おしゃれにデスク周りを飾ろう

26 3月, 2020
在宅で働いている場合、または自分だけのちょっとしたスペースが必要な場合、どちらにしてもデスク周りを素敵に変身させてみましょう。

在宅で働いている方、子どもの宿題用のスペースを求めている方、請求書を整理したり日記を書いたりネットサーフィンしたり、または工芸をするためのスペースを求めている方、あなた好みの素敵なワークスペースを作りませんか?

デスクを置く場所

デスクを置くのに最適な場所は、ニーズによって異なります。在宅で働いている場合には、部屋全体をオフィススペースとして使用するのがお勧めです。ホームオフィスの場合には、生活スペースと仕事のスペースを分け、適切な家具や小物でニーズに合わせて装飾しましょう。

しかし、必ずしもホームオフィスを作ることができるとは限りません。スペースが足りない場合には、空いた隅に小さなオフィスを作ってみましょう。

どちらの状況にしても、デスク周りを実用的で自分だけのスタイルに変身させることができます。早速、いくつかの例をご紹介します。

デスク周りを飾ろう

1.北欧スタイル

デスク周り

このワークエリアはとても実用的かつ機能的です。シンプルな線を使い、北欧スタイルに仕上げています。デスクには頻繁に使用するものを収納できる引き出しがありますが、より多くの収納スペースが必要な場合には、デスクワゴンを加えることもできます。

掲示板を作れば、仕事内容を忘れることもなくなるでしょう。上の写真では、金属製の格子を使い、小さな植物で飾っています。

2.子どものスペース

デスク周り

子どもがいる場合には、子どものものを広げるのに十分なスペースを確保することが重要です。さらに、片づけやすく、気を散らさずに宿題ができるような環境を整えるといいでしょう。

また、ペンキで塗った木箱を棚として使用することもできます。壁をチョークペイントで塗れば、勉強にも遊びにも役立つでしょう。

3.ミニマル&ラスティックスタイル

デスク周り

上の写真のような風化した木の板は、素朴さを演出してくれます。もちろん、趣味だけでなく、仕事のスペースとしても活用できます。エイジング加工については、こちらの記事をご参照ください。

十分なスペースがない場合、またはできるだけ小さなスペースを使いたい場合におすすめなアイデアです。オリジナルな小物を置いて、個性を出しましょう。

4.はしごを使ったデスク

デスク周り

このデスクでは、創造性と2本のはしごを最大限に生かすことによって、たくさんの収納スペースを作っています。はしごには棚として活用できるスペースが多くあるので、必要なものすべてを収納する必要があり、オリジナルなデスク周りを求めているのでしたら、このアイデアはあなたにぴったりでしょう。より多くのスペースが必要な場合には、デスクを長くすることもできます。

5.リサイクル品を使ったデスク

リサイクル品で作るデスク

オリジナル性でいえば、このデスクを欠かすことはできません。リサイクルは今日の最も人気あるトレンドの1つです。このアイデアでは、創造力を自由に働かせることができます。木箱を垂直に積み上げたり、水平に並べたり、または混ぜ合わせてもいいでしょう。

さらに、チョークペイントで塗装してもいいですし、塗装せずに木の特性を活かしてもいいでしょう。収納スペースが必要な場合には、壁に木箱を吊るしてみてはいかがでしょうか?

6.空いたスペースを活用したデスク

空いたスペース

家に飾り気のないコーナースペースがあり、何とかしたいと考えていますか?その場合には、デスクを置くことを考えてみてください。作業をするのに大きなスペースが必要ない場合に適しています。

7.レトロなデスク

デスク周り

クラシックスタイルが好きな場合は、この選択肢はいかがでしょうか?丸み帯びた線が温かみある雰囲気を作り出してくれます。さらに、これらの家具はとても装飾的なので、リビングに置いても素敵に見えます。

8.オールインワン

デスク周り

小さなエリアでも、機能的なワークエリアを作ることができます。この木製デスクは壁に取り付けられており、デスクの上下にたくさんの収納スペースを備えています。必要なものすべてをデスク周りに置くことができるので、生産性を高めてくれるでしょう。

ここでご紹介したアイデア以外にも、まだまだ素敵で実用的なアイデアがたくさんあるでしょう。創造性を発揮して自分だけの素敵なお仕事スペースを作りましょう。