家の裏庭に自分だけのBBQエリアを作ってみよう!

23 3月, 2019
あなたも裏庭にBBQエリアを作ってみましょう!

家は内側と外側の両方の空間から作られていますが、内側の部屋だけに焦点を当てがちです。では外側はどうでしょうか?裏庭にBBQエリアを作り、外で美味しい食事を楽しみましょう。

裏庭は友達との付き合い、家族の集まり、またはお祝いのためのご馳走を料理するのにぴったり場所です。実際、皆があなたの家に集まる良い口実になりますよ。

素敵なBBQエリアは簡単に設置することができ、裏庭という空間を変えることができます。あなたの空間により大胆さを与えるだけではなく、装飾効果もありますよ。特に夏には、BBQエリアがもう1つの役に立つ場所となるでしょう。

裏庭のBBQエリアのために必要なもの

BBQエリア

BBQをしている間、手の届くところに基本なものが必要です。BBQグリルの準備ができ次第、外側の装飾に映りましょう。

まず初めに、BBQエリアに最良なエリアを選びましょう。煙や臭いの問題を避けるために、植物や家からは離れたところを選ぶことがおすすめです。2種類グリルから選ぶことができますよ。

  • 1つ目は、レンガや石で作られた固定された構造で、残り火からの事故を防ぐように設計されています。このグリルは動かすことができません。
  • もう1つは、4本足の上に立つテーブルのような金属製のグリルです。移動可能なので、いつでも場所を変えることができます。

裏庭のBBQエリアを持つことは、あなたの家に多くの可能性を与えてくれるでしょう。

固定されたレンガのグリル

BBQエリア

レンガとセメントでグリルを作ってみてはいかがでしょうか?初めに、残り火を安全に保持することができる高床式の構造を作りましょう。

  • グリルは裏庭の脇または隅に作るようにしましょう。裏庭のセンターピースとなるように真ん中に設置するのは避けたほうがいいですよ。グリルはあくまでもアドオンであるということを覚えておいてください。
  • 煙突のように機能するチューブを設置してもいいでしょう。煙を均等に逃がすのに役立ちます。
  • 2つの調理構造となるように、グリルの横にレンガ製のオーブンを作ることもできます。
  • さらに、鍋、フライパン、ボール、トレイなどをしまうことができる収納スペースを付け加えてもいいでしょう。
  • 本来の目的通り、BBQエリアは美味しいBBQを楽しむためだけの場所にすることがおすすめです。
  • 屋根をつけることもできます。金属製がおすすめですが、木製でも問題ありません。

金属製のグリル

金属製のグリルは、もう1つの広く使われているグリルです。ひとつの場所に固定されていないので、実用的で使いやすいのが特徴です。必要に応じて、動かしたり、片づけたりすることができます。

  • グリルを支える4本足があり、低めの収納スペースがついているタイプもあります。
  • グリルによっては煙突のように機能する蓋がついています。それと同時に、残り火を熱いままに保つ際にも役立ちます。蓋のおかげで、煙も遠くに逃がしてくれますよ。
  • グリルによっては車輪がついているので、カートのように動かすことができます。
  • さまざまなモデルと種類から選ぶことができます。基本的な蓋付き4本足のグリルも見つけることもでき、深鍋のような見た目をしています。

BBQエリアのデコレーション方法

BBQエリア

自由にBBQエリアをデコレーションしてみましょう!しかし、BBQエリアの本来の目的を忘れないようにしてくださいね。

デコレーションとして、特に煙突とフードは金属製の特別なデザインのものを使いましょう。それに加えて、釉薬を塗られたセラミックのような色や模様を使うと素敵になりますよ。

または、グリルの外側を塗装することもできますが、煙が見た目を悪くする可能性があります。

よく計画すれば、あなたのBBQエリアは裏庭に美しく、大胆な変化をもたらしてくれるでしょう。