飲み物に合わせてオシャレに:グラスの正しい選び方

14 8月, 2019
本当に飲み物を楽しむには、適切なグラスで提供される必要があります。そのため、それぞれの飲み物に適切なグラスの種類を知っているといいでしょう。

ワイングラスから飲むワインと普通のコップから飲むワインは異なると専門家は言います。心理的なものでしょうか?飲み物に合わせた適切なグラスを選びましょう。

飲み物を提供するときには、飲み物の種類に応じて適切なグラスを使用することが重要であるとホテルの専門家は認識しています。グラスによって味が変わることがあるのでしょうか?その答えは、はいです。

どんな飲み物も提供できるように、さまざな種類のグラスが家にあるといいでしょう。豪華な夕食からブランチ、おやつまで、飲み物について考える必要があります。

飲み物に合った適切なグラス

グラス 選び方

間違ったグラスから特定の飲み物を飲むと、なぜ違和感があるのでしょうか?多くの場合、グラスの持ち方、炭酸の抜け方、または香りの楽しみ方が原因です。

この考えは抽象的に感じるかもしれませんが、飲み物を提供するときにはグラスの種類を考え、適切なグラスを選ぶことが重要です。しかし、グラスの種類を間違えやすいのも事実です。

美学的な観点から間違ったグラスに注がれた飲み物は同じ味にならず、初めから飲み物に対して嫌悪感を抱いてしまいます。

提供する飲み物の美に気を配ることで、フォーマルであることを示すことができるのです。

グラスの種類

グラス 選び方

次に、それぞれの飲み物に最適なグラスの種類の例をご紹介していきます。グラスによってはさまざまな飲み物に適応しているものもありますが、一般的には飲み物に合った特別なグラスがあります。それぞれの飲み物に合った最適なグラスを見てみましょう。

ワイン:飲み口がすぼまった幅広なボウルは、チャリス(杯)とも呼ばれています。これは、ワインの状態を保つのに最善な形なのです。簡単に香りを楽しむことができ、グラスに注がれたワインを確認することができます。グラスのベース(底部分)にあるステム(持ち手)は、液体の温度が変わらないようにしてくれます。

ビール:陶器またはグラスのジョッキに持つための取っ手がついています。余計な炭酸を排出する必要があるので、瓶または缶から直接飲むのは間違えです。グラスを持った時に手でビールを温めてしまうことを防ぐために取っ手がついています。

ソフトドリンク:できれば、幅広なグラスを使用することで、氷と飲み物をたっぷりいれることができ、余計な炭酸を取り除いてくれます。

シャンパン:グラスの形はワイングラスと似ていますが、シャンパングラスはとても細いです。一般的にシャンパンの飲む量は少ないので、少量のシャンパンを提供するためです。また、グラスにはステムとベースもあります。

アルコール飲料:ウイスキー、マティーニ、およびほとんどのリキュールは、小さく、幅広なグラスに氷とともに提供されます。一般的に飲む量が少量なので、グラスが小さめに作られています。

重要な食事や夕食のときに、飲み物が間違ったグラスで提供された場合はすぐに見分けることができます。バーやレストランでグラスが間違っていた場合、品質の指標となることもあるでしょう。

食事中のグラスの礼儀作法

グラス 選び方

一般的に、テーブルの上に物を置くための正式な規定があります。または、テーブルセッティングとも呼ばれています。グラス、プレート、カトラリーは、テーブルセッティングに沿って置かれるべきです。

水のグラス:ほとんどの食事の機会で水は飲まれます。そのため、水専用のグラスを用意することは不可欠です。

白ワインと赤ワインのグラス:重要な食事の場では、2種類のワインを試飲する可能性があります。そのため、白と赤の両方のグラスが必要なのです。

シャンパングラス:食事の最後には乾杯があります。そのため、シャンパングラスを用意することが重要なのです。ただし、食事が始まる前にテーブルに置かれている必要はありません。最後にジャンパングラスを提供することもできます。

ショットグラス:このグラスは食事の最初から出すべきではありません。しかし、最後に欲しい人にだけ提供するといいでしょう。

このテーブルセッティングは、豪華な夕食時に覚えておくことが重要です。それぞれの飲み物に適したグラスの準備を忘れないようにしましょう。細部まで気を配り、フォーマルさを忘れていないことをゲストに伝えることができます。

Barquero, J. Daniel; Fernández, Fernando: Los secretos del protocolo, las relaciones públicas y la publicidad, Lex Nova, 2007.