ガーデンのデコレーションについて知っておくべきこと

28 2月, 2019
植物はどこででも生きられる訳ではありません。日光を浴びすぎる場所はある植物にとっては致命的になります。同じように、日光が全くない場所は植物が成長出来ないのでこちらも致命的になります。

もしこれからガーデンのデコレーションを始めようとしている方はぜひこの記事を読んでみてください。完璧なガーデンスペースが欲しいならきちんとライティングや日光、日陰や植物を置く場所まで考えなくてはなりません。

一番効果のある照明

照明はガーデンデコレーションの中でも基本的で重要なパートです。十分な光をガーデンに与えてやると24時間365日いつでも綺麗な見た目を保てます。ガーデンランプとライトはホームセンターなどでたくさん売っているので自分の好きなものを選びましょう。中には岩やに見えるようなライトもありますよ。

また、ライトを設置することでガーデンの中に道を造ることもできます。バーティカルガーデンでライトを真ん中に置くか、パーゴラを照らす強いライトを置いてみてください。

どのアイディアを選ぶとしても、必ず省エネタイプのものを使ってください。そうすれば電気料金の心配もなく設置する価値を見出せます。省エネということはもちろん地球にも優しいですし、せっかくガーデンに興味があるなら環境にも気を使えると最高ですよね。

ガーデン デコレーション

植物の置き方

植物はどこででも生きられる訳ではありません。日光を浴びすぎる場所はある植物にとっては致命的になります。同じように、日光が全くない場所は植物が成長出来ないのでこちらも致命的になります。

それぞれの植物にあった場所を選ぶようにしましょう。

・日陰を好む植物

アジサイ、ベゴニア、ツツジ、フランキンセンス、カメリア、サルタナ

・日向を好む植物

ゼラニウム、アロマ系のハーブ、ブーゲンビリア

ガーデン デコレーション

日陰の作り方

植物だけでなく自分たちも太陽から守るためには日陰が必要です。理想的なガーデンは日向も日陰も両方兼ね備えたガーデンです。また、日向がある場所はハンモックでリラックスする場所に最適です。反対に、日陰はテーブルや食事をする場所や子供の遊び場に向いています。

日陰をつくる方法はたくさんあるのでこれから紹介していきたいと思います。

・植物

長い枝がついている大きな木はもちろん大きな影をつくります。ものによってはガーデンにある食事スペースをすべて影で覆えるほどです。そして、大きな木は緑をたくさん持ってきてくれるので自然の中にいる気分にしてくれます。

・天蓋や日よけ

一番簡単な方法は天蓋や日よけを使うことです。一番壁に近い場所に設置してみてください。高さは自分の好みで調節します。天蓋や日よけはいろんなサイズがあり、どれも経済的なので自分のガーデンに合うアイテムをしっかり見極めましょう。

パーゴラ

パーゴラは大きいガーデンに向いており、特別でくつろげる雰囲気を生み出してくれます。パーゴラに必要な素材はすべて自分で見つけられますし、自分で建てると新しい部屋のような空間をつくりだすこともできます。

もし植物が大好きなら、木製のパーゴラをおすすめします。木製のパーゴラだとアイビーをパーゴラの下の四つ角に置き、パーゴラに沿って這わせることができます。アイビーはパーゴラの天井部分に向かって成長していくので時間が経てば自然と日陰の場所をつくれます。

ガーデン デコレーション

安全なプールまわりのガーデン

日本ではプールがあるおうちは少ないと思いますが、プールがある家のガーデンについても紹介したいと思います。

プールがある場合、まず一番大事なのは安全さです。子供がいるご家庭は特に気をつけなければなりません。プールはとても危険な場所になってしまうことも必ず覚えておきましょう。特にプールに水が入っていない時に滑ってしまった場合、何もクッションがない状態なのでとても危険ですし、それが大怪我に繋がることもあります。

こういったリスクを考えるとプールの周りにハンモックやイスを置くことはあまりおすすめできませんが、少しでも事故を減らすために必ず50cm以上は離して置いてください。子供がいるご家庭はフェンスを設置することを考えることをおすすめします。1メートルのフェンスがあるだけで最悪の事故は十分防げます。景観を考えて木材のフェンスを加えてみてはどうでしょうか。先程も紹介したように、木材のフェンスだとアイビーを使えるのでぜひ試してみてください。

ガーデン デコレーション