水槽のまわりを小石で装飾しよう

10 2月, 2019
今回は小石を使って上手く使って水槽のまわりを装飾するためのアイディアを紹介します!

思い切ってちょっと変わったことに手を出してみませんか?ご自宅の水槽の周りを小石を使って装飾してみましょう。

すでにご存知の方も多いように、クリスタルガラスの器や水槽といった入れ物は家のインテリアに特別な風味を加えるにぴったりの装飾アイテムです。水槽を使う時には、魚を飼うというメインの目的だけでなく、装飾アイテムとしての役割があることも忘れないようにしてくださいね。

水槽の第一の目的が魚を飼うことだからといって、見た目を綺麗にしてはいけない理由にはなりませんよね。本来の機能と装飾アイテムとしての機能、両方をうまく組み合わせる方法を知っていればより楽しくなります。そんなに難しいことではないですが、水槽は常に清潔に保つようにしてくださいね。

水槽を飾ったり魚を飼う準備を整えたりする時、大抵の人が大きさがまちまちの小石を使いますよね。しかし、普通その小石は水槽の中に入れられます。なので、水槽の周りに小石を置くというのは独創的なアイディアですし、ユニークな水槽が出来上がること間違いなしです。

今回の記事では、水槽を装飾する時のインスピレーションとなるようなアイディアをいくつかご紹介します。

水槽のまわりを小石で装飾しよう

水槽のまわりを小石で装飾しましょう

水槽を家のどこに置こうか考える時にまず頭に浮かんでくるのが、あのよくあるガラス製の丸い器がテーブルに置かれている風景ではないでしょうか。しかし、家の外に置いても見栄えの美しい水槽もありますよ。

家の外に水槽を飾れば、そのまわりを小石で装飾するという作業もより簡単になります。小石が床に落ちてこないかという心配をしなくて済むからです。

水槽を小石で装飾する時、まずしなければならないのがご自宅の装飾スタイルとの何らかの類似点を見つけることです。水槽の周囲は小石で取り囲むと、装飾スタイルに境界線を設けることができますよ。

小石の色やサイズは統一させてもいいですし、バラバラでも構いません。辛抱強く作業に取り組める方なら、幾何学模様や絵柄まで小石で作れるでしょう。でも、に置くということは、すなわち雨風によって小石が動いたりデザインが台無しになってしまう可能性もあるということを覚えておいてください。

また別の方法として、メインの水槽の隣にもっと小さな水槽や小さなお皿を置くというものです。それらの中に小石を入れて装飾します。様々な色の小石を入れてカラフルにしてもいいですし、それぞれの皿に一色ずつ入れていくのも良いでしょう。

室内の水槽

家の中に水槽を飾りたいなら、どこに置くべきか注意深く考える必要があります。小石を使った装飾をしたいなら、水槽のまわりの小石が落ちるなどして誰かを怪我させるようなことが絶対にないようにしてください。

例えば、小さめなテーブルや衣類用の棚などに置くのがいいでしょう。一番厄介なのが小石が床に落ち続けてしまうのをどう防ぐかという問題です。

そのためには、狭いフチ付きのサイドテーブルを選ぶのがいいでしょう。水槽をテーブルの中央に置き、小石をテーブルのフチに沿って配置するのです。小石が下に落ちてしまわないように、テーブルのフチに固定するようにしてください。

小石を色によって整理したいなら、仕切りを置いてそれぞれの色が混ざってしまわないようにすると良いでしょう。丸やうず巻きなど、幾何学模様を小石で作ってみるのもいいですし、「Love」や「Welcome」などの言葉を形作るのも楽しいですよね。水槽が室内にあれば、小石が動いてしまう恐れもありません。

DIYがお好きな方は小石をご自身でペイントするのもオススメです。例えば、文字や数字をそれぞれの石に書き入れ、それらを並べて単語やフレーズにするのもいいでしょう。テントウムシなど、動物や虫に似せた絵柄を描きいれるのも楽しそうです。

水槽 小石

最後にもう一つ。室内の水槽にご紹介したアイディアを庭に置く水槽として使っても問題はありません。小さな容器をいくつか選び、中に小石を入れたらそれらをメインの水槽のまわりに置いてください。もっと大きめな石や岩、植物、貝殻、もっと小さな電飾などと組み合わせて装飾すると良いでしょう。

独創的な水槽

このようなアイディアを参考にして、水槽を小石で装飾してご自宅のインテリアにユニークな個性を与えてみましょう。退屈なやり方ではなく、斬新な方を選びましょう!ちょっとした計画とアイディアで、快適な空間を作ることができるのです。