カントリー調の玄関にするための3つのヒント

31 1月, 2019
今回はゲストがくつろげるような、カントリー調の玄関にするためのヒントをご紹介します。

今日は、あなたの家のインテリアに是非取り入れて欲しいカントリー調の玄関にするためのヒントをご紹介します。以前から書いているように、玄関やメインホールは、ゲストが家に来て、最初に目にする場所なので、ここの印象が住人の第一印象を決めることになります。

良い印象を与えるためにインテリアには気を遣いたいものです。以前の記事では、玄関に置く家具やベーシックなアクセサリーについては紹介しました。ベンチ、パネル、鏡、コート掛けなどです。

遊びに来た人が圧倒されないように、さりげなく飾るのがコツです。

カントリースタイルは、シャビーシックスタイルと類似しているので、このスタイルからカントリーアイデアを取り入れるのもいいでしょう。

では、玄関をカントリー調にするための3つのヒントを見てみましょう。それぞれ様々な家具と小物を使っているので、自分に合うものを見つけてください。また家具選びをする際は、自分の家の玄関をしっかり頭に入れてから選びましょう。

木のぬくもり

あらゆる材質の中で一番使用されるのが木材です。石や金属もステキですが、私たちが最初におススメしたいのは、木製のベンチです。選ぶ際は、できるだけ頑丈な物を選んでください。もし傷があっても、カントリースタイルでは自然に見えるので、気にしなくても大丈夫です。

 

壁に寄せて置いたベンチの上や下には、ブーツ、鍵、バッグなどの物を置くことができます。ベンチの上、もしくは両側の床にはランタンを1,2台飾るのもオシャレです。カントリー風にするにはチェックの毛布もお忘れなく。

田舎風の玄関 カントリー 玄関

籐などの天然素材で作られた敷物を床に敷いても良いですね。一見地味に見えますが、人目を引くオシャレな玄関になることでしょう。

壁の高い所にはフックをつけましょう。ただの短い木の板を使い、そこにフックを取り付けて飾るのが素朴なカントリー調のスタイルに合っています。

実用的な廊下

ベンチの代わりに、帰宅してすぐに物を置くための羽目板の台を飾ってもいいでしょう。板はきれいに加工されている必要はありません。リサイクルの板を使って自分で作るのも良い考えです。

板の上には木製のフレームか、木製、ガラス製、金属製の容器に入った鏡を飾るといいでしょう。ヴィンテージのガラス瓶や容器もよく合います。リサイクルショップやインターネットで簡単に探せますし、植木鉢や花瓶、葉っぱや枯れた花びらを使っても上手くフィットします。

小ぶりの金属の容器を使いたいなら、古いブリキの缶がおすすめです。大きめのブリキ缶なら傘立てとしても使えます。

箱を使ったアイデア

最後のアイデアは果物の輸送用に使われるような木製の箱を並べるワザです。箱は横に並べても、縦に積み上げてもいいですが、腰の高さより高くならないようにしましょう。

色々な箱を置いておけば、帰宅してすぐに鍵やバッグを置く場所になりますし、中に物をしまうこともできます。箱のサイズは合わせる必要はありません。下の方の箱には靴も保管しておけますし、箱にあまり物を詰めない場合や小さな箱を使う場合は、崩れ落ちないように、壁に固定してもいいでしょう。

箱の両側には、枯れ葉を入れた容器や植木鉢、花瓶を飾るとオシャレです(古いブリキ缶を再利用するのもアリです)。

同じ壁の高い場所には、コートや鏡を掛けられる木製のバーを取り付けましょう。できれば単色で木製の物が理想です。リサイクル品を扱うホームセンターやフリーマーケットで見つけられるでしょう。

カントリー 玄関

代わりに、大きな木製か籐でできたチェストを置いたり、小さめのものをいくつかサイズに応じて積み上げて飾るのもステキです。

家具や小物と同様に、床や壁にも気を使いましょう。木かでできていれば、あなたの玄関は一層カントリー調になりますよ。