。

庭にレモンを植えて育てるための5つのステップ 種を蒔く

3. 庭の土を準備し、植物を移します

種子が発芽して十分に大きくなったら、庭に移しましょう。

庭に移す前には、土壌を十分に準備する必要があります。

まずレモンを植えるのに最適な場所を選びましょう。

複数のレモンの木を植える場合や、庭に他の植物がある場合は、他の植物と混同しないように植える場所を必ず分けてください。

レモンの木が強く健康に育つように、十分な肥料を使いましょう。

ただし、レモンに有害になるような化学肥料は避けてください。

肥沃な土壌に加えて、優れた排水システムが必要です。

必要に応じて、より簡単に排水できるようにしましょう。土の準備が完了したら、レモンを庭に移します。

4. 十分な水を与える

レモンには大量の水が必要で、特に夏には多くの水が必要です。

冬の間は週に1回程度、定期的に水やりをしてください。

庭にレモンを植えて育てるための5つのステップ 十分な水

5. レモンを収穫する

数年後、レモンの木が完全に成長したら、花を咲かせて実をつけます。

辛抱強く一貫性を持って、水やりや施肥などのお世話を行なってください。

レモンが十分に大きく明るい黄色になったら、収穫する準備が整いました。

また、必要に応じて枝を剪定しましょう

自分の庭で育ったレモンを使って、一年中おいしい料理やデザート、そして飲み物を楽しむことができますね!