仕切りを使って新しいスペースを作ってみませんか?

21 4月, 2019
壁や仕切りを作って新しいスペースを検討中であれば、本記事を読んで参考にしてみてください!

部屋を仕切る、またはスペースを囲い込めるようにすると家のスペースを最大限に活用できるようになり、それによって天候を気にせず年間を通じて部屋で楽しむことができるようになります。今回の記事では、仕切りや囲いを使ってスペースを作る方法について解説します。

仕切りや囲いは家族特有のニーズや家の間取りに合わせて取り付けることができます。用途でその種類を選ぶことになるので、一般的にスペースを新しく作ろうとすることは、部屋でさらにスペースを何とかしてひねり出すこととは違います。

では、家のスペースを仕切り、または囲ってニーズを満たすさまざまな方法を見ていきましょう。きっとあなたの家にぴったりな方法を見つけることができるはずです!

スペースを広げるテラスに面したガラスカーテンウォール

ガラスカーテンウォールは仕切りとして近年人気に火が着きました。これは、視界をブロックすることなく中庭やバルコニーを完全に独立させます。ガラスカーテンを構成するパネルが蛇腹状につながり、それだけで目に美しくひと続きに中庭やバルコニーをつなげることができます。

窓の外に緑が広がる寝室

また、ガラスカーテンウォールは、簡単に取り付けられて騒音や寒さを遮断してくれます。ガラスパネルを固定する上下のフレームを取り付けるだけで済むので大掛かりな設備は必要ありません。

ガラスカーテンウォールは強化ガラスで作られています。つまり衝撃に強く安全性と耐久性が保証された素材なのです。

ガラスカーテンウォールは以下2つの種類にわけることができます。

  • はめるガラスカーテンウォール。閉め切ったグラスウォールの仕切りです。バルコニーや玄関を仕切るのに適しています。
  • 折りたたみ式のガラスカーテンウォール。このタイプはスライドドアや仕切りとして使われます。外への開放感を維持しながらポーチを仕切るのに適しています。また、寒い時期はポーチを仕切り、暑い時期は開けることができます。

ポーチを楽しむためのスライドドア

スライドドアは仕切りとして昔からある選択肢のひとつで、リビングが裏庭に面している構造の家にぴったりです。スライドドアはスペースを取らないので、スペースを存分に活用できます。

このタイプは開閉が簡単で、非常に丈夫な素材で作られています。さまざまな仕上げが施されているので、室内の色味に合わせた選択ができます。

リビング直結のウッドデッキとガラスカーテンウォール 仕切り 新しいスペースを作る

スライドドアは、透明なガラスであなたの視線を裏庭にまっすぐ誘って広々とした雰囲気を演出し、降り注ぐ日光を部屋に取り込んでくれます。

このタイプのドアの一番不便な点は、軽く閉めただけでは隙間が空いてしまうことです。しっかり閉めないとそのうち隙間が空いてしまい寒さや埃が入ってきてしまいます。普通のドアとは違い、ぴったりとは閉まりにくいのです。

そのためスライドドアにする場合は、高い遮断性能のある複層ガラスがおすすめです。スライドドアにする場合は、ゴミや汚れが積もらないように溝部分を頻繁に掃除し、しっかり閉まることを確認しなければなりません。

仕切りで裏庭と隔てる

スペースを新しく作るための最後に紹介するアイデアは、裏庭に面した仕切りです。仕切りはリビングと裏庭を区切りまたつなげます。

ウッドデッキの上にテーブルとソファ 仕切り 新しいスペースを作る

このアイデアは、気候の良いシーズンにぴったりです。ソファやアームチェアに座って同じ場所でリビングと裏庭を一度に眺められ、ホームパーティーにもおすすめですし、リビングや裏庭と別の場所にいながらもみんなで一緒に楽しむことができますよ。

二つのエリアをつなげたい場合、角の仕切りを外せば、ガラスパネルが互いに重なりスペースを取りません。

しかしその一番の欠点は、住んでいる地域の気候によって最大限に活用できないかもしれないという点です。また開けたままにすることが多ければ、ゴミやチリが外から吹き込みやすいためリビングの掃除回数を増やす必要があります。

スペースを仕切り、囲う方法がわかればスペースが作りやすくなりますよ!